*

七五三の衣装はレンタルか購入か?和装洋装について年齢別に考えてみる

公開日: : ★季節の行事, 七五三 ,


七五三は洋装か和装か?

小さな子供たちにとっての、大きな節目である七五三。

かわいい衣装を着せたい、おしゃれな服を着せたい、いろいろな要望が浮かんでくると思います。着物も着せたい、スーツも着せたい、そして、どちらにするとしても、衣装はレンタルにするか、購入にするか、というところも悩みますよね。

今回は、そんな悩みを抱えた方に、和装か洋装か、レンタルか購入か、年齢別に考えてみようと思います。

スポンサードリンク

七五三の衣装は和装か洋装か?

せっかくの七五三。記念の写真も撮るのだから、なかなか着るチャンスの少ない着物を着せたい!・・でもかわいいドレスも捨てがたい。かわいい子供たちの晴れ姿、ステキに着飾ってあげたいですよね。

和装にするか、洋装にするか、悩んでしまうところですが、割合としてはほぼ半々くらいのようです。

年齢や、子供たちがどのくらい着付けに耐えられるか、などの状況にもよりますので、本当、その子その子の状況をみて考えていくのが1番ですね。

七五三の衣装 着物は購入かレンタルか?

着物については、色・柄・素材など、さまざまな要素が入ってきます。ですが、ここで忘れてはいけないのは、女の子の場合、七五三で三歳の子が着る着物と、七歳の子が着る着物は異なるということです。

(参考記事➡七五三女の子の着物、三歳と七歳のものは違う?

ですので、お子さんが女の子で、代々使っている着物がある場合には、三歳の子用に「被布(ひふ)」だけ買ってあげたりするのはいいですね。

(※ 「被布(ひふ)」とは、小さな女の子の着物の上に重ねて着る、袖なしのベストのような上着のこと)


兄弟姉妹がいる場合、上の子が着た何年か後に、下の子も着れるように・・と考えることもあると思いますが、上の子と下の子の好みが違うと、せっかく持っていても「違う色がいいー!」とか「それはヤダ」「あれを着てみたい」など、イヤイヤ攻撃を受ける可能性もありますし、

大きめのものを購入しておくと、実際に着付けるときには裾上げや、袖を縫ったりする仕立てにも、結局別の出費が必要になってしまうこともあります。

さらに上の子のお祝いをしてから、下の子が七五三を迎えるまでの、その間の数年間のお手入れなども必要になります。きちんとお手入れしておかないと、下の子のときにはシワクチャになってしまっていることもあります。

七五三だけでなく、お正月や、桃の節句、端午の節句などの節目にも着せてあげる予定でしたら、毎回レンタルするよりも安く済むかと思いますが、七五三のためだけを考えるのなら、着物はレンタルで十分でしょう。

着物はレンタルで十分
スポンサードリンク

七五三の衣装 洋服は購入かレンタルか?

着物の場合は、レンタルの方が都合がよさそうですが、洋服の場合は、購入してしまうのがいいと思います。

七五三に着て行くようなスーツの場合、その後も入園式や入学式、色によっては法事や葬儀のときにも着られます。改まった場面の多くを、そのスーツでしのげるのです。

確実に七五三以外の場面でも使えることが多いことがわかりますので、洋服の場合はレンタルするよりも購入してしまう方がよさそうです。

洋服は購入してしまいましょう

七五三の衣装は年齢に応じて、和装と洋装の両方を楽しもう

七五三は、一度きりではなく、何度もある行事です。

男の子なら、三歳と五歳。女の子なら、三歳と七歳。そして、そのどちらも和装にするか洋装にするか考えられますね。

ですので、たとえば以下のように、男の子だったら


<男の子>
  • 3歳:洋装(スーツを購入)

  • 5歳:和装(袴をレンタル)

女の子だったら


<女の子>
  • 3歳:洋装(ドレスを購入)

  • 7歳:和装(着物をレンタル)

というように、年齢に応じて、和装も洋装も、そして購入もレンタルも、両方楽しんでしまうというのもいいのではないでしょうか。

小さなうちは、動きやすい洋装で、そして、ちょっと大きくなったら和装でピシッと!落ち着いて、着物を楽しめる年齢になった頃に、着物を楽しむのです。どちらも楽しめるのはステキですよね。

まとめ

七五三の衣装は、「これは正解」というものはありません。大切なのは、大事な子供の成長を一緒に喜んであげられるかどうか。ただそれだけだと思います。

ぜひ、子供の要望を上手に聴いてあげて、家族みんなで思い出に残るような七五三にしてくださいね。

Author Profile

あんちゃん
季節ごとのイベントを中心に記事にしています。

他にも子育てや、育児と仕事との両立に関してなどを執筆していきたいと考えています。

よろしくお願いします(^^)/

関連記事

七五三は神社?

七五三のお参りは神社で行う?お寺に行く?違いは?

七五三の季節がやってきました。 もうどこでお参りをするのか決まりましたか?

記事を読む

滝上公園の芝桜の見頃と楽しみ方を紹介する画像

北海道滝上町【滝上公園の芝桜】2017年の見ごろと開花状況

北海道滝上町にある【滝上公園】は日本最大級の面積を誇る芝桜公園です。その大きさ、なんと!甲子

記事を読む

東海まつり200

愛知県東海市【東海まつり花火大会】2015 穴場スポットとアクセス

夏も本番!花火の季節がやってきましたね。 愛知県東海市で行われる【東海まつり花火大

記事を読む

東京bbq200

東京都内で【手ぶらバーベキュー!】を楽しめる穴場スポット【厳選5選】その1

太陽がまぶしい季節!!皆さん、行楽シーズンを楽しんでますか~? ゴールデンウィーク

記事を読む

弘前公園200

青森県【弘前公園】桜の開花予想と桜まつり・アクセスと駐車場情報★

青森県の【弘前公園】といえば、「日本さくら名所100選」に選ばれている、東北地方でも有数の桜

記事を読む

仁崎海水浴場200

愛知県田原市【仁崎海水浴場】キャンプ場でバーベキューも!

白い砂浜に青い海!海水浴を楽しんだあとは、みんなでバーベキューとキャンプ!まさに、夏を満喫す

記事を読む

ママとプールで遊ぶ子供の画像

3歳児と行ける!大阪のおすすめプール3選

夏のレジャーといえばプール!子供も大人もつい、大はしゃぎしてしまいますよね。 そこ

記事を読む

紅葉

新宿御苑で紅葉デートを堪能!周辺レストランと都庁の展望台についても

新宿御苑といえば、紅葉の名所。春には桜の名所としても有名ですね。 58万平方メート

記事を読む

敬老の日200

【敬老の日】由来と歴史の豆知識、何歳から対象になるのか?

毎年、当たり前のように訪れる「敬老の日」。でも、多くの人にとって、この日は祝日なので「会社が

記事を読む

【らっきょうの漬け方】酢の効能で血圧やダイエットにも☆

らっきょうといえば、5月~7月頃が旬。もっとも出荷量が多くなるのは6月で、産地としては鳥取県

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク

スポンサードリンク

336✕280から300×600に変更中

勉強
進研ゼミ小学講座「チャレンジ5年生」無料の資料請求をしてみての感想

子どもの教育・・・。言葉ではよく聞きますが、実際のところ、どん

【らっきょうの漬け方】酢の効能で血圧やダイエットにも☆

らっきょうといえば、5月~7月頃が旬。もっとも出荷量が多くなる

久津間海岸200
福岡県福岡市【雁ノ巣海岸】無料穴場スポットで潮干狩り!あさり、マテ貝

春~夏といえば、潮干狩りのシーズンです!4月になり、桜の花が散

唇の乾燥や痛みに!はちみつ効果でプルプルになる無添加コスメ☆【リップビジュー】

唇は、顔の中でも、結構印象に残りやすい場所。でも、意外と乾燥し

木更津・三重200
千葉県船橋市【ふなばし三番瀬海浜公園】で潮干狩り!バーベキューや渡り鳥も

潮干狩りに最適な季節がやってきましたね! 千葉県といえば

→もっと見る

PAGE TOP ↑