*

七五三の初穂料の相場はいくら?表書きの書き方と渡すタイミングについても。

公開日: : ★季節の行事, 七五三 ,


七五三のイラスト

七五三という言葉は知っていても、いざ自分の子供が七五三を迎えるときには、なにをどうしていいかさっぱりわからないということ、ありますよね。

神社へお参りにいったとき、初穂料として、一体いくらくらいを包んでいったらいいのでしょうか?

そして、そのお金を一体どんな風に包んで、誰にどんなタイミングで渡したらいいのでしょうか?

今回は、そんな悩みを抱えた方に読んでいただきたいと思います。

スポンサードリンク

七五三の初穂料の相場はいくら?

七五三でお宮参りにいくと、七五三を迎える子供たちに対して神主さんがご祈祷をしてくださいますね。

このご祈祷に対して、一体いくらの金額をお支払いしたらよいのでしょうか?基準がわからないと、本当にどうしていいかさっぱりわかりませんよね。

先に結論を言いますと、1人あたり、下記の金額になります。

3,000円~10,000円

最近では、大きな神社だとあらかじめ金額が複数用意された上で明記されているケースが多いようです。たとえば、「お気持ちでお願いします。3千円、6千円、1万円、2万円」などというように、選択できる状態で書いてくれてるところもあるようです。

そして、ご祈祷後にお土産(お下がり)などがある場合、このときの金額に応じて、頂けるものの数や種類が異なるようですね。お札が紙札になったり、木札になったり、お守りの種類が違うものになったり・・という感じです。

七五三のお土産

神社によってはホームページに金額を明記してくれているところもありますので、もしも行く予定の神社が決まっているのであれば、ホームページを確認してみましょう。そこに金額が載っていなければ、神社に直接電話で確認しておくと、当日慌てることなく安心してお参りに行けますよ。

金額設定のない場合、およそ5千円前後が一般的な相場のようです。

スポンサードリンク

七五三の初穂料の表書きの書き方について

入れる金額が決まったら、今度はそれを入れる封筒が必要になりますね。そして封筒の表には、中身がわかるように表書きをします。

神社でお参りをする場合には、「初穂料(はつほりょう)」「御初穂料」と書くのが一般的です。神社によっては、「玉串料(たまぐしりょう)」と言うところもあります。そして下の部分には、実際に祈祷をしてもらう子供の名前を記載します。

初穂料

「初穂料」とは、もともとは神社にお供えする「その年の最初にとれた稲や野菜などの農作物のこと」をいいます。

時代が変わって、初穂の代わりに献じられる金銭のことを指すようになりました。そして次第に、神社で祝詞(のりと)をあげてもらい、お祓いをお願いした謝礼として納める金銭のことを初穂料と言うようになったんですよ。

ですが、非常に残念なことに、最近では神社によっては、「封筒から出して中身だけ支払ってください」とか「お札だけ渡してください」というところもあるようです。特に、祈祷用の受付や、専用の窓口があるような場合には、封筒不要でお金だけ支払えばいいというケースが多いです。

せっかく封筒に書いても、封筒そのものが不要になる場合がありますので、これも必要か否か、事前に確認しておきたいところですが、直接問い合わせるのもなんだか申し訳ないので、近所の友人知人にリサーチするのが一番確実かと思います。

七五三の初穂料いつ渡したらいいの?

さて、事前に用意した初穂料ですが、一体どのタイミングで支払うものなのでしょうか?

今では、七五三のご祈祷の申込みをする際に、社務所や受付でそのまま支払いをするケースが増えています。申込書に記入し、提出するときにそのままお支払いをするのです。

たまにそういった場所がない神社の場合には、神主さんにご祈祷をしていただいた後に、封筒に入れた状態で「ご祈祷いただきありがとうございました」とお礼を伝えながらお支払するのが一般的ですね。

ほとんどの場合は、他にも七五三のお参りに来ている人がいるはずなので、他の方の様子を見ながら、合わせて動いていけば間違いないでしょう。

まとめ

お参りに行く神社が決まっているときには、ホームページなどで金額や支払うタイミングなどを事前に確認しておきます。

確認してもわからない場合には、友人知人にリサーチをします。

それでもわからない場合は、5千円をのし袋に入れていきましょう。それとは別に、お財布にも余裕をもっておくと、安心してお参りすることができるでしょう。


関連記事

母の日プレゼントに人気のスイーツギフト厳選5選

母と言えば、女性! 女性といえば、スイーツ! これ、世の常ですね♪ 【母の

記事を読む

養老渓谷の紅葉は日帰りでも楽しめるの?見どころは?

養老渓谷の紅葉に関するページです。 日帰りでも行けるものなのか、そしてどんな見どころが

記事を読む

浜名湖花フェスタの基本情報と割引券を紹介するイメージ画像

静岡県【浜松フラワーパーク】の「浜名湖花フェスタ」と割引券の入手法

静岡県浜松市にある【浜松フラワーパーク】は、1970年に開園した、全国的にも有名な広大な花の

記事を読む

紅葉

昭和記念公園の紅葉の見頃時期!ライトアップは?混雑状況と見どころ

昭和記念公園といえば、日本を代表する国営公園。 昭和天皇の御在位50年を記念する事

記事を読む

香良洲海岸200

三重県津市【香良洲海岸】無料の穴場スポットで潮干狩り!あさり、マテ貝、バカ貝

三重県津市【香良洲海岸】といえば、伊勢の海「県立自然公園」の南端に広がる、美しい海岸です。

記事を読む

こどもの日の柏餅の由来や手作りセットを紹介する画像

【子どもの日の柏餅】由来と手作りセット「生と冷凍保存」

5月5日のこどもの日。 いろんなサイトで、【子どもの日】の由来などが 検索できま

記事を読む

半夏生

【半夏生(はんげしょう)】とは?その意味と歴史・由来について

半夏生(はんげしょう)って、一体なんでしょうか?半分の夏?この言葉を初めて見たときそんな風に

記事を読む

七五三と喪中

七五三が喪中と重なったらお参りはどうする?四十九日を過ぎたら大丈夫?

子供たちの健やかな成長、嬉しいですね。 11月に、初めての七五三を迎える予定のお子

記事を読む

父の日はいつ?その由来と歴史。母の日との関係は?

母の日の印象は強いのに、どうしても陰に隠れてしまいがちな「父の日」   毎年6月の第

記事を読む

夜桜200

桜の名所「五条川」岩倉桜まつり2017年【愛知県岩倉市】夜桜ライトアップ

(愛知県岩倉市:五条川の夜桜) 昼間の美しい桜ももちろん素晴らしいですが、夜、周りが暗くな

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク

スポンサードリンク

336✕280から300×600に変更中

チサンイン諏訪インター
【チサンイン諏訪インター】で快適な宿泊!長野県諏訪湖周辺でのお泊りにはおススメ☆

みなさんは、突然の出張や、プチ旅行などする機会はありますか?

ビール
お盆で帰省するときに持って行きたいお土産は?ビールのギフトセットやフルーツなど

夏ですね!あっという間にお盆が近付いてきました。 お盆になる

サプリ
ダイエットで中性脂肪を落とし、生活習慣を変えたい人に!【マルチポリフェノール】の効果について

自分の健康管理や、生活習慣の改善は、きっと人生全体にかかるテー

大人ニキビで荒れたお肌も復活!【リプロスキン】で顔のデコボコにさようなら

大人になると、お肌の悩みは増えていきます。乾燥肌、オイリー肌、

勉強
ベネッセ「進研ゼミ高校講座」無料の資料請求をしてみた「15歳の子のママ」感想

正直、子どもの教育については、いつまでたっても悩みは尽きません

→もっと見る

PAGE TOP ↑