*

ドキドキの断乳!いつからやめさせるの?上手なやめ方と失敗した時の対応について

公開日: : 育児 , , ,


授乳中の赤ちゃんのイラスト

自然に卒乳できれば一番いいけれど、どうしても強制的に断乳しないといけない場合もありますよね。

例えば仕事復帰。育休は1年間取れますが、保育園の入園に合わせて、早めに育休を切り上げるママもいると思います。そんな時どうすればスムーズに断乳できるのでしょうか?

今回は上手な断乳についてお話していきたいと思います。

スポンサードリンク

断乳はいつからさせるの?

離乳食を1日3食きちんと食べて、お乳やミルク以外でも栄養が取れるようになっていることが前提です。

マグから上手に水分を飲むことができるようになっていることも大切。
ママの方はお乳の量が減ってきていれば、そろそろ卒乳・断乳時期のサインです。

上手な授乳のやめ方は?

無理矢理やめさせると親子で辛く大変な思いをするので、なるべくスムーズに終わらせたいところ。多くのママが実践しているやり方をご紹介します。

授乳時間と授乳回数を徐々に減らす

今まで10分飲んでいたなら、2分ずつ減らしてみましょう。あわせて飲む回数も減らしてみてください。

飲む量が減るので、自然とお乳が作られる量も減っていき、乳腺炎も防ぐことができます。

おっぱいに絵を描く

おっぱいに絵を描く作戦は私もやっていました。言葉がわかる月齢であればオススメです。

おっぱいにアンパンマンの顔を描いて「あれ、おっぱいがアンパンマンになちゃった!!」と見せると、不思議なことに吸わなくなりました。ただし夜中は寝ぼけているので効果がありませんでした。(絆創膏に続く)

おっぱいに絆創膏を貼る

夜中の授乳もしているのなら、これはまず日中に見せておくのが効果的です。

「おっぱい怪我してイタイイタイしたの。おっぱい無くなっちゃった」と。お風呂でも同じように伝え「おっぱいバイバイだね。バイバーイ」とサヨナラさせてみましょう。

夜中、乳首の感触がないので愚図りますが、数日の我慢です。3日くらいはな貼り忘れて乳首を見られてしまうと、振り出しに戻りますので、気をつけてください。

スポンサードリンク

断乳に失敗したらどうすればいいの?

うちは1歳半で成功しましたが、何度も失敗するということは、まだお子さんの気持ちの整理がついていないのかもしれません。

完全に断ち切るのではなく、まずは日中の授乳回数を減らして、心の安定剤程度に吸わせるのもいいと思います。

まとめ

うちの子は1歳から断乳を試みましたが、結果1歳半過ぎてやっと落ち着きました。すぐ吸わなくなったのではなく、徐々に吸わなくなっていった感じです。

また、私のママ友は自然に卒乳させる考えです。上の子は3歳まで、下の子は2歳の今もたまに吸っています。人それぞれ、子供達にあったやり方でいいのではないでしょうか。

最後に、断乳のやり方が簡単に紹介されている動画を見つけたので載せておきます。かなり参考になりますよ。


卒乳すると寂しくなるので、今のうちに授乳生活を満喫しましょう。

Author Profile

みやちゃん
ただいま育児中ののママです(^^)/

子育ての経験をもとに、育児中心の記事を執筆していきます。
海外旅行に関する豆知識なども時々投稿するので、面白かった記事にはコメントいただけると嬉しいです。

応援よろしくお願いします(^^)

関連記事

赤ちゃんがお風呂から出てタオルに包まれている画像

大分で赤ちゃんと貸切風呂。おすすめのホテルや旅館は?

今年は連休が多く、家族で出かける機会も多いかと思います。 連休となれば、少し足を伸

記事を読む

チャイルドシートで赤ちゃんが寝ている画像

【チャイルドシートと日よけ】日焼けや汗、目が心配!「対策をする理由は?」

チャイルドシートと日よけに関するページです。 これからの暑い季節、子供にとっては太

記事を読む

幸せそうに母乳をあげるママのイラスト

母乳をやめるタイミグは?授乳中に噛みつかれたら卒乳のチャンス!?

母乳をやめるタイミングに関するページです。 母乳は赤ちゃんに必要な栄養や、免疫力を

記事を読む

お手伝いのイラスト

お手伝い上手な子に育てるには?褒め讃えてやる気アップ!

子育ては本当に大変。どれだけ時間があっても足らないと思いますよね。 「猫の手も借り

記事を読む

女の子が買い物を楽しむ画像

子供とストレスフリーで買い物をする方法。「嫌がって大変!」

小さい子供を連れての買い物は、とにかく大変。店内を走り回ったり、商品を触ったりして、目が離せ

記事を読む

女性の画像

産後は痩せる大チャンス!1ヶ月たったら始めてみよう「楽痩せ!」

出産時に開いた骨盤は、ゆっくりと時間をかけて元の状態に戻っていきます。元に戻るのにはおよそ1

記事を読む

赤ちゃんの便秘を解消するためには?生後別の特徴「対策紹介」

便秘は大人がなるものだと思っていませんか?実際、乳幼児でも便秘になってしまいます。

記事を読む

赤ちゃんとママの画像

初産の際に買うべきもの、買わないでいいものは?「ベビー用品」

出産において揃えるべきものは、本当に沢山ありますよね。ベビー雑誌を見ていても、どれを買おうか

記事を読む

赤ちゃんが抱っこひもで寝ている画像

赤ちゃんの夏の暑さ対策。抱っこひもとベビーカの冷まし方と、ペットボトルの活用方法

赤ちゃんは大人より体温が高めで、汗かきです。そのためすぐにあせもができてしまいます。

記事を読む

赤ちゃんとママが手をつなぐ画像

【子育ての昔と今】発熱時の厚着は間違い?ベビーパウダーは使うべき?抱き癖等の考え方。

医学がどんどん進歩していくなか、子育ての仕方も見直されています。 そこで問題になる

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク

スポンサードリンク

336✕280から300×600に変更中

チサンイン諏訪インター
【チサンイン諏訪インター】で快適な宿泊!長野県諏訪湖周辺でのお泊りにはおススメ☆

みなさんは、突然の出張や、プチ旅行などする機会はありますか?

ビール
お盆で帰省するときに持って行きたいお土産は?ビールのギフトセットやフルーツなど

夏ですね!あっという間にお盆が近付いてきました。 お盆になる

サプリ
ダイエットで中性脂肪を落とし、生活習慣を変えたい人に!【マルチポリフェノール】の効果について

自分の健康管理や、生活習慣の改善は、きっと人生全体にかかるテー

大人ニキビで荒れたお肌も復活!【リプロスキン】で顔のデコボコにさようなら

大人になると、お肌の悩みは増えていきます。乾燥肌、オイリー肌、

勉強
ベネッセ「進研ゼミ高校講座」無料の資料請求をしてみた「15歳の子のママ」感想

正直、子どもの教育については、いつまでたっても悩みは尽きません

→もっと見る

PAGE TOP ↑