コラーゲンは何歳から減っていくの?年齢に打ち勝つ簡単美肌エクササイズ!


女性

若い頃は気にならなかったのに、最近メイクする時に肌の衰えに気づいてしまう・・・。

なんとか隠したいけれど、どう頑張っても消えないものは消えませんよね。それは年々コラーゲンが減って、ハリが失われていることが原因です。

「でも高い化粧品やエステには行けない・・・!」では毎日のお手入れで頑張れる方法を探してみましょう。

スポンサードリンク

コラーゲンは何歳から減っていくの?

20歳を過ぎると、コラーゲンを生成する新陳代謝が遅くなります。

コラーゲンは壊れて生成することを繰り返すので、コラーゲンはどんどん壊れていくのに対し、生成が遅くなるため肌の老化が始まります。

コラーゲンは50歳ではなんと、20歳の頃の約半分にまで減少しています。「毎日5g以上のコラーゲンを摂る」と、生成をサポートしてくれます。

食品だけではまず無理な量なので、サプリを活用して摂取することがオススメです。またコラーゲンは単体では効果がないので、ビタミンCと一緒に摂取しましょう。



年齢は口周りのたるみやシワで決まる

人は口元のたるみやシワで年齢を判断しているそうです。

下の女性は30代くらいに見えますが、鼻から下を隠すともっと若く見えませんか?よく見ると目元にも小ジワがあるのに、なぜか気になりません。

女性と犬

たるみは見た目年齢に大きく関係しているのです。たるみを解消するには、「顔の筋肉を鍛える」ことも必要です。そこで、普段できる簡単なエクササイズをご紹介いたします。

たるみ防止に効果的な顔の筋肉の鍛え方は?

お家で出来る簡単エクササイズで、日頃から顔の筋肉を鍛えておきましょう。

顎のたるみを防ぐ鍛え方

上を向いて舌を思いっきり出し、鼻につけるつもりで伸ばします。あご下の筋肉が鍛えられスッキリします。

頬のたるみを防ぐ鍛え方

大きくゆっくり「アイウエオ」と動かします。普段使わない表情筋も鍛えることができます。

目元のたるみを防ぐ鍛え方

目を細めて(目尻をキュッと上げる感じで)5秒キープ。これを3セット。目元がぱっちりして若々しい印象に。

スポンサードリンク

まとめ

25歳を過ぎると「お肌の曲がり角」と言われるように、様々な肌トラブルが出始めます。

毛穴の開き、シミ、シワ、たるみ・・・。「前と違うな」と感じ始めたらお手入れを見直す時期です。

保湿はもちろん、コラーゲン入りの化粧品やサプリメント、エクササイズを取り入れて年齢肌に負けない肌作りをしましょう。

また首元や手の甲、足の甲も年齢を感じやすい所。スキンケアの際は、余った化粧水等を塗るように習慣づけると良いと思います。

最後に、顔のたるみを改善するための動画を載せておくので、挑戦してみてください。




習慣づけることでたるみを改善しましょう。


 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

レシピの検索。1位がクックパッドで困る!?検索ワードの秘技に迫る!

お墓は夫婦別々にしたい奥さんのイラスト

夫と同じ墓に入りたくない!夫婦別にしたい!永代供養とは?

料理を美味しくするお酒。日本酒・料理酒の上手な使い分け方。

アベマTVの女性の画像

アベマTVをスマホで見る方法は?登録は必要なの?見れない機種は?

ベトナム料理ブンチャーの画像

ベトナム料理ブンチャーが食べれるお店は?「関東編」

たけのこあく抜き200

【あく抜きには重曹!】たけのこ、わらび、山菜類すべてにOK♪