ウインナーとソーセージの違いは?昔と今では呼び方の定義が違う!


ウインナーとソーセージの画像

見た目は同じなのに、呼び名が違う・・・。

「ウインナーとソーセージの見わけがつかない!」

そんな人は多いと思います。

そこで違いは何なのかを調べてみました。

スポンサードリンク

ウインナーとソーセージの違いは?

「ソーセージ」とは、豚や牛、鶏などの肉を挽いて腸詰にしたもの。

これらの中にはウインナー、フランクフルト、ボロニアソーセージがあります。
ということは、「ウインナーはソーセージの一種」ということになります。

ソーセージというのは、腸詰すべてをひっくるめたことを言うんですね!
ではウインナーもろもろ、どのような違いがあって呼び名が変わるのでしょうか?

昔と今では呼び方の定義が違う!

以前は何の腸に詰めるかによって呼び名が変わっていましたが、現在では人工皮の使用により、太さによって呼び名が変わるようです。

【ウインナー】

  • 旧:羊の腸に詰めたもの

  • 現:20ミリ未満

【フランクフルト】

  • 旧:豚の腸に詰めたもの

  • 現:20〜36ミリ未満

【ボロニアソーセージ】

  • 旧:牛の腸に詰めたもの

  • 現:36ミリ以上

ちなみに中身は、ほぼ同じだそうです!

スポンサードリンク

スーパーのウインナーには何が入っているの?

では巷のスーパーに売られているウインナーには、何の挽肉が入っているのでしょう?気になる商品名の由来とともに見ていきましょう。

【アルトバイエルン】

豚肉の粗挽きを使用。
ドイツ南部にある州の名前。

【シャウエッセン】

豚肉を使用し、選別された羊の腸に詰めている。
ドイツ語のシャウとエッセンを掛け合わせた造語。シャウは「観る」、エッセンは「食卓」という意味。

【森の薫り】

豚肉の粗挽きを使用し、スモークしている。羊の腸詰。

【ポークビッツ】

豚肉を使用。小さいので火の通りが早い。

【熟成】

豚肉の粗挽きを使用し、72時間熟成している。

こうしてみると、一般的なウインナーは豚肉が使われており、天然の腸詰もあり、人工皮もあるようです。それぞれこだわりがあるんですね。

次回からぜひ、ウインナー選びの参考にしてみてください。

ちなみにチョリソは、刻んだひき肉を使ったものを言うそうで、辛いウインナーのことではないようです。これはメキシコから日本に伝わったので、必然と辛いイメージがついたのだとのこと。

本場のチョリソは辛くないものが一般的とのことです。意外ですね!今の日本のウインナーも粗挽きが増えていますから、チョリソと言ってもいいのかもしれません。

ではついでに・・・サラミカルパスはどう違う?

これらはドライソーセージに当てはまります。水分量の違いで分類されています。水分量が35%以下の物をサラミ、55%以下の物をカルパスと言います。

まとめ

ソーセージとウインナーの謎は解けたでしょうか?

日本特有のソーセージに「魚肉ソーセージ」があります。これはスケトウダラのすり身に豚の脂肪を混ぜて作られています。

昔懐かしい「赤ソーセージ」は、昭和中期の頃、良質の肉が手に入らなかったことから、見た目の色の悪さを隠すために着色されたのが始まりです。現在ではお弁当用に人気があるため、わざわざ着色して売られているそうですよ。


 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【美容に必要な成分】食べ物で補えるコラーゲンやビタミンC「おやつも有り」

お墓は夫婦別々にしたい奥さんのイラスト

夫と同じ墓に入りたくない!夫婦別にしたい!永代供養とは?

悩む

職場の人間関係。心がラクになる対処法5選。

マッサージ

ココナッツオイルでダイエット!肌にも髪にも料理にも!万能過ぎ!(後篇)

【らっきょうの漬け方】酢の効能で血圧やダイエットにも☆

土用の丑の日は今年はいつなのかを紹介する画像

2017年の【土用の丑】の日はいつ?うなぎを食べる意味と理由