*

【子育ての昔と今】発熱時の厚着は間違い?ベビーパウダーは使うべき?抱き癖等の考え方。

公開日: : 育児 ,


赤ちゃんとママが手をつなぐ画像

医学がどんどん進歩していくなか、子育ての仕方も見直されています。

そこで問題になるのが、親子での子育ての考え方にギャップがあること。昔は推奨されていたことも、今では危険視されていることもあります。

現代はどういう子育て方法が推奨されているのか、見ていきましょう。

スポンサードリンク

昔と今ではココが違う!間違ったお世話


発熱時は厚着をして汗をかく

昔は熱が出ると、とにかく「厚着をして汗をかきなさい」というのが一般的でした。しかしこれは脱水症状を起こす危険な行為であり、現在は「服を脱がせて体温を下げなさい」と指導されます。

特に乳幼児は自分で水分補給ができないため、とても危険であるとされています。

なぜこういう指導になったかというと、「汗をかいて熱が下がるのではなく、熱が下がった時に汗が出る」ということが判ったからです。

また、おでこを冷やすのは特に解熱の効果はないので、動脈が通っている脇の下や太ももの付け根を冷やすと、大変効果があります。

オムツかぶれにはベビーパウダー

蒸れて赤くなったお尻などに、ベビーパウダーをはたくよう言われていましたが、現在は毛穴を詰まらせる原因になるため、そのような指導はされなくなりました。

なるべく通気性の良いオムツを使用し、お尻をよく乾かしてからオムツを履かせるようにしましょう。

昔と今ではこう違う、子育ての考え方

今のママたちが親世代と口論になるのが、子育ての考え方について。どれだけ「今はこういうやり方だから」と言っても通じないこともあると思います。

なぜこうしないといけないのか、きちんと理由を説明して理解してもらいましょう。

抱き癖について

昔は赤ちゃんが泣いても、すぐ抱きに行くとしょっちゅう愚図るようになるので、しばらくは放っておいたそうです。どうして抱っこして安心させてあげるのが、いけないことなのか?愚図って困るから、というのは大人の都合ですよね。

赤ちゃんは何かしら欲求を満たして欲しくて泣いています。抱っこは親との信頼関係を育むために大切なスキンシップだと、今は考えられています。気にせずしっかり抱っこしてあげてくださいね。

断乳、オムツはずれについて

昔は1歳までにおっぱいを辞めさせ、オムツもはずれるようにしないといけなかったようですが、今は子供の状況を見て自然に卒業させる考え方です。無理に辞めさせようとすると、親も神経質になってしまいます。

大人になってもしている人はいませんから、必ず自然と卒業する日がきます。あせらずに子供のペースで進めていきましょう。

果汁について

昔は母子手帳に3〜4か月の時期に果汁を与えるよう指導されていたようですが、今は果汁の過剰摂取による授乳量の低下により、栄養が取れず発育障害が出るとされています。

また糖分も多いので、特別飲ませる必要はないそうです。

ご飯のあげ方について

昔は大人が咀嚼してから子供に与えるのが普通でした。今は大人の唾液から虫歯菌がうつることがわかり、咀嚼はもちろん、大人の使った箸やスプーンであげることはNGとされています。

将来痛い思いをさせないためにも、少し面倒ですが気を付けてあげましょう。

親世代とうまくやっていくために

どうしても理解してくれない時は、小児科の先生に相談してみるのが一番です。昔の育児がどう言う理由で見直されたのかをきちんと説明してくれますから、それを伝えると大体は納得してくれると思います。

もしくは「ひよこクラブ」のような育児雑誌を一緒に見てもらうのもいいと思います。私の義母は、たまたま置いていたひよこクラブを読んで「へぇ〜今はこうなってるんだねー。全然違う」と驚いていました。

まとめ

みんな自分たちがやってきた子育て方法しかわかりませんから、今の時代にあった情報をアップデートしていかなければなりません。

私たちも孫ができる時代には、また違った育児方法で驚くのかもしれませんね。

最後に動画を載せておきます。

おばあちゃんと一緒に見たくなるような内容でおすすめです。


Author Profile

みやちゃん
ただいま育児中ののママです(^^)/

子育ての経験をもとに、育児中心の記事を執筆していきます。
海外旅行に関する豆知識なども時々投稿するので、面白かった記事にはコメントいただけると嬉しいです。

応援よろしくお願いします(^^)

関連記事

幸せそうに母乳をあげるママのイラスト

母乳をやめるタイミグは?授乳中に噛みつかれたら卒乳のチャンス!?

母乳をやめるタイミングに関するページです。 母乳は赤ちゃんに必要な栄養や、免疫力を

記事を読む

哺乳瓶と赤ちゃん

哺乳瓶の消毒はなぜするの?しないリスクとおすすめの消毒方法!

赤ちゃんが生まれると揃える物リストに必ず入っている哺乳瓶消毒セット。正直「洗剤で洗っているの

記事を読む

赤ちゃんとママの画像

初産の際に買うべきもの、買わないでいいものは?「ベビー用品」

出産において揃えるべきものは、本当に沢山ありますよね。ベビー雑誌を見ていても、どれを買おうか

記事を読む

赤ちゃん

【赤ちゃんの肌荒れ】顔や体に発疹ができた時の種類と治し方「乳児湿疹と言われて」

生まれたての赤ちゃんは、顔や体に赤くポツポツした発疹ができます。 病院に行けば大抵

記事を読む

赤ちゃんのほっぺ

赤ちゃんの保湿ケアはするべき?

生まれたての赤ちゃんはお肌がプルプル?かと思いきや、実は生まれてすぐの赤ちゃんはカサカサで皮

記事を読む

赤ちゃんと帽子のイラスト

【嫌がる帽子】赤ちゃんにかぶせる5つの方法とダメなやり方「夏対策」

赤ちゃんが帽子を嫌がった時に、試してみたい5の方法を紹介します。 簡単にできること

記事を読む

【お箸の持ち方】上手に使えるまでのポイントは「ペンとエジソン箸!」

お箸の持ち方がおかしな人を見ると、不思議とゲンナリしてしまいませんか? どんなに容

記事を読む

お手伝いのイラスト

お手伝い上手な子に育てるには?褒め讃えてやる気アップ!

子育ては本当に大変。どれだけ時間があっても足らないと思いますよね。 「猫の手も借り

記事を読む

子供が飽きてしまったおもちゃの画像

子供が同じおもちゃで長く遊ぶためのポイントは?「1さい~2さい頃」

1さい~2さい頃の子供が同じおもちゃで長く遊ぶためのポイントについて紹介していきます。

記事を読む

女性の画像

産後は痩せる大チャンス!1ヶ月たったら始めてみよう「楽痩せ!」

出産時に開いた骨盤は、ゆっくりと時間をかけて元の状態に戻っていきます。元に戻るのにはおよそ1

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク

スポンサードリンク

336✕280から300×600に変更中

ビール
お盆で帰省するときに持って行きたいお土産は?ビールのギフトセットやフルーツなど

夏ですね!あっという間にお盆が近付いてきました。 お盆になる

サプリ
ダイエットで中性脂肪を落とし、生活習慣を変えたい人に!【マルチポリフェノール】の効果について

自分の健康管理や、生活習慣の改善は、きっと人生全体にかかるテー

大人ニキビで荒れたお肌も復活!【リプロスキン】で顔のデコボコにさようなら

大人になると、お肌の悩みは増えていきます。乾燥肌、オイリー肌、

勉強
ベネッセ「進研ゼミ高校講座」無料の資料請求をしてみた「15歳の子のママ」感想

正直、子どもの教育については、いつまでたっても悩みは尽きません

こどもちゃれんじ
ベネッセ「こどもちゃれんじ」無料の資料請求をしてみた「5歳のママ」の感想

小さな子どものいる家庭の親なら誰もが一度は悩む道。 「ど

→もっと見る

PAGE TOP ↑