ジューンブライドの意味と由来「なぜ6月なの?」


ジューンブライドがなぜ6月なのかという画像

あじさいが鮮やかに目に飛び込んでくる6月。

「幸せな結婚ができるよ」と言われる
「ジューンブライド」ですが

意外にも、その本当の意味は
知られていないようですね。

今日は、そんな風に、一般的には通説になっている

「ジューンブライド」の意味・由来と、
なぜその時期の結婚がいいと言われるようになったのか?

という点についてお話ししていきます!

スポンサードリンク

ジューンブライドの由来について

kekkon1

世の中の女の子にとって、一生に一度の最高の夢。
それが、結婚。

一生に一度のことだから、
最高に幸せな結婚にしたいと思うのは、当然のこと。

いつしか「6月の花嫁」は幸せになれると言われているけれど
それってどうして?他の季節じゃ幸せになれないの?

「ジューンブライド」が生まれるのには、いくつかの説がありました。

由来1 女神ユノー(JUNO) さま 説

最も有力視されている説は
ローマ神話の「女神ユノー」に由来するという説。

6月は英語で【June】ですね。
この【June】は、女神ユノーからきています。

ギリシア神話に出てくる、神様ゼウス

ゼウスは全能の神として、全ての神様と、
すべての人間たちの父としてあがめられていました。

kami

その、全能の神、ゼウスの正妻が、ヘラ。

ヘラは、ギリシア神話の中で
「最高位の女神」として描かれています。

ヘラ自身がゼウスと結婚をし、子どもを授かったことから
結婚や出産、女性・家庭・子どもを守る女神として
「家庭の守護神」「結婚生活の守護神」としてあがめられていました。

megami

ところが、この全能の神、ゼウスはなんと!
大変な浮気性だったのであります!!!

そんな浮気性の旦那をもってしまったヘラは
「旦那の浮気も阻止」するために、うまく旦那の監視をし
よりよい家庭を築くべく、邁進したそうです。

そんなところもあり、多くの人たちから
「結婚生活の守護神」と言われるようになったようです。

この逸話が、いつしかローマへと伝わっていきます。

ヘラが守護する月といわれる6月の1日には
ヘラをまつる祭礼が行われていたことから


「6月に結婚すると、この結婚生活の守護神
 ユノーに見守られ、幸せな結婚生活を送れるようになる」

と言われるようになったそうです。

kekkon2

由来2 ヨーロッパでは6月の気候がよかった 説

日本では、6月というと「梅雨」で雨が多く
じめじめした季節の印象が強いと思いますが

ヨーロッパでは、それとは反対に1年のうちで
もっとも雨が少なく、天候のよい日が続く、最高の季節なのです!

だからこそ、「結婚式を挙げやすい」というのもあるのですが
なんと、これだけではなく、さらなる理由もあるそう。

ヨーロッパの結婚式は3~5月は繁忙期だった??

5月を守護するのは、豊作の女神マイア。

ヨーロッパでは、かつては3~5月の間は農作業が忙しく
1年の中でもっとも忙しい時期だったのだそう。

なので、当然、その前に結婚を決めていたカップルは
繁忙期があけるのを、今か今かと待っていますよね。

そして、繁忙期の5月が無事に終わり、時間ができたところで
「やっと待望の結婚ができる!」となり、

時期としても気候としても最高の
6月に結婚式を挙げるのがいい!という風に言われるようになった
という説もあります。

kekkon3

由来3 日本の結婚式場の事情 説

この理由は、知らなきゃよかった説です。笑

毎年、6月になると
テレビや雑誌、特に女性誌などでは
「ジューンブライド特集」などが組まれると思いますが

よくよく考えると、この時期は「梅雨」なのです。

ajisai

もしも、あなたが結婚式を挙げるのに
「雨」の確率が高かったら、恐らく避けますよね。
参列者さんに申し訳ないですもんね。

だからこそ、かつては当然、
6月に結婚式を挙げるカップルは非常に少なかったそうですよ。

そんな業界を変えたのが、この見事な営業戦略!

1967年頃にホテルオークラの副社長が、
海外の結婚式事情を調べたとのこと。

そして当然、ヨーロッパのJUNO説などに辿り着くわけですね。

そのお話しを上手に日本用にアレンジして、
元々売上の少なかった6月に「ジューンブライド」
提案したのが始まりという説があるようです。

「6月に結婚したら、幸せになれるよ~」

「6月に結婚したら、幸せになれるよ~」

「6月に結婚したら、幸せになれるよ~」

何度も言われたら、ついついその気になっちゃいますね♪

そして、今、見事に日本で定着している、というわけです。

スポンサードリンク

結婚式といえばジューンブライド まとめ

ジューンブライドには色々な説がありましたね。
真実はどうであれ
「結婚式」はあくまでも通過点

本当に大切なのは、「結婚式後の2人の生活」です。

JUNO様のご加護がなくとも、あなたが愛する人と
幸せな毎日を積み重ねていけるよう、心から祈っています(*^_^*)

この記事を読んだ人は、コチラの記事も読んでいます。


 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

国営昭和記念公園の桜01

【東京の桜の穴場】電車でも車でも行けるお花見スポット「国営昭和記念公園」

みどり公園200

愛知県大府市【みどり公園】子供の天国!水遊びにバーベキューで夏満喫

トリックオアトリート200

ハロウィンの定番お菓子!もらい方とあげ方がある!?

恵比寿海岸200

三重県鳥羽市【千鳥ヶ浜海水浴場】海水浴と地引網体験

喪中

七五三が身内の喪中と重なった時のお参りはどうする?祖父母は?四十九日の対応は?

ナミノコ貝の写真

【鹿児島のナミノコ貝掘り】お勧めの場所や時期は?「潮干狩り」