*

七夕レシピに、かわいいそうめん!?【七夕そうめん】の由来

公開日: : ★おトクな情報, ★季節の行事, 七夕


そうめん600

7月7日といえば、七夕

「ひな祭りには、ひなあられ」「子どもの日には、ちまきや柏餅」と同じように、七夕には七夕の行事食があるのをご存知ですか?

意外に知られていませんが、七夕にはそうめんを食べるとよい」と言われています。

今日は、七夕にそうめんを食べる由来と、そこからアレンジした七夕レシピをいくつか紹介したいと思います。

スポンサードリンク

七夕にそうめんを食べる由来

細かい理由などなくても、夏の暑いこの時期に、冷たいそうめんは嬉しいですね。

そうめんのルーツ「索餅(さくべい)」

そうめんの元になったものは、中国より伝わった「索餅(さくべい)」というお菓子だと言われています。縄のように編んだ、小麦粉のお菓子です。

「索」という字には「縄をなう」という意味があり、その字のとおり、小麦粉を練ったものをひねって編み、焼くか揚げるかしたもので、イメージとしては、菓子パンにあるねじったドーナツのような形をしたものですね。

そして、その索餅に関して、次のような伝説があります。

古代中国に「7月7日に死んだ帝の子が霊鬼神となって熱病を流行らせた。そこで、その子の好物だった索餅を供えて祀るようになったことから、7月7日に索餅を食べると1年間無病息災で過ごせる」という伝説があり、奈良時代に索餅が日本に伝えられると、麦の収穫期に麦餅を作る風習とともに宮中行事に取り入れられ、一般にも広がっていきました。やがて、索餅はそうめんへと変化し、七夕にそうめんを食べるようになりました。

(出典:暮らし歳時記

なぜか、索餅は、そうめんへと変化をとげました。

そして、この「そうめん」を、天の川や、織姫が織っていたという織り糸に見立てて飾りつけるというのが、現代では広まりつつあります。この「そうめん」の現代版アレンジが素晴らしく、今ではとても季節感のあるステキな七夕料理へと昇華されているのです!

スポンサードリンク

現代の【七夕そうめん】

普段「そうめん」と言えば、ゆでたそうめんをザルにあげて、麺つゆにつけて・・と、とてもシンプルな装いで食卓に出されることが多いと思いますが、七夕のそうめんは、一味もふた味も違います!彩り豊かで、とってもかわいくアレンジされているのです!

七夕そうめん1

七夕そうめん

普通のそうめんに、星形に切った具材をのせるだけで、一気に七夕らしさが演出できますね♪

玉子、きゅうり、ハムなど、お家にある野菜や食材で簡単に作れます。お好きな形にアレンジして、オリジナルの七夕そうめんを作ってみるのも面白いですね。

詳細レシピはコチラ



七夕そうめん2

天の川そうめん

今度は、「天の川」の出現です!

織姫、彦星も登場し、まるで絵本の1ページのよう。そうめんとはいえ、ストーリーを感じる1皿になりますね。

家族みんなで「七夕伝説」についてのお話しなどしながらいただくと、食卓が盛り上がること間違いなしですね。

詳細レシピはコチラ



七夕そうめん3

七夕そうめん3

上の2つをアレンジしたような「七夕そうめん」に見えて、実は「冷やし中華」です。

使っている具材には大きく違いはありませんが、ちょっと盛り付け方が異なるだけでも全然違うメニューのように感じられるのがいいですよね。

やっぱり、せっかくですから「天の川」は表現したいところです。

詳細レシピはコチラ



【七夕そうめん】にも五色の短冊

そうめんには、色付きのものがありますよね。ピンク・緑・黄色などなど。あの色付きそうめんも、もともとは五色の短冊からきていたという説があります。

五色の短冊の意味

まず、五色の短冊の「五色」の色について確認しますね。五色とは「青、赤、黄、白、黒」の五色です。中国の陰陽五行説にちなんだ色です。

各色に意味があり「木=青・火=赤・土=黄・金=白・水=黒」を表しているといわれます。「木、火、土、金、水」という五つの要素で、この世のすべてのものができているという考え方をされていたのです。

現在でも、この考え方は残っており、占星術や気学などでは当たり前になっていますね。

五色の七夕そうめん

五色七夕そうめん

そんな五色の意味もわかった上でいただきたいのが、この「五色の七夕そうめん」

それぞれのめんの色がもつ意味合いを感じれば感じるほど、味わい深くなりそうです。



夏になると、こういった「五色のそうめん」がギフトコーナーなどに置いてある店舗もあります。興味のある方は、ぜひ一度試してみるのもいいかも知れませんね。

普段と同じ食事でも、ちょっとのことで七夕らしい雰囲気が一気に出ますね。家族でわいわい言いながら食べるのも、きっと楽しいでしょう。



【七夕そうめん】まとめ

そうめんの由来と、いくつかの七夕そうめんをご紹介してきましたが、いかがでしたか?ちょっとした創意工夫で、食事がとっても楽しくなりますよね。

年中行事を大切にしつつ、その節目節目の行事食を楽しみながら、現代らしいアレンジを加えて・・。少しでも、日々の暮らしのアクセントになりますように。

この記事を読んだ人は、コチラの記事も読んでいます。

【七夕】笹飾りと短冊についての歴史と由来、短冊に願い事を書くのはなぜ?

【世界の七夕伝説】日本以外にもある!中国・ギリシャ・フィンランド

七夕伝説の由来 「日本における七夕伝説」と五節句について

Author Profile

あんちゃん
季節ごとのイベントを中心に記事にしています。

他にも子育てや、育児と仕事との両立に関してなどを執筆していきたいと考えています。

よろしくお願いします(^^)/

関連記事

ツメタガイ200

2017年 愛知県で潮干狩りを中止にした【ツメタガイ】とは?食べれるの?

2017年、愛知県の多くの潮干狩り場で、潮干狩りが中止になったことをご存知でしょうか?(詳細

記事を読む

プールの女の子がキラキラしている画像

3歳児と行ける!神奈川のおすすめプール3選「横浜」

子供がある程度大きくなると、そろそろ考え始める「プールデビュー」。 「あれ、あそこ

記事を読む

美女200

ミュゼの全身脱毛の価格が激安!激熱の3月キャンペーン開催中

【ミュゼプラチナム】といえば、脱毛サロンとして有名なお店ですよね!

記事を読む

ハロウィン

ハロウィン飾りを折り紙で!かぼちゃのおばけとコウモリと魔女

ハロウィンのといえば、仮装に飾りにお菓子にパーティー!いろいろあるけど、まずは最大限にハロウ

記事を読む

岐阜県岐阜市【長良川畔観光ぶどう園】で絶品ぶどう狩り!

岐阜県岐阜市にある【長良川畔観光ぶどう園】は、長良川が見渡せる、絶景のロケーションにあるぶど

記事を読む

お中元200

夏の【お中元へのお礼状】ビジネス、親戚、相手別の理想的な文例集

最近では、めっきり減ってしまったかも知れませんが、昔は夏の挨拶といえば「お中元」でしたね。

記事を読む

みどり公園200

愛知県大府市【みどり公園】子供の天国!水遊びにバーベキューで夏満喫

愛知県大府市にある【みどり公園】は、地元の公園としては十分なほど、楽しい設備がいっぱい!

記事を読む

【七夕】笹飾りと短冊についての歴史と由来、短冊に願い事を書くのはなぜ?

たなばたさま、という愛らしい童謡があります。 その歌を歌いながら、七夕飾りをつくっ

記事を読む

クリスマスのイルミ

クリスマスのイルミネーションを楽しめる静岡の人気スポット3か所

クリスマスのイルミネーションといえば、どこが思い浮かびますか? 神戸のルミナリエや

記事を読む

紅葉の白黒のイラスト

紅葉の白黒イラストを無料登録で使う。おすすめサイトは?挿絵にも便利♪

秋に使いたいイラストといえば紅葉です。 紅葉といえば鮮やかな赤や黄色、オレンジ色が

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク

スポンサードリンク

336✕280から300×600に変更中

久津間海岸200
関東の穴場スポット【海の公園】で無料潮干狩り!あさり採りとバーベキューも!

関東地方の潮干狩りといえば、千葉県木更津市。ですが、やはり名所なだ

高級和菓子の梅菓匠を20粒1万円越えのスイーツとして紹介している画像
高級和菓子【梅菓匠】20粒1万円越えのスイーツ

梅干し生まれの高級和風スイーツ「梅菓匠」。 大粒の豊

世界一キモイフルーツと言われるツノメロン「和名ツノニガウリ」を紹介するための画像
罰ゲームに最適なフルーツ【ツノメロン】和名「ツノニガウリ」

これは罰ゲームに最適! そんなフルーツ「ツノメロン」

養老渓谷の紅葉は日帰りでも楽しめるの?見どころは?

養老渓谷の紅葉に関するページです。 日帰りでも行けるもの

子供が喜ぶお菓子の詰め合わせのプレゼントの画像
子供が喜ぶプレゼント【お菓子の詰め合わせ編】

子供が喜ぶプレゼント。 今回はお菓子の詰め合わせで大

→もっと見る

  • 【広告】
PAGE TOP ↑