*

【敬老の日に喜ばれるプレゼント】思い出に残るお祝い方法?


600老夫婦

敬老の日は、おじいちゃん、おばあちゃんに感謝を伝える日です。

感謝の気持ちを込めてプレゼントをしたり、お祝いの会を催したりします。

ついつい「何をあげようかな?」「どんなお祝いの仕方をすれば喜んでもらえるかな?」と考えてしまいますね。

そこで、喜ばれるプレゼントと、楽しんでもらえるお祝いの仕方について調べてみました。

スポンサードリンク

【敬老の日】喜んでもらえるプレゼントは何?

2015年の「敬老の日」9月21日(月)です。

この時期になるとスーパーや百貨店では、「敬老の日」フェアが開催されて、おじいちゃん、おばあちゃん用のプレゼントが用意されます。この頃はコンビニにもプレゼントが置かれています。

その日が近づくにしたがって、人気商品が品薄になったりするので、早めに買っておくことをお勧めします。

皆さんもご存じのように、今年は9月のその時期が、6年ぶりにシルバーウイークになります。5連休になるので、おじいちゃん、おばあちゃんと一緒に旅行に出かけるというのも喜ばれるのではないでしょうか?特に温泉旅行なんていいですね。

【敬老の日】人気のプレゼント

さて、敬老の日のプレゼントで、人気の商品や定番の物をご紹介します。

名入れの湯呑

定番の物ですが、未だに人気の商品です。文字付の湯呑にすれば、なお一層喜ばれるのではないでしょうか。

お酒

これはおじいちゃん向きの物です。日本酒や焼酎が好まれる傾向にあります。しかし、ビール党の方もいるので、好きなお酒の種類を確かめてから購入したほうがいいでしょう。

                                  

お花

花も定番のプレゼントですが、まだ暑い時期なので、プリザードフラワーなどいかがでしょうか。この特徴は、寿命がなく長い間保存ができ、水をやる必要がありません。また生のお花を選ぶと、敬老の日特別セットで、カステラや羊羹がついているものがあります。お花と甘いものなんて、ちょっとお洒落な組み合わせではないでしょうか。


一緒に外食

ものを贈られるより、一緒においしいものを食べに行った方が良い、という声もあるので、おじいちゃん、おばあちゃんに好みを聞いて、事前に良いお店をリサーチします。そこで、ワイワイガヤガヤ楽しい時間を過ごすことで、敬老の日を祝うというのもいいですね。

「一緒に過ごした楽しい時間」というのが、なによりのプレゼントにもなります。

孫が描いた絵

孫の描いた絵をもらうのは嬉しい、と多くの高齢者がおっしゃっています。
描いてもらった絵は、いつまでも印象に残ると言う声がたくさんありますね。

和菓子

甘党のお年寄りには和菓子が大人気です。普段はめったに食べられないような、上生菓子や口コミで人気の商品のお取り寄せなど、様々な選択肢があります。持参して一緒に食べるのも楽しいですね。

 

一緒に旅行

孫と一緒に旅行に行きたい、というお年寄りも多いです。一緒に楽しく観光地を楽しんで、温泉に入り、美味しいお食事をして、楽しい一時を過ごすのも、「敬老の日」にふさわしいプレゼントだと思います。

スポンサードリンク

思い出に残るお祝いの仕方

敬老の日をお祝いするには、おじいちゃん、おばあちゃんに喜んでもらえる献立つくりが欠かせません。一緒に食卓を囲んで、楽しい時間を過ごすのです。そこで、お年寄りに喜んでもらえるレシピをご紹介しますね。

親子どんぶり

明治時代に、東京人形町の鶏料理専門店で始まったとされる、親子どんぶりは今でも家庭料理の定番になっています。鶏は脂がのってコクのある鶏もも肉を使い、あっさりした味に仕上げます。
親子鍋を使うとご飯にのせやすくて便利です。

  1. 割り下を作ります だし汁、みりん、酒、砂糖、しょうゆ

  2. 玉ねぎと三つ葉を切ります。

  3. 鶏肉の下ごしらえをします。皮と余分な脂を除く。

  4. 親子鍋に一人分の割り下と具を入れます。鶏肉に火が通るまで煮ます。

  5. 溶き卵でとじます。三つ葉を散らし、卵の火の通り具合を見て好みの加減になったら、どんぶりに盛ったご飯のうえにのせます。

こちらを参考にしました。(親子丼

親子丼

きのこのチラシずし

三種類のきのこを使った秋風味のチラシずしです。きのこのうまみだけを生かしたレシピです。

1.具材のしたごしらえをします。シメジは石づきを取って小房に分けます。えのきは根元の部分を切って、半分に切りばらしておきます。シイタケは石づきを取って細かく切ります。にんじんは皮をむいて細切りにします。

油揚げは沸騰湯で軽くゆでて油抜きし、2cm長さの細切りにします。卵を溶きほぐして塩少々を加え、フライパンに薄く油を引いて薄焼き卵を作り、細くきります。

2.だし汁と調味料で具を煮ます。(酒、みりん、しょうゆ、砂糖、塩)落し蓋をして煮込みます。

3.汁気がなくなれば出来上がりです。冷めてから冷蔵庫に入れておけば2~3日はもちます。

4.すし飯を作って具を混ぜ、仕上げをします。

5.卵と青みを添えます。

きのこごはん

他にもたくさんのレシピがあります。実際にどんなものが好きなのかを考えた上で、喜んでいただけるような献立を考えてください。

楽しい会食をした後、おじいちゃん、おばあちゃんに、孫の写真を渡すと、なおサプライズ感がありますね。一緒に旅行をした写真や、孫の運動会や音楽会といった行事の写真などを、フォトブックを活用して渡すとよいでしょう。

もし、インターネット環境がある祖父母なら、デジタルフォトフレームを使うのもいいですね。

一筆箋やはがきを使って、感謝の言葉を物と一緒に送ると喜ばれること請け合いです。市販のものでいいので、自分だけのオリジナルを作ってみましょう。(カード参考ページ

【敬老の日】まとめ

このように、「敬老の日」を祝う形はいろいろあります。別に改まって宴の席を用意しなくても、祖父母を自宅に招いて、食事会をして楽しい時間が過ごせるだけでも、おじいちゃん、おばあちゃんの気持ちがなごむと思います。

そして、孫との接触があれば、ますます楽しみが増して、長生きすること間違いありません。気持ちがあればどんなことでも伝わります。今年も、よい敬老の日をお過ごしください。

この記事を読んだ人は、コチラの記事も読んでいます。

母の日ギフトに面白いママ用のプレゼント☆花以外のおすすめ☆

父の日プレゼント!人気ランキング!オススメのギフト【ニッチ編】


関連記事

クリスマスキャンドル

クリスマスプレゼントを20代男性に!彼女から贈ると喜ばれる人気ランキング

クリスマスになると、どんなプレゼントを贈ろうか悩みますよね。 特に20代の男性は、

記事を読む

ハロウィン

愛知県のハロウィンイベント【中区・港区・犬山市】仮装で参加しよう♪

もうじきハロウィンですね~♪ だんだんと日本にも定着してきたハロウィン。もともとは

記事を読む

向井黒の浜200

三重県尾鷲市【向井黒の浜海岸】無料穴場スポットで潮干狩り!あさり、バカ貝、マテ貝

三重県といえば、無料の潮干狩りスポットが多いと有名な場所。 ですが、無料のスポット

記事を読む

松名瀬海岸・高松海岸200

三重県松阪市【松名瀬海岸】穴場スポットで潮干狩り!

三重県にはたくさんの無料潮干狩りスポットがあります。 おそらく、伊勢湾に面した遠浅

記事を読む

ハロウィン衣装でディズニーリゾートへ。女の子におすすめコスチューム

ハロウィンといえば、かわいい衣装を着て、みんなで大はしゃぎ。いつしか日本でも定着していました

記事を読む

お財布とお札

金運アップ財布を使い始めるなら一粒万倍日!お札の向きもポイント!

季節の節目って、何かとお金がかかりますよね。。。春は入学、新生活準備、夏はバケーショ

記事を読む

ふきのとう200

「ふき」と「ふきのとう」の違い。レシピと食べ方、天ぷらの作り方紹介

春ですね!日差しも暖かく、とても過ごしやすい季節がやってきました! ハイキングやト

記事を読む

クリスマスのイラスト

クリスマスに使うかわいい無料イラスト!フリーダウンロードで便利!

クリスマスになると、いろいろなものを作る機会が増えますよね。 チラシ・ポスター・お

記事を読む

紅葉

昭和記念公園の紅葉の見頃時期!ライトアップは?混雑状況と見どころ

昭和記念公園といえば、日本を代表する国営公園。 昭和天皇の御在位50年を記念する事

記事を読む

フレーム5200

USJでハロウィン仮装を親子で!人気キャラで家族全員ペアルック

年々、人気と迫力が増している、USJ(ユニバーサルスタジオジャパン)のハロウィンイベント。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク

スポンサードリンク

336✕280から300×600に変更中

ビール
お盆で帰省するときに持って行きたいお土産は?ビールのギフトセットやフルーツなど

夏ですね!あっという間にお盆が近付いてきました。 お盆になる

サプリ
ダイエットで中性脂肪を落とし、生活習慣を変えたい人に!【マルチポリフェノール】の効果について

自分の健康管理や、生活習慣の改善は、きっと人生全体にかかるテー

大人ニキビで荒れたお肌も復活!【リプロスキン】で顔のデコボコにさようなら

大人になると、お肌の悩みは増えていきます。乾燥肌、オイリー肌、

勉強
ベネッセ「進研ゼミ高校講座」無料の資料請求をしてみた「15歳の子のママ」感想

正直、子どもの教育については、いつまでたっても悩みは尽きません

こどもちゃれんじ
ベネッセ「こどもちゃれんじ」無料の資料請求をしてみた「5歳のママ」の感想

小さな子どものいる家庭の親なら誰もが一度は悩む道。 「ど

→もっと見る

PAGE TOP ↑