*

七五三の初穂料とお布施はいくら?神社とお寺どちらでもいいの?

公開日: : 最終更新日:2016/11/19 ★おトクな情報, ★季節の行事, 七五三 ,


鳥居600

七五三という言葉はよく知っていても、自分の子や親戚の子が七五三を迎えるまでは、なかなか自分事として考えることはできませんよね。

いざ自分の子が七五三を迎えたとき、気になることはお参りに行き、神社で祝詞をあげてもらうとき、謝礼をどのくらい払ったらいいのかわからないのです。

せっかくの機会なので、七五三のあれこれを調べてみました。

スポンサードリンク

七五三の初穂料はいくらがいいの?神社で行う場合

七五三の初穂料について

まず、初穂料(はつほりょう)についてですが、神社にお供えする、その年の最初にとれた稲や野菜などの農作物のことをいいます。

時代が変わって、初穂の代わりに献じられる金銭のことを指すようになりました。そして次第に、神社で祝詞(のりと)をあげてもらい、お祓いをお願いした謝礼として納める金銭のことを初穂料と言うようになりました。

神社によっては、玉串料(たまぐしりょう)と言うところもあります。

初穂料を渡すタイミングは、七五三のお参りを受付している社務所等で受付時に渡します。

気になる初穂料の金額ですが、およそ5,000円~10,000円くらいで、初穂料は、「5,000円から」という神社が多いようです。中にはあらかじめ金額を決めている神社もあるので、御祈祷の予約の電話をするときに、初穂料の金額を事前に聞いておくのも一つの手です。

初穂料

七五三シーズン、特に11月15日近辺は、どこの神社も混み合います。お祓いの予約もそのころに集中するので、出来るだけ早めに希望する日時を決めて予約しておくと安心です。

神主さんは独特の喋り方をするので、祝詞で読まれる子供の名前が聞き取れないことがあります。子どもには、神主さんが何を喋っているのかわからないので、不安になったり、退屈して飽きてしまったりします。

そこで、事前に、「自分の名前が読まれるから、聞き逃さないようにね」と伝えておくと、祝詞の最中も集中しておとなしく聞いてくれる可能性が高まりますよ。

スポンサードリンク

七五三のお布施はいくらがいいの?お寺で行う場合

さて、ここで気になるのが、七五三のお祝いをお寺でやってもいいのかという事です。結論から言うと、問題はないです。

ただ、古くから「氏神様へ子供の成長の報告と感謝をしに行く」というのが七五三の意義なので、神社へお参りに出かけるのが本筋です。

しかし、時代が変わって、神前結婚や仏前結婚があるように、ニーズに合わせてお寺や神社も変わってきているのではないかと思います。お寺の中には、七五三のはがきを出すところがあります。

七五三のお参りに親が持って行くと便利なアイテムは?

七五三のお布施について

お寺で七五三を行った場合、初穂料はどうなるのでしょう。

お寺の場合は七五三に限らず、「御布施」となります。熨斗の表書きも、「御布施」と書けば良いです。

どうしてお布施と言う風になるのかと言えば、僧侶へ渡すものではなく、寺院のご本尊様の前に供えられるものだからです。表書きはそのほかに、「御祈祷料」「冥加料」があります。

お布施(寺)

「御布施」は、やはり、5,000円~10,000円が相場です。もし御祈祷をするなら、頂戴するものが、紙札なら2,500円~、木札は3,500円というのが相場です。個別で御祈祷をするなら、2万円かかるところもあります。お寺さんに聞いてみるのが良いでしょう。

お寺での七五三は、戦後から始まり、今ではメジャーとまではいきませんが、それでもお寺で七五三を行っているところがたくさんあります。

七五三の前に身内に不幸があり、まだ四十九日があけていない方たちが、日程の関係でお祝いの日をどうしてもずらせない場合、神社の代わりにお寺で執り行うというケースも非常に稀ですがあるようですね。

いずれにしても、七五三のお祝いをするにも、さまざまな選択肢があるということです。

七五三の千歳あめは買うの?もらうの?

まとめ

神社でもお寺でも、どちらでも執り行うことができる七五三。祖父母や親戚の方々が同行する予定の方は、みんなとしっかり相談をしてから場所を決めた方がよさそうです。

長い人生の中で、ほんの数回しかない七五三。主役である子供たちにとって、楽しい思い出になるような七五三をしてあげましょう。

この記事を読んだ人は、コチラの記事も読んでいます。



関連記事

お茶とサザンカ

新入社員向け。おいしいお茶の入れ方、出し方などのマナー【接客時】

お茶はおもてなしの心 新社会人の方は、入社おめでとうございます! そして、既に働いて

記事を読む

豊橋祇園200

愛知県【豊橋祇園祭】2015 花火大会日程と手筒花火の由来・アクセス情報

愛知県豊橋市で行われる【豊橋祇園祭】は、元禄元年より続いている、由緒あるお祭りのメインイベン

記事を読む

防災の日200

【防災の日】由来と歴史。気になる防災グッズセットの中身は?

毎年、9月1日になると、防災の日という事で、各地で災害に備えて訓練が行われますね。

記事を読む

ねぶた祭り200

青森県【ねぶた祭り】2015 日程とハネトになる方法、花火と有料観覧席

日本人なら、誰もが知ってる青森県の【ねぶた祭り】。 「ラッセラー、ラッセラー」とい

記事を読む

フェス

春フェスの準備【女性編】どんな格好で何を持って行けばいいの?初めてで注意するべきことは?

野外フェスといえば夏フェス!というイメージが強いですが、ここ2~3年では春に行う春フェスも急

記事を読む

神社の女性

【七五三のお参り】氏神様がわからないときの神社の選び方は?

今年、子供たちが七五三を迎えるという方、多くいらっしゃいますよね。 写真を撮るか、

記事を読む

梅酒

梅酒を作ろう。梅酒の作り方、レシピ紹介と、まとめ動画。

「入梅」という言葉を聞くと 梅の収穫シーズンだな~と思いますね♪ この時期は、ど

記事を読む

母の日のプレゼント。カードとイラストで、ギフトをより思い出深いものに。

5月の第2日曜日。それは「母の日」です。 立派な贈り物もいいでしょう。 立派なギフト

記事を読む

女性とスマホ

ネットスーパーの魅力とは?買い物が超ラク&節約にも!

最近耳にするネットスーパー。利用したことはありますか? 少し前は「宅配」と言って、

記事を読む

お札

お札の向きで金運アップ!長財布に入れてお金の貯まる人の特徴

日常を生きていく上で欠かせないもの・・・。お金・・・。 お金は本当に不思議ですよね

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク

スポンサードリンク

336✕280から300×600に変更中

チサンイン諏訪インター
【チサンイン諏訪インター】で快適な宿泊!長野県諏訪湖周辺でのお泊りにはおススメ☆

みなさんは、突然の出張や、プチ旅行などする機会はありますか?

ビール
お盆で帰省するときに持って行きたいお土産は?ビールのギフトセットやフルーツなど

夏ですね!あっという間にお盆が近付いてきました。 お盆になる

サプリ
ダイエットで中性脂肪を落とし、生活習慣を変えたい人に!【マルチポリフェノール】の効果について

自分の健康管理や、生活習慣の改善は、きっと人生全体にかかるテー

大人ニキビで荒れたお肌も復活!【リプロスキン】で顔のデコボコにさようなら

大人になると、お肌の悩みは増えていきます。乾燥肌、オイリー肌、

勉強
ベネッセ「進研ゼミ高校講座」無料の資料請求をしてみた「15歳の子のママ」感想

正直、子どもの教育については、いつまでたっても悩みは尽きません

→もっと見る

PAGE TOP ↑