ボジョレーヌーボーとは?2017年の解禁日はいつ?赤白どっちがいい?


ワイン

毎年11月になると、にわかに聞こえてくるのがボジョレーヌーボーという言葉。

そして、それとともに目に飛び込んでくるのが解禁日という文字。

えっ!?ワインに解禁日なんてあるの?一体全体なんだっていうの?

そんな疑問にお答えすべく、今回は

・ボジョレーヌーボーとはなにか?

・2017年の解禁日はいつ?

・赤白どっちがいい?

についてお届けします。

スポンサードリンク

ボジョレーヌーボーとは一体なに?

ボジョレーヌーボーとは、フランス・ブルゴーニュ地方のボージョレ地域で造られる、その年に収穫されたぶどうで仕込む、フレッシュな「新酒=ヌーボー」のことをいいます。

日本では「やった!新種だ!」「今年の初物だ!」といって、ちょっと浮足立ちますが、現地のフランスでは、あくまでも「その年のぶどうの出来を確認するためのもの」なので、端的に言うと、いわば「実験台」のようなものです。

なので、現地では価格も安く、がぶ飲み用のワインとも言われていたりします。

ワインのイラスト

ボジョレーヌーボーにおすすめのグラスは?

特にポイントになるのが、このワインの醸造方法です。

ボジョレーヌーボーは、「その年のぶどうの出来を確認するためのもの」なので、できる限り加工物など入れず、ぶどうそのままの味が出るようにしています。そのために取っている手段が「マセラシオン・カルボニック」という醸造方法。

大きなステンレスタンクに、次から次へと上から順に、ぶどうをどんどん入れていく方法です。そして、自然の重みによってつぶれたぶどうから発生する炭酸ガスで醸造するのです。なので、他のワインと比べて、渋みや苦味がなく、フレッシュな味わいだと言われています。

スポンサードリンク

ボジョレーヌーボーの2017年の解禁日はいつ?

「その年のぶどうの出来を確認するもの」と言いますが、解禁日があるってどういうことでしょう?

ボジョレーヌーボーの解禁日は、毎年11月の第3木曜日、時間は0時頃になります。

なので、2017年は11月16日(木)です。

もともと、こうして解禁日をつくった理由は、ワインの早出し競争が激化して品質が低下することを防ぐため。早いもの勝ちで、適当なワインが出ないよう、全体で解禁日を固定したんですね。そうすることで、品質も保て、みんなで「ヨーイドン!」のお祭りにすることもできました。

ワインのイラスト

ボジョレーヌーボーにおすすめのおつまみは?

実は、このボジョレーヌーボーの解禁日、本場フランス以上に、日本の方が盛り上がりをみせているのをご存知ですか?

もちろんフランスでも、その年の新作として、ボジョレーヌーボーがワイン屋の店頭に並んでいたりします。ですが、あくまで粛々と、毎年の定例行事のような感じで、淡々としたものです。

一方日本では、何か月も前から、電車やバスの吊り広告にポスターが貼られたり、大型ショッピングセンターなどで大々的に紹介したり、飲食店でも「ボジョレー解禁!」などと書かれていたりもしますよね。

実はこれ、日付変更線の関係で、日本が世界で1番始めにボジョレーヌーボーの解禁日を迎えるからなんです。まさかの、本国フランスよりも先に、日本で解禁されるんですよ!アッパレ!

ワイン

ここに目をつけた、ビジネスの仕掛け人の思惑どおり、ボジョレーブームは大当たり!日本では、世界初のボジョレーが飲めると、現代のような盛り上がりをみせるようになりました。

この日本のお祭り騒ぎのおかげで、ボジョレーヌーボーの日本への輸出量は増え、結果として、フランスのワイナリーが潤っているんだそうですよ。1つのアイディア、ひらめきから、世界を巻き込んでの経済活動が始まるって、面白いですよね。

ボジョレーヌーボーはまずいって聞くけど本当?

ボジョレーヌーボーは赤白どっちがいい?

先に結論をいうと、ボジョレーヌーボーには、「赤はあっても白はない」んです。

というのは、ボジョレー・ヌーボーに使われるブドウは、「その年にボジョレーで収穫された、ガメイ種のブドウ100%であること」が義務付けられているから。使うブドウの種類が決められているんです。

ガメイ種とは・・・こんな感じのブドウ。
(画像はイメージです。よく似た色のものを選びました)

ぶどう

ガメイ種とは、「赤ワイン」を作るための品種なので、本当の白ワインにはならないんです。なので、ボジョレーヌーボーには、白はありません。

ただし、「ヌーボー=新酒」には白はありませんが、「ボジョレー」には赤も白もあります。・・・ややこしいですね。笑

まずは、ボジョレーヌーボーを楽しんで、その後、他のボジョレーを楽しんでいくのがいいのでしゃないでしょうか。

ボジョレーヌーボーの価格の違いはなに?

まとめ

ボジョレーヌーボーとは、フランス・ブルゴーニュ地方のボージョレ地域で造られる、「ヌーボー=新酒」のこと

解禁日は、毎年11月の第3木曜日、0時頃

ヌーボーには、「赤」はあっても「白」はない

いずれにしても、楽しくおいしく飲めるのが、最高の喜びですよね。毎年、その年の出来によって味が変わる、ボジョレーヌーボー。ぜひ、年ごとに違う、その風味を楽しんでいきましょう。

この記事を読んだ人は、コチラの記事も読んでいます。


 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

紅葉

紅葉の京都散策で嵐山周辺の名所は?5~6時間で巡る秋の寺社

紅葉

【京都紅葉の見頃時期】高台寺と清水寺のライトアップに行く楽しみ方は?

飛鳥山公園の桜

【飛鳥山公園の桜】アクセス方法と開園時間について「子供連れ注目の見どころは?」

ワイン

ボジョレーヌーボーのおいしい飲み方とおすすめのグラスは?つまみに合う料理も!

高松公園200

岩手県盛岡市【高松公園・高松の池】桜の開花予想とアクセス

【半夏生(はんげしょう)】にタコ・うどん・鯖を食べる意味と由来