*

七五三の五歳の男の子 正装は羽織袴。羽織がなくても大丈夫?

公開日: : ★季節の行事, 七五三 ,


七五三のイラスト

七五三を迎える五歳の男の子。

七五三の由来から考えると、五歳の男の子は「袴着の儀」を迎えるため、袴を着るのが正装と言われています。

そこで迷うのが、この上に羽織を羽織るべきか否か、どうも意見が分かれているようです。そこで真偽のほどを調べてみました。

スポンサードリンク

七五三の五歳の男の子 羽織は羽織るべきか?

先に結論を言うと、

本来の男性の「和服の礼装」は紋付の羽織袴姿(はおりばかま)
なので羽織を着るのが正式な服装。

でも、七五三に限っていえば、羽織がなくても不自然ではない

という感じです。

堅苦しく、本来の形というのを追求するのであれば、当然ながら紋付羽織袴が正解です。でも、中に着る着物が人から頂いたものだったりすると、「多くの人に見えるように着たい」と思うこともあるでしょうし、単にお子さんが重たいとイヤがってしまい、羽織を脱いでしまうということもあります。

小さなお子さんが着ている衣装に対して、ものすごく神経をとがらせて、カリカリする人もそれほど多くはないと思いますので、あまり神経質になる必要はありません。

でも、せっかくですので、正式なお話しなど、一つ一つ、細かに見ていきましょう。

スポンサードリンク

七五三の五歳の男の子 正装について考える

ここでは、まず、「男性の着物の正装」について見ていきます。

男性の着物は、大きく分けて、以下の3つのグループに分けることができます。

  1. 普段着・日常着

  2. よそ行き・お洒落着

  3. 礼装用

「1.普段着・日常着」は、カジュアルに着物を楽しむ感じです。袴もはかず、普通に着物を着用するというスタイルですね。「着流し」と言ったりもします。(「着流し」とは、羽織を着ずに、長襦袢の上に着物を着る着方のこと)

着流しとマフラー

「2.よそ行き・お洒落着」は、「着物+羽織」もしくは「着物+袴」のいずれかだけを着用する感じになります。

着物と袴と羽織

「3.礼装着」になると、着物の上に、「羽織&袴」の両方を着用する形になります。

羽織と袴の礼装着

この場合、第一礼装の「黒紋付き」と一般礼装の「色紋付き」とがありますが、これらを着るときは、足は白い足袋をはくのが基本です。

こうして見てくると、七五三は、一つの節目の行事ですから、基本的には礼装である「羽織 + 袴」が本来の姿であることは、ご理解いただけますでしょうか?

最近では、写真館で用意されている衣装にも、きちんと羽織が用意されていますので、羽織を着ている子の割合は、昔に比べて少し増えているかも知れませんね。

七五三の五歳の男の子 羽織は臨機応変に

正式なものが、「羽織 + 袴」だということはわかりました。

ですが、最近は、子供の親世代の仕事環境や、さまざまな事情から、七五三をお祝いする時期が随分と前後にずれていることも多くなってきましたね。

大手の写真館などでは、写真の前撮りをすると、9月、12月の平日には無料で衣装を貸してくれるところも出てきました。

七五三のイラスト

9月は、まだまだ残暑も厳しい時期です。ただでさえ袴姿では暑いですし、おまけに着ているのは5歳の男の子(数え年も満年齢も含みます)。その子の体調に合わせて着るものを調節するのは当然のこと。

無理してまで、意地でも羽織らせるようなものではありません。写真の撮影をするときには羽織って撮るといいと思いますが、それ以外の場面では、臨機応変に対応したらよいと思いますね。

服装などに対して、厳格な親族の方々と一緒にお参りしたりするようであれば、その方に合わせたらいいですし、気楽なスタイルでよければ、子供の望むようにしてあげるのもいいですね。

まとめ

というわけで、七五三の5歳の男の子の衣装は、羽織を着るか否か、ということですが、冒頭でも述べたように

本来の男性の「和服の礼装」は紋付の羽織袴姿(はおりばかま)
なので羽織を着るのが正式な服装。

でも、七五三に限っていえば、羽織がなくても不自然ではない

というのが結論です。

「本来こうである」という意見と、現実にお参りをするお子さんと親御さん、それぞれの都合に合わせてベストなスタイルを貫かれたらよいと思います。

ご家族にとって幸せな思い出となる七五三になりますように。

Author Profile

あんちゃん
季節ごとのイベントを中心に記事にしています。

他にも子育てや、育児と仕事との両立に関してなどを執筆していきたいと考えています。

よろしくお願いします(^^)/

関連記事

月200

【ブルームーン】とは?意味とどんな願い事が叶いやすいの?

2015年7月31日(金)、世間ではブルームーンだと大騒ぎになっていましたね。 さ

記事を読む

ハロウィンの仮装で子供に人気のディズニーキャラクターは?男の子も女の子も

ハロウィンといえば、仮装! とにかくにぎやかで、華やか、楽し気な仮装が人気ですよね

記事を読む

熊野200

三重県熊野市【熊野大花火大会】海上自爆と鬼ヶ城大仕掛で感動の花火鑑賞

三重県熊野市の【熊野大花火大会】といえば、毎年、日本全国から大勢の観光客が集まる、三重県最大

記事を読む

豊橋祇園200

愛知県【豊橋祇園祭】2015 花火大会日程と手筒花火の由来・アクセス情報

愛知県豊橋市で行われる【豊橋祇園祭】は、元禄元年より続いている、由緒あるお祭りのメインイベン

記事を読む

チョコレートケーキ

クリスマスプレゼントを30代女性に!友達から贈ると喜ばれる人気ランキング

クリスマスの季節がやってくると、なんだか心が浮き立ちますよね! 友達同士でプレゼン

記事を読む

花火200

花火大会に必須のマストアイテム!お役立ち持ち物リスト☆

もうすぐ夏ですね! 夏といえば、「花火大会」。全国各地で行われるさまざまな花火大会

記事を読む

バス200

夏に行きたい【高速バスツアー】で行くおすすめスポット3選

夏になると、さまざまなレジャーが流行り出しますね!いろんなことをしたい、でもお金には制限があ

記事を読む

お歳暮

お歳暮にお返しは必要?義両親へのお礼状は?相場はいくら?

結婚して初めての年末に、旦那さんの実家からお歳暮が届いたらどうしますか?まずはきっと、とまど

記事を読む

ゆず茶200

はちみつゆず茶は手作りで。おいしく楽しく風邪予防を!美肌の効果効能も

冬といえば、ホットのはちみつゆず茶がおいしいですよね~☆ マグカップに「はちみつゆ

記事を読む

【ラグーナ蒲郡】で花火!ラグナシア 花火スペクタキュラ 「ミスティノーチェ」のお得な見方

【ラグーナ蒲郡】といえば、愛知県蒲郡市にある、大きなレジャーパーク。 もともとは遊

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク

スポンサードリンク

336✕280から300×600に変更中

久津間海岸200
関東の穴場スポット【海の公園】で無料潮干狩り!あさり採りとバーベキューも!

関東地方の潮干狩りといえば、千葉県木更津市。ですが、やはり名所なだ

高級和菓子の梅菓匠を20粒1万円越えのスイーツとして紹介している画像
高級和菓子【梅菓匠】20粒1万円越えのスイーツ

梅干し生まれの高級和風スイーツ「梅菓匠」。 大粒の豊

世界一キモイフルーツと言われるツノメロン「和名ツノニガウリ」を紹介するための画像
罰ゲームに最適なフルーツ【ツノメロン】和名「ツノニガウリ」

これは罰ゲームに最適! そんなフルーツ「ツノメロン」

養老渓谷の紅葉は日帰りでも楽しめるの?見どころは?

養老渓谷の紅葉に関するページです。 日帰りでも行けるもの

子供が喜ぶお菓子の詰め合わせのプレゼントの画像
子供が喜ぶプレゼント【お菓子の詰め合わせ編】

子供が喜ぶプレゼント。 今回はお菓子の詰め合わせで大

→もっと見る

  • 【広告】
PAGE TOP ↑