【京都の紅葉狩り】南禅寺と永観堂と銀閣寺なら新大阪から1時間!


紅葉

紅葉の京都。近場の人も、遠方からの人も、とにかくしっかり満喫したい。

でも、おすすめのスポットが多すぎて、逆に迷ってしまいませんか?

本日ご紹介するのは、新大阪駅からおよそ1時間ほどで到着することができ、さらに複数個所をまわりたい!そんな要望にお応えするコースをご紹介します。

紅葉の名所であり、観光の人気スポット【南禅寺と永観堂と銀閣寺】「哲学の道」を通りながら満喫するコースです。まるで現地に行っているかのような気持ちで、ぜひお楽しみください。

スポンサードリンク

京都の紅葉 新大阪から1時間で着けるところは?

京都には、紅葉の名所がたくさんあります。その中でも、本日ピックアップするのは京都市左京区にある【南禅寺と永観堂と銀閣寺】

【新大阪】から、JRの快速で約40分で【山科駅】へ。その後、京阪電鉄に乗り換えて【京阪山科駅】~【蹴上駅】この間およそ1時間。ここから徒歩10分ほどで目的地の【南禅寺】に到着です。

そして、南禅寺から順に、永観堂~(哲学の道)~銀閣寺を楽しんでいきますよ!

地図

京都の紅葉 新大阪から1時間で着ける南禅寺

まず最初に見て行くのは、南禅寺。京都の中でも、屈指の紅葉の名所であり、室町時代には禅寺の中でも最高の位が与えられ、栄華を極めた由緒あるお寺です。

約4万5000坪という広大な敷地の境内に、約300本ものカエデが色付く姿は圧巻!まさに日本の風景がここにあります。


三門に登ると、楼上から市内や伽藍も一望できます。そして、名庭師である小堀遠州が作庭したといわれる、美しい方丈庭園もあるので、せっかく足を運ぶなら、紅葉だけでなく、庭園や三門なども、ぜひ楽しんで頂きたいですね。

【紅葉の見頃】11月中旬~11月下旬

【拝観時間】
3月1日~11月30日 :8:40~17:00(16:40受付終了)
12月1日~ 2月28日:8:40~16:30(16:10受付終了)

【料金】
南禅寺三門楼上拝観 500円  
南禅寺方丈、虎の子渡しの庭拝観 500円

【問合せ】075-771-0365

【所在地】京都府京都市 左京区南禅寺福地町86


【アクセス】

<公共交通機関>
地下鉄東西線【蹴上駅】から徒歩約10分

スポンサードリンク

京都の紅葉 新大阪から1時間で着けるコース(2か所目 永観堂)

「秋はもみじの永観堂」と言われるほどに、代表的な紅葉のスポット。約3000本ものもみじが紅く染まる様子は、ただただ圧巻です。

南禅寺から、徒歩でおよそ10分という距離にあるため、とても気楽に足を伸ばせるのではないでしょう。

境内中央にある放生池には、周辺にあるモミジが美しく映し出され、まるで鏡に映っているかのよう。あまりにキレイに映るので、どれが本物で、どれが映ったものかわからなくなってしまうほど。


紅葉に包まれた多宝塔の様子は、まるで絵画を見ているようだと言われています。

【紅葉の見頃】11月中旬~11月下旬

【拝観時間】
9:00~17:00(16:00受付終了)

【料金】
大人600円・小中高生400円
(秋の紅葉シーズンは、通常拝観できない寺宝を特別公開する「寺宝展」が開催されます。大人1,000円・小中高生400円)

【問合せ】075-761-0007

【所在地】京都府京都市左京区永観堂町48


【アクセス】

<公共交通機関>
地下鉄東西線【蹴上駅】から徒歩約15分

京都の紅葉 新大阪から1時間で着けるコース(3か所目 哲学の道経由~銀閣寺)

銀閣寺は、永観堂から歩くとやや距離があり、20分ほど歩かなくてはなりません。ですが、この移動の道に哲学の道を選択すると、歩いている道そのものが、まさに紅葉ロード!

「哲学の道」を歩くのを目的に、観光に来ている人もいるくらいの見事な道なのです。


およそ20~30分ほど、哲学の道の「紅葉トンネル」を満喫した後は、目的地である銀閣寺にて、また紅葉を楽しみましょう。

足利義政により創建されたと言われている銀閣寺は、庭園の上段である月待山(つきまちやま)の高台から、多くの紅葉で秋色に染まる境内と京都市街を一望できます。

お寺と紅葉が一緒にあるという、その光景がまさに圧巻。思わず「日本人でよかった」と思う、そんな景色ではなでしょうか。

【紅葉の見頃】11月中旬~11月下旬

【拝観時間】
8:30~17:00
(12月~2月:9:00~16:30)

【料金】
大人500円・小中生300円

【問合せ】075-771-0365

【所在地】京都市左京区銀閣寺町2

地図

【アクセス】

<公共交通機関>
「出町柳駅」から京都バス 51 56 市バス 17 102 203
「銀閣寺道」下車 東へ徒歩約10分

まとめ

南禅寺から順に、永観堂哲学の道銀閣寺というコースを見てきましたが、いかがでしたか?

紅葉の美しさと、お寺とのコラボレーションがなんともいえません。毎年話題になるだけあって、本当に美しい景色だと思いますね。

テッパンコースかと思いますが、やはりおすすめです。大阪からでも約1時間ほどで来れるのはいいですね。

なお、食事をしたい方は、「哲学の道」のを抜けたところ(銀閣寺近く)に、「おめん」という名前の京うどんやさんがあります。おばんざいも楽しめますのでおすすめです。

楽しい紅葉の旅にしてくださいね。

この記事を読んだ人は、コチラの記事も読んでいます。


 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

悩む

入社したての新入社員が辞めたくなる理由【ベスト5】前篇

プールの画像

3歳児と行ける!愛知県のおすすめプール3選

飛鳥山公園の桜

【飛鳥山公園の桜】アクセス方法と開園時間について「子供連れ注目の見どころは?」

子どもの日は菖蒲湯に入ろう!菖蒲の由来、効能、意味と入り方。

bbq200

愛知県の離島【佐久島】アートの島で潮干狩りと、海で手ぶらバーベキュー

【半夏生(はんげしょう)】にタコ・うどん・鯖を食べる意味と由来