【ハロウィンの飾りを折り紙で】全身と顔だけのミッキーとかぼちゃおばけ

スポンサーリンク  

ハロウィンの折り紙

ハロウィンといえば、いろんなかわいい飾りが思い浮かびますね。

今回は、その中でも人気の高い、ミッキー&かぼちゃおばけの紹介をします。お家で気楽に作れる折り紙での紹介なので、簡単にできますよ。

この記事では

  • 全身の平面ミッキー

  • 顔だけの立体ミッキー

  • 平面のかぼちゃおばけ

  • 立体のかぼちゃおばけ

の折り方の紹介をします。

今年のハロウィンは、既製品でなく、手作りで楽しんでみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

ハロウィンの飾りを折り紙で。全身ミッキーの作り方

ハロウィンのみならず、クリスマスやひな祭り、子どもの日などにも大活躍をするミッキー!子供にも大人にも人気なので、必ずハズレないというのもいいですよね。

まず最初にご紹介するのは、全身のミッキーです☆パーツが分かれているので、顔だけでやめれば、顔だけのミッキーができますし、体をつければ全身のミッキーにもなります。お好みで調節しましょう。


【頭の材料】

15cm✕15cm の黒い折り紙 1枚(頭)
       肌色の折り紙 1枚(顔)
7.5cm✕7.5cm の黒い折り紙 2枚(耳)

【体の材料】

15cm✕15cm の黒い折り紙 1枚(体)
7.5cm✕7.5cm の赤い折り紙 1枚(ズボン)

体の部分をかぼちゃにしたり、頭に帽子をつけることで、季節感を出すこともできますよ。顔の黒い部分をオレンジ色で作ると、ハロウィン風ミッキーにもなりますね。

スポンサーリンク

ハロウィンの飾りを折り紙で。顔だけミッキーの作り方

こちらは、上で紹介したのとは異なり、ちょっと立体的な顔だけのミッキーです。好きな色の折り紙1枚で作れてしまうのが、とっても気楽でいいですね。


リボンをつければ、ミニーちゃんにも変身です!

とっさの時に、チャチャッと折れるとカッコイイですね♪

ハロウィンの飾りを折り紙で。かぼちゃおばけの作り方

ハロウィンといえば、欠かせないのが、この「ジャック・オ・ランタン」という名のかぼちゃおばけです!顔の書き方ひとつで、かわいくもなり、怖くもなるという、とっても使い勝手のよいおばけちゃん。

折り方によって、雰囲気が違ってくるので、いくつかのタイプをご紹介します。

こちらのものは比較的平面的な、「ジャック・オ・ランタン」です♪


そして、こちらは立体的な「ジャック・オ・ランタン」です♪
黒い折り紙は帽子、オレンジの折り紙がかぼちゃの部分になります。


この立体的な帽子を、先ほど紹介した立体的なミッキーにかぶせれば、ハロウィン風ミッキーも作れます。

平面的なかぼちゃに、平面的なミッキーの顔を貼り付けても、ハロウィン風のミッキーができますよ。


まとめ

折り紙で作る作品は、掛け合わせ次第で無限に作れるのがウリです。

帽子・かぼちゃなどのアイテムを、キャラクターと合わせれば、一気にハロウィンらしさが演出できます。

ぜひ、いろいろなパターンを試して、オリジナルな作品を生み出してみてくださいね。

スポンサーリンク

関連記事

クリスマスのローストビーフ

クリスマスにおすすめの簡単料理☆サラダもケーキもチキンもビーフも☆

いるみねーしょn200

クリスマスのイルミネーションで東海地方の名所はどこ?見どころとランキング

父の日はいつ?その由来と歴史。母の日との関係は?

博多祇園山笠200

【博多祇園山笠】追い山笠や集団山見せ、流舁きについて。

名古屋城200

【名古屋城宵まつり】で盆踊りとビアガーデン、火縄銃の実演!?

安城七夕200

愛知県【安城七夕祭り】2015 見どころと歴史・アクセス情報