*

七五三で子供の機嫌を保つための便利な持ちものは?

公開日: : ★季節の行事, 七五三 ,


七五三のイラスト

子供が迎える七五三。

華やかな衣装に身を包み、手には千歳あめをもって・・・。想像するだけで、なんとも微笑ましい光景ですね。

ですが、小さな子供たちにとって、七五三の日に着る晴れ着は、着慣れていなくて動きにくい。おまけにちょっと暑いときも・・・。

せっかくの晴れ舞台に、子供たちがイヤイヤ状態にならないために、持って行くと便利なものをご紹介します。

スポンサードリンク

七五三で子供の機嫌が悪くなる!?

一生のうち、ほんの数回しかない七五三。親や祖父母、親戚にとっては、とっても嬉しいお祝い事ですね。ところが、それを迎える本人たちは、当日神社で不機嫌モード。一体なにがあったというのでしょうか。

七五三 着付けの時点で疲れている

子供たちにとっては、着慣れない着物や袴。実は、着付けの時点からとっても疲れています。着せてもらってすぐは、初めて見る自分の姿に興奮したり、髪型をきれいに飾り付けてもらったりして、嬉しくてニコニコしているかも知れません。

ですが、鏡の前を離れて、自分の姿が見えなくなると同時に、体を締め付けている帯の苦しさや、窮屈さにイライラし始めることがあります。

七五三 車内の移動に疲れている

和装をして乗るチャイルドシートは、いつもより窮屈。帯や羽織、ハッピなどがいつもの洋服よりもボリュームがあるからですね。もともと事故から体を守るために、体にフィットした作りになっているチャイルドシートは、厚みのある服を着ると、窮屈になってしまうのです。

チャイルドシート

窮屈だと、体に自由がききません。思ったように動けず、そして、ぎゅうぎゅうになっているがゆえに、どうしても暑くなってしまいます。さらに七五三のシーズンであれば、目的地の神社周辺は道が混んでいたりして、渋滞してはいませんか?

いつもは平気な車内でも、長時間せまいところにいると、子供たちは静かに疲れをためていることがあります。

七五三 神社内の移動に疲れている

七五三の時期は、どうしてもたくさんの家族と重なりますね。人気の神社などでは、思うように歩けないほどたくさんの人がいる場合があります。

そして、慣れないジャリ道は、いつもより歩きにくく、普段着慣れていない着物だとなおさら辛くなってしまいます。駐車場からお参りをするところまでの距離が遠ければ遠いほど、子供たちの疲れはピークに達していきます。


七五三で子供の機嫌を保つための便利な持ちもの

さて、そんな子供たちのために、私たち親が持って行ってあげるといいものは一体どのようなものでしょうか?万全の準備をしておくことで、すこしでも子供たちの疲れがたまらないようにしてあげましょう。

【暑さ対策】
うちわ、扇子、携帯用ミニ扇風機、冷えピタ(子供用)

【疲れ対策】
靴&靴下(神社内移動用に、履きなれたもの)
着替え用の洋服

【汚れ対策】
ハンドタオル、タオル(汗や食べこぼし用)
ストロー(飲み物を飲むときに、着物にこぼさないように)
簡単なエプロン、よだれかけ(使い捨てでもよい)
ウェットティッシュ

【頑張れアイテム】
小さなアメ、ラムネなどのお菓子
小さな携帯用ジュース
千歳あめ

暑くなったときには、すぐに涼しくしてあげられるものを。そして、神社内の移動は、写真撮影のときを除いて、履きなれた靴にしてあげることが大切です。

小さい子の草履姿はとってもかわいいですが、やはり履きなれないものでの砂利道は疲れてしまいます。ちょっと荷物になりますが、お子さん用の靴をもっていき、神社内の移動中はかえてあげるようにしましょう。

そして、着物はできる限り汚したくないものです。汚れにくいようにするのも大切ですし、万が一汚れてしまってもすぐに汚れが落とせるようにしておくことも大切です。

そして、「あとちょっとなんとか持ちこたえてほしい!」そんなときのための、小さなお菓子たちは、思わぬ形で助けてくれることでしょう。

七五三で子供の機嫌が悪くならないための対策は?

少しでも、子供がイヤイヤ状態になってしまうのを避けるためにできることといえば、「混雑のピークを避けること」「極端に暑い日や寒い日を避けること」です。

最近は、写真館などでも随分と早い時期から撮影を行ったり、七五三シーズンをはずした時期には、着物のレンタルが無料になるといったサービスがあり、だんだんと「お参りの時期がピークからずれること」に対して寛容になってきています。

もちろん11月15日当日や、その前後の土日祝日がベストなのはわかりますが、お子さんの年齢や状況を考えて、「長時間に渡るのが難しそうだ」と判断した場合は、思い切って、お参りの時期そのものをずらしてしまうというのもいいですよ。

そうすることで、お参り時の混雑を避けることができ、結果として着付けも早く、お参りも早く、滞りなく終わらせることができます。

七五三のイラスト

それだけでなく、もしも親戚などが集まるようでしたら、お参り後の食事のお店でも同様のことが起こります。七五三のときに利用するお店は、どうしてもみなさん同じようなお店に偏ってしまいますよね。

お客さんがたくさんいる場合、注文したにも関わらず、一向に出てこないことがあったり、何組も同時に食事をしているため、注文したものが間違って届くこともあったりします。

ですが、あえてオフシーズンに利用することで、そうした状況を回避できる可能性が高まります。お店によっては、価格が安くなったりすることもありますね。考え方一つですが、そんな方法もあるので、一度考えてみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

子供たちにとっても、家族にとってもおめでたい七五三。おめでたいのと同時に、拘束時間などを考えると、子供たちにとってはちょっとした試練でもありますね。

せっかくの貴重なお祝い事の席ですから、柔軟に考えて、子供や身内の人たちが一番楽しく過ごせるような時期&プランにしていきましょう。

そうした自由な発想ができるのも現代人ならではの特権だと思います。

Author Profile

あんちゃん
季節ごとのイベントを中心に記事にしています。

他にも子育てや、育児と仕事との両立に関してなどを執筆していきたいと考えています。

よろしくお願いします(^^)/

関連記事

100421G1

愛知県の桜の名所!ライトアップ・屋台もある名所紹介。

だんだんと日差しが春めいてきましたね! 本格的な春が訪れる前に、お花見・桜の名所をチェックして

記事を読む

紅葉の六義園の見頃時期 ライトアップの時間は?デートにも使える?

東京、駒込にある六義園(りくぎえん)は、桜の名所としても有名な大名庭園です。 春に

記事を読む

恵比寿海岸200

三重県鳥羽市【千鳥ヶ浜海水浴場】海水浴と地引網体験

三重県鳥羽市にある【千鳥ヶ浜海水浴場】といえば、白い砂浜が美しい、鳥羽屈指の海水浴場です。

記事を読む

浮き輪でプールを楽しむサングラスの女の子たち

3歳児と行ける!福岡のおすすめプール3選「九州」

やってくる暑い夏!元気いっぱいの子供たちを満足させるには、プールしかないでしょう!

記事を読む

松名瀬海岸・高松海岸200

三重県松阪市【松名瀬海岸】穴場スポットで潮干狩り!

三重県にはたくさんの無料潮干狩りスポットがあります。 おそらく、伊勢湾に面した遠浅

記事を読む

ゆず茶200

はちみつゆず茶は手作りで。おいしく楽しく風邪予防を!美肌の効果効能も

冬といえば、ホットのはちみつゆず茶がおいしいですよね~☆ マグカップに「はちみつゆ

記事を読む

夜桜200

桜の名所「五条川」岩倉桜まつり 2015年【愛知県岩倉市】夜桜ライトアップ

(愛知県岩倉市:五条川の夜桜) 昼間の美しい桜ももちろん素晴らしいですが、夜、周りが暗くな

記事を読む

プレゼント

クリスマスプレゼントを20代女性に!彼氏から贈ると喜ばれる人気ランキング

クリスマスといえば、恋人たちにとって、大切な日です。 特に働き始めた若いカップルに

記事を読む

お父さんに感謝!父の日プレゼント定番の人気ランキング!

今年の父の日のプレゼントは何にする?? 毎年毎年、この時がくるのはわかって

記事を読む

埼玉県【秩父川瀬祭】花火大会と神輿洗いの儀式・アクセスと駐車場

【秩父川瀬祭】は、埼玉県秩父市にある秩父神社の夏祭で、別名「お祇園」とも呼ばれています。秩父

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク

スポンサードリンク

336✕280から300×600に変更中

メキシコの危険スポットと女性のイメージイラスト
メキシコの観光地で危険だと感じるスポットは?歩道橋が危険って本当!?

旅行で一番縁があってほしくないのは、やはり危険なことですよね。

メキシコ旅行12月編!気温は何度くらい?何を着ていくとイイの?

日本の裏側、南米メキシコの旅12月編です! 日本は冬真っ

城島高原パークの足湯に入る女性のイメージ画像
城島高原パークの足湯【大分県別府市】おすすめポイントとアクセス情報!

城島高原パークの足湯に関するページです。 足湯の情報だけ

森林スポーツ公園の足湯【宮城県仙台市】バーベキューや犬用の温泉も魅力的!

森林スポーツ公園の足湯に関するページです。 足湯の情報は

げんきの郷の足湯のイメージ画像
げんきの郷の足湯【愛知県大府市】おすすめポイントと野菜の魅力!

げんきの郷の足湯に関するページです。 足湯に関する情報は

→もっと見る

  • 【広告】
PAGE TOP ↑