3歳児と行ける!神奈川のおすすめプール3選「横浜」

スポンサーリンク  

プールの女の子がキラキラしている画像

子供がある程度大きくなると、そろそろ考え始める「プールデビュー」。

「あれ、あそこのプールって小さい子供も泳げるところあったっけ…?」独身時代は気にもとめていなかったこと。

なかには幼児が入れるような小さめの浅いプールが併設されていないところもあります。

そこで今回は、幼児と一緒に楽しめるプールを特集します。

スポンサーリンク

3歳児と行ける神奈川のおすすめプール3選

3歳児と行ける、神奈川のおすすめプールを3つご紹介します。

日産ウォーターパーク/港北区

http://www.nissan-stadium.jp/shinyoko-park/waterpark/
営業:通年 (9時〜21時/日祝は17時)
※7、8月以外は第3火曜が定休日(1〜3月は第4火曜も)
料金:1時間 13歳以上500円 13歳未満250円
30分延長毎 13歳以上200円 13歳未満100円

日産スタジアムの中にある屋内プール。

ウォータースライダーや流れるプールはもちろん、多種多様のプールが楽しめます。通常の温水プールよりも温度が高い「バーデゾーン」は、大人も楽しめるジャグジーやアロマルームもあり、ちょっとしたスパのよう。軽食が食べれるフードコートもあります。

ここはスイミングキャップが必須ですので、持参か購入が必要です。年中営業しているので、冬や天候が悪い日の遊び場にも最適です。

横浜プールセンター/磯子区

http://www.yspc.or.jp/yokohama_p_ysa/
営業:7/9〜9/4(9時〜17時)
料金:大人800円 子供200円(3歳以上、中学生以下)

昔から家族連れに親しまれている、通称マンモスプールです。

円形の大プールを取り囲むように、流れるプールがあります。滑り台つきの児童プールと、深さ30センチの幼児プールあり。ロッカーは50円!浮き輪のレンタルがあり、プールサイドにテントを張ったり、飲食の持ち込みも可能。早めに行って場所取りをしましょう。

こどもの国 屋外プール/青葉区

http://www.kodomonokuni.org/sports/pool.html
営業:7/16〜8/31(10時〜16時)
※8/17以外の水曜が定休日
料金:大人1100円 小中学生450円 3歳以上350円

ここはオムツが外れていない子供でも、水遊びパンツを履いて入園が可能です(園内で購入可)。

幼児プールは水深15センチからあり、スライダーや噴水プールなど7種のプールが楽しめます。とても広い屋根付きの休憩所があるので、日差しを気にしないでゆっくりできるのがいいですね。授乳室やおむつ交換台も完備されているので安心です。

スポンサーリンク

プールで気をつけること

3歳は自己主張真っ盛りの歳。目に入ったものが新鮮で、なんでもチャレンジしてみたい時です。

少しでも目を離すとどこかへ行ってしまったり、対象年齢外の遊具に登ろうとしたりと危険です。

またオムツが取れていない子は、入園自体ができないところが多いので、プールデビューの前にトイレトレーニングを済ませておくことが必須です。

プールでうつる病気を知っておこう

プールでうつる病気を知っておきましょう。

咽頭結膜熱(プール熱)

唾液や便からアデノウイルスが感染することで、39度くらいの発熱があります。結膜炎のような目の症状があり、嘔吐や下痢をすることもあります。

プールから上がった後はしっかり目を洗いましょう。

ヘルパンギーナ

喉の奥に口内炎ができ、39度以上の高熱が続きます。飲食が苦痛になるので、感染すると大変厄介です。大人が感染すると、より重症化するので気をつけましょう。

みずいぼ

肌機能が弱い7歳以下の子供がかかりやすい病気です。

潰れると他のところにもうつって広がってしまうので、数個できた時点で皮膚科にて除去する必要があります。10個以上になると、子供が嫌がって処置が困難なため、早めに受診しましょう。

まとめ

いかがでしたか?今回は特に幼児向けのプールをご紹介しました。

子供によっては水が怖くて入れないこともあるので、初めのうちはパパやママがしっかり抱っこして、ゆっくり足から浸からせるよう工夫をしてあげましょう。

また病気は主にタオルや遊具から感染するので、貸し借りは控えてください。
初めての水遊びの思い出が、楽しいものになるといいですね。

※紹介したプールの情報は2016年のものです。

最後に、マンモスプールにデビューした女の子の動画を載せておきます。


スポンサーリンク

関連記事

電車の線路

青春18きっぷ【2016年春】発売日と利用期間は?どこで買えるの?

吹割の滝

吹割の滝で食事を楽しむ。温泉や紅葉、周辺観光のお勧めは?

七五三のお参り当日の服装は?足元の注意点と対策。

お中元200

夏の【お中元へのお礼状】ビジネス、親戚、相手別の理想的な文例集

七五三の前撮り

七五三の前撮りの服装で親は何を着る?写真撮影は色のバランスも考える。

那須りんどう湖でバーベキューのイメージ画像

栃木県那須郡【那須りんどう湖レイクビュー】で手ぶらバーベキュー「ジャージー乳もあ...