*

氏神様とは?意味と由来と産土神様との違いについて

公開日: : ★季節の行事, 七五三


神社

赤ちゃんが誕生したときの「お宮参り」や、お引越しをしたばかりのときなど、「その土地の氏神様にご挨拶に行きなさい」と言われたことはありませんか?

よく耳にする「氏神様」という言葉ですが、実は厳密にいうと「その土地の神様」のことを言うワケではないのです。

その土地の神様は「産土(うぶすな)神様」と言うんですよ。今日は、こうした神様にまつわるちょっと面白いお話しをしようと思います。

スポンサードリンク

氏神様ってなんだろう?

まるで、「その土地の神様」のように言われている氏神様。でも、実はこの字のとおり、もともとは

「氏」=「氏族」=「血縁関係の一族」

がまつられている神様のことを言っていました。

なので、もともと「氏神様」とは、その氏族の守り神のことをさしていたのです。

結婚で氏(苗字・名字)が変われば変わりますし、同じ地域に住んでいる人でも、氏(苗字・名字)が違えば違います。それぞれの家系に、それぞれの氏神様がいたんですね。

一族の守り神

産土(うぶすな)神様って聞いたことある?

突然ですが、「産土(うぶすな)神様」という言葉を聞いたことはありますか?

あまり知られていないかも知れませんが、「産土(うぶすな)神様」とは、あなたが生まれたときの出生地の守り神であり、産まれてから死ぬまでのあいだ、一生を通じて変わることのない、あなたを守ってくださる神様のことです。

なので、たとえ家族であっても、それぞれの出生地が違えば、それぞれの「産土(うぶすな)神様」は違います。

産土神様のイラスト

人の一生を見守ってくださるのは、その人の出生地の守り神である「産土(うぶすな)神様」とされていますので、本来であれば、「お宮参り」も「七五三」も、生まれた土地にある「産土(うぶすな)神様」のところにお参りにいくのが正式な姿となります。

もしも引越しなどをしていて、生まれ育った土地に戻るのが大変な場合は、自分が住んでいる土地にある、「産土(うぶすな)神様」と同系の神様がまつられている神社にいくのもいいですね。

スポンサードリンク

氏神様と産土神様は混同されている

今みてきたように、本来の意味は


  • 氏神様・・・氏族(一族)の守り神

  • 産土神様・・・その土地の守り神・そこで誕生した人の、一生の守護神となる

ですが、現在では、このように明確な分かれ方をしておらず、氏神様もまるで「地域の神様」のように思われていますよね。

特に「その土地の氏神様にあいさつに行きなさい」とか「この地の氏神様に参らないと」と言ったりする場合には、完全に「その土地の神様=氏神様」と思っているケースですね。

このように、言葉がもつ意味が変化していったのには、歴史的な背景があります。

古代日本では血縁関係を大切にしていた

日本では、古代においては、氏(うじ)による繋がりが強く、血縁関係をもった者同士が集まって活動する場面が多くありました。

そのため、神様をおまつりするときも、氏族がまつった神を「氏神様」と呼び、そして、その氏族の構成員を「氏子(うじこ)」と呼んでいました。

中世日本では血縁社会から地縁社会へ

もともと血族を重視してきた日本でしたが、時代の変化とともに、「同じ地域に住んでいる者同士」という繋がりが重視されるようになりました。

そのような流れの中で、その土地の神様である「産土(うぶすな)神様」を「氏神様」としてまつるようになっていきました。

この時代から、だんだんと「氏神様」「産土(うぶすな)神様」の違いが曖昧になっていったのです。

神社

結局のところ、どうしたらいいの?

「氏神様」「産土神様」それぞれの話を紐解いてきましたが、個人的には、マメ知識として知っておいたらいいくらいに思っています。

地域の神様のことを氏神様と言っても問題ないですし、産土神様がどの神様なのかを把握している人も決して多くはないでしょう。

厳密に言うと、そうした違いがあるということだけ知っておいたらよいのではないでしょうか。

もう一度まとめておきますね。

  • 氏神様……氏族(一族)の守り神。結婚などで氏が変われば変わる。家族なら同じ。

  • 産土神様……出生地の守り神。死ぬまで変わらない。家族でも出生地が違えば異なる。

まとめ

ちょっとしたことですが、少し知っているだけでも、いざというときの話題になります。なかなか神様の話題が出ることは多くないと思いますが、もしも今度「お宮参り」や「七五三」などの話題が出ることがあったら、さりげなく話してみるのもいいかも知れませんね。

日本人として、知っていると面白い、ちょっとしたマメ知識でした。


関連記事

フレーム200

USJで2015ハロウィン仮装の期間は?着替えはどうする?カップルでも大丈夫?

USJのハロウィンといえば、仮装の聖地として有名! CMの影響もあり、年々ハロウィ

記事を読む

あじさい(ガラス)

神奈川県【箱根ガラスの森美術館】あじさいの開花状況と割引クーポン

神奈川県【箱根ガラスの森美術館】のあじさい庭園は、1999年に、神奈川県立平塚農業高等学校の

記事を読む

バス200

夏に行きたい【高速バスツアー】で行くおすすめスポット3選

夏になると、さまざまなレジャーが流行り出しますね!いろんなことをしたい、でもお金には制限があ

記事を読む

仮装(子供)200

ハロウィンでディズニーシーでの仮装ルール!開催期間と着替場所の案内も

ハロウィンといえば、れっきとした仮装の日☆かわいい衣装に身を包み、いろんなところで大ハシャギ

記事を読む

羊山公園200

埼玉県秩父市【羊山公園】 2015年 芝桜の見頃と見どころ、アクセス方法

3月末~4月上旬。上を見上げて、ソメイヨシノをはじめとする、美しい淡いピンクの桜を楽しんだあ

記事を読む

プレゼント

クリスマスプレゼントを30代女性に!彼氏から贈ると喜ばれる人気ランキング

クリスマスの季節がやってくると、なんだか心が浮き立ちますよね! そして、大切な彼女

記事を読む

ハロウィンパーティーの料理は全部かぼちゃ♪メインもデザートも♪

ハロウィンには、パーティーをしよう! いつしか日本にも定着していた、欧米的なイベン

記事を読む

おひなさまのイラスト

【雛人形の折り方】折り紙で作る簡単な雛人形と大人向けの上級折り紙

ひな祭りがやってきましたね♪ 雛人形と言えばやはり美しい「和」の魅力にあふれている

記事を読む

吉崎海岸200

三重県四日市市【吉崎海岸】超穴場の無料スポットで潮干狩り&キス釣り

潮干狩りの無料スポットが多い三重県ですが、実は実は、「そんなところあったのー!?」というくら

記事を読む

非常食カレー200

【防災対策の非常食ランキングベスト10】災害時でもおいしいものが食べたい!

東日本大震災を受けて、日本全国で災害への意識が高まったような気がしています。 今で

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク

スポンサードリンク

336✕280から300×600に変更中

チサンイン諏訪インター
【チサンイン諏訪インター】で快適な宿泊!長野県諏訪湖周辺でのお泊りにはおススメ☆

みなさんは、突然の出張や、プチ旅行などする機会はありますか?

ビール
お盆で帰省するときに持って行きたいお土産は?ビールのギフトセットやフルーツなど

夏ですね!あっという間にお盆が近付いてきました。 お盆になる

サプリ
ダイエットで中性脂肪を落とし、生活習慣を変えたい人に!【マルチポリフェノール】の効果について

自分の健康管理や、生活習慣の改善は、きっと人生全体にかかるテー

大人ニキビで荒れたお肌も復活!【リプロスキン】で顔のデコボコにさようなら

大人になると、お肌の悩みは増えていきます。乾燥肌、オイリー肌、

勉強
ベネッセ「進研ゼミ高校講座」無料の資料請求をしてみた「15歳の子のママ」感想

正直、子どもの教育については、いつまでたっても悩みは尽きません

→もっと見る

PAGE TOP ↑