*

氏神様とは?意味と由来と産土神様との違いについて

公開日: : ★季節の行事, 七五三


神社

赤ちゃんが誕生したときの「お宮参り」や、お引越しをしたばかりのときなど、「その土地の氏神様にご挨拶に行きなさい」と言われたことはありませんか?

よく耳にする「氏神様」という言葉ですが、実は厳密にいうと「その土地の神様」のことを言うワケではないのです。

その土地の神様は「産土(うぶすな)神様」と言うんですよ。今日は、こうした神様にまつわるちょっと面白いお話しをしようと思います。

スポンサードリンク

氏神様ってなんだろう?

まるで、「その土地の神様」のように言われている氏神様。でも、実はこの字のとおり、もともとは

「氏」=「氏族」=「血縁関係の一族」

がまつられている神様のことを言っていました。

なので、もともと「氏神様」とは、その氏族の守り神のことをさしていたのです。

結婚で氏(苗字・名字)が変われば変わりますし、同じ地域に住んでいる人でも、氏(苗字・名字)が違えば違います。それぞれの家系に、それぞれの氏神様がいたんですね。

一族の守り神

産土(うぶすな)神様って聞いたことある?

突然ですが、「産土(うぶすな)神様」という言葉を聞いたことはありますか?

あまり知られていないかも知れませんが、「産土(うぶすな)神様」とは、あなたが生まれたときの出生地の守り神であり、産まれてから死ぬまでのあいだ、一生を通じて変わることのない、あなたを守ってくださる神様のことです。

なので、たとえ家族であっても、それぞれの出生地が違えば、それぞれの「産土(うぶすな)神様」は違います。

産土神様のイラスト

人の一生を見守ってくださるのは、その人の出生地の守り神である「産土(うぶすな)神様」とされていますので、本来であれば、「お宮参り」も「七五三」も、生まれた土地にある「産土(うぶすな)神様」のところにお参りにいくのが正式な姿となります。

もしも引越しなどをしていて、生まれ育った土地に戻るのが大変な場合は、自分が住んでいる土地にある、「産土(うぶすな)神様」と同系の神様がまつられている神社にいくのもいいですね。

スポンサードリンク

氏神様と産土神様は混同されている

今みてきたように、本来の意味は


  • 氏神様・・・氏族(一族)の守り神

  • 産土神様・・・その土地の守り神・そこで誕生した人の、一生の守護神となる

ですが、現在では、このように明確な分かれ方をしておらず、氏神様もまるで「地域の神様」のように思われていますよね。

特に「その土地の氏神様にあいさつに行きなさい」とか「この地の氏神様に参らないと」と言ったりする場合には、完全に「その土地の神様=氏神様」と思っているケースですね。

このように、言葉がもつ意味が変化していったのには、歴史的な背景があります。

古代日本では血縁関係を大切にしていた

日本では、古代においては、氏(うじ)による繋がりが強く、血縁関係をもった者同士が集まって活動する場面が多くありました。

そのため、神様をおまつりするときも、氏族がまつった神を「氏神様」と呼び、そして、その氏族の構成員を「氏子(うじこ)」と呼んでいました。

中世日本では血縁社会から地縁社会へ

もともと血族を重視してきた日本でしたが、時代の変化とともに、「同じ地域に住んでいる者同士」という繋がりが重視されるようになりました。

そのような流れの中で、その土地の神様である「産土(うぶすな)神様」を「氏神様」としてまつるようになっていきました。

この時代から、だんだんと「氏神様」「産土(うぶすな)神様」の違いが曖昧になっていったのです。

神社

結局のところ、どうしたらいいの?

「氏神様」「産土神様」それぞれの話を紐解いてきましたが、個人的には、マメ知識として知っておいたらいいくらいに思っています。

地域の神様のことを氏神様と言っても問題ないですし、産土神様がどの神様なのかを把握している人も決して多くはないでしょう。

厳密に言うと、そうした違いがあるということだけ知っておいたらよいのではないでしょうか。

もう一度まとめておきますね。

  • 氏神様……氏族(一族)の守り神。結婚などで氏が変われば変わる。家族なら同じ。

  • 産土神様……出生地の守り神。死ぬまで変わらない。家族でも出生地が違えば異なる。

まとめ

ちょっとしたことですが、少し知っているだけでも、いざというときの話題になります。なかなか神様の話題が出ることは多くないと思いますが、もしも今度「お宮参り」や「七五三」などの話題が出ることがあったら、さりげなく話してみるのもいいかも知れませんね。

日本人として、知っていると面白い、ちょっとしたマメ知識でした。

Author Profile

あんちゃん
季節ごとのイベントを中心に記事にしています。

他にも子育てや、育児と仕事との両立に関してなどを執筆していきたいと考えています。

よろしくお願いします(^^)/

関連記事

イースター(復活祭)ってなに?2015年はいつ?由来と意味。

イースター(復活祭)ってなんだろう? 私が初めて「イースター」という言葉を聞いたのは

記事を読む

あじさい(みちのく)200

岩手県一関市【みちのくあじさいまつり】詳細と歴史・カートについて

岩手県一関市にある【みちのくあじさい園】では、毎年6月下旬~7月末にかけて、美しいあじさいが

記事を読む

七五三の洋装

七五三の衣装を洋装に。お宮参りと記念撮影用の違いは?

七五三の季節がやってきました♪ もう衣装は決まりましたか? 七五三の衣装

記事を読む

浜離宮200

【浜離宮恩賜庭園】 2015年 桜の開花予想とアクセス方法

徳川将軍家ゆかりの庭園である【浜離宮恩賜庭園】。江戸時代の代表的な大名庭園です。

記事を読む

七五三は数え年か満年齢か?

【七五三の歴史と由来】なぜ三歳五歳七歳なのか?満年齢か数え歳か

自宅には、小さな頃の自分が、七五三で晴れ着姿で千歳飴をぶら下げた写真が残っている人が多いと思

記事を読む

内祝

入学祝の内祝いって…?お返しののしの書き方。小学校編

3月、まだ肌寒い日が続きますが 桜もちらほら咲き出して・・・。 春には、

記事を読む

梅雨入り間近!対策してる?傘・防水グッズ等、アイテム集☆【女性編】

毎日毎日、雨ばかり! こんな毎日、もうイヤだー! そうは言っても、 避けられな

記事を読む

王滝渓谷200

愛知県豊田市【王滝渓谷】で手ぶらバーベキュー&ハイキング&川遊び

愛知県豊田市にある【王滝渓谷】は、豊田市王滝町内の、巴川の支流・仁王川沿いにあるとても美しい

記事を読む

五主海岸200

三重県松坂市【五主海岸】穴場スポットで潮干狩り!あさり、マテ貝、バカ貝

潮干狩りに最適なシーズンがやってきましたね。 穴場的な潮干狩り場が多く、遠浅の海岸

記事を読む

防災の日200

【防災の日】由来と歴史。気になる防災グッズセットの中身は?

毎年、9月1日になると、防災の日という事で、各地で災害に備えて訓練が行われますね。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク

スポンサードリンク

336✕280から300×600に変更中

高級和菓子の梅菓匠を20粒1万円越えのスイーツとして紹介している画像
高級和菓子【梅菓匠】20粒1万円越えのスイーツ

梅干し生まれの高級和風スイーツ「梅菓匠」。 大粒の豊

世界一キモイフルーツと言われるツノメロン「和名ツノニガウリ」を紹介するための画像
罰ゲームに最適なフルーツ【ツノメロン】和名「ツノニガウリ」

これは罰ゲームに最適! そんなフルーツ「ツノメロン」

養老渓谷の紅葉は日帰りでも楽しめるの?見どころは?

養老渓谷の紅葉に関するページです。 日帰りでも行けるもの

子供が喜ぶお菓子の詰め合わせのプレゼントの画像
子供が喜ぶプレゼント【お菓子の詰め合わせ編】

子供が喜ぶプレゼント。 今回はお菓子の詰め合わせで大

マツダのリコールのイメージイラスト
マツダがリコールした車種の型式は?理由はなに?【2017年2月9日 発表】

2月9日、マツダが4車種のリコールを発表しました。 計24万

→もっと見る

  • 【広告】
PAGE TOP ↑