*

氏神様とは?意味と由来と産土神様との違いについて

公開日: : ★季節の行事, 七五三


神社

赤ちゃんが誕生したときの「お宮参り」や、お引越しをしたばかりのときなど、「その土地の氏神様にご挨拶に行きなさい」と言われたことはありませんか?

よく耳にする「氏神様」という言葉ですが、実は厳密にいうと「その土地の神様」のことを言うワケではないのです。

その土地の神様は「産土(うぶすな)神様」と言うんですよ。今日は、こうした神様にまつわるちょっと面白いお話しをしようと思います。

スポンサードリンク

氏神様ってなんだろう?

まるで、「その土地の神様」のように言われている氏神様。でも、実はこの字のとおり、もともとは

「氏」=「氏族」=「血縁関係の一族」

がまつられている神様のことを言っていました。

なので、もともと「氏神様」とは、その氏族の守り神のことをさしていたのです。

結婚で氏(苗字・名字)が変われば変わりますし、同じ地域に住んでいる人でも、氏(苗字・名字)が違えば違います。それぞれの家系に、それぞれの氏神様がいたんですね。

一族の守り神

産土(うぶすな)神様って聞いたことある?

突然ですが、「産土(うぶすな)神様」という言葉を聞いたことはありますか?

あまり知られていないかも知れませんが、「産土(うぶすな)神様」とは、あなたが生まれたときの出生地の守り神であり、産まれてから死ぬまでのあいだ、一生を通じて変わることのない、あなたを守ってくださる神様のことです。

なので、たとえ家族であっても、それぞれの出生地が違えば、それぞれの「産土(うぶすな)神様」は違います。

産土神様のイラスト

人の一生を見守ってくださるのは、その人の出生地の守り神である「産土(うぶすな)神様」とされていますので、本来であれば、「お宮参り」も「七五三」も、生まれた土地にある「産土(うぶすな)神様」のところにお参りにいくのが正式な姿となります。

もしも引越しなどをしていて、生まれ育った土地に戻るのが大変な場合は、自分が住んでいる土地にある、「産土(うぶすな)神様」と同系の神様がまつられている神社にいくのもいいですね。

スポンサードリンク

氏神様と産土神様は混同されている

今みてきたように、本来の意味は


  • 氏神様・・・氏族(一族)の守り神

  • 産土神様・・・その土地の守り神・そこで誕生した人の、一生の守護神となる

ですが、現在では、このように明確な分かれ方をしておらず、氏神様もまるで「地域の神様」のように思われていますよね。

特に「その土地の氏神様にあいさつに行きなさい」とか「この地の氏神様に参らないと」と言ったりする場合には、完全に「その土地の神様=氏神様」と思っているケースですね。

このように、言葉がもつ意味が変化していったのには、歴史的な背景があります。

古代日本では血縁関係を大切にしていた

日本では、古代においては、氏(うじ)による繋がりが強く、血縁関係をもった者同士が集まって活動する場面が多くありました。

そのため、神様をおまつりするときも、氏族がまつった神を「氏神様」と呼び、そして、その氏族の構成員を「氏子(うじこ)」と呼んでいました。

中世日本では血縁社会から地縁社会へ

もともと血族を重視してきた日本でしたが、時代の変化とともに、「同じ地域に住んでいる者同士」という繋がりが重視されるようになりました。

そのような流れの中で、その土地の神様である「産土(うぶすな)神様」を「氏神様」としてまつるようになっていきました。

この時代から、だんだんと「氏神様」「産土(うぶすな)神様」の違いが曖昧になっていったのです。

神社

結局のところ、どうしたらいいの?

「氏神様」「産土神様」それぞれの話を紐解いてきましたが、個人的には、マメ知識として知っておいたらいいくらいに思っています。

地域の神様のことを氏神様と言っても問題ないですし、産土神様がどの神様なのかを把握している人も決して多くはないでしょう。

厳密に言うと、そうした違いがあるということだけ知っておいたらよいのではないでしょうか。

もう一度まとめておきますね。

  • 氏神様……氏族(一族)の守り神。結婚などで氏が変われば変わる。家族なら同じ。

  • 産土神様……出生地の守り神。死ぬまで変わらない。家族でも出生地が違えば異なる。

まとめ

ちょっとしたことですが、少し知っているだけでも、いざというときの話題になります。なかなか神様の話題が出ることは多くないと思いますが、もしも今度「お宮参り」や「七五三」などの話題が出ることがあったら、さりげなく話してみるのもいいかも知れませんね。

日本人として、知っていると面白い、ちょっとしたマメ知識でした。

Author Profile

あんちゃん
季節ごとのイベントを中心に記事にしています。

他にも子育てや、育児と仕事との両立に関してなどを執筆していきたいと考えています。

よろしくお願いします(^^)/

関連記事

千歳あめ200

七五三の千歳あめの由来。どこで買う?その方法と配る時のポイント

七五三といえば、千歳あめですね。 その名のとおり、「千歳まで生きる」ことを願っての

記事を読む

恵比寿海岸200

愛知県西尾市【恵比寿海水浴場】ロングビーチで泳ぐハワイアンな海岸

暑い夏がやってきます! 夏といえば、海水浴!家族で行くのも、友人と行くのも、楽しい

記事を読む

明治村200

愛知県【博物館明治村】 宵の明治村で、浴衣で「花火競演」

愛知県犬山市にある【博物館 明治村】。 ここは、園内に明治時代の建物や、当時のグル

記事を読む

ハロウィンメイク

【ハロウィンのメイク動画】ゾンビにガイコツ。使う化粧品は100均!?

ハロウィンといえば、なんといっても仮装とメイク! 本格的な仮装に合わせるのなら、そ

記事を読む

千葉県茂原市【服部農園 あじさい屋敷】開花状況と一面のあじさい

あじさいの美しい季節がやってきました。 とても印象的な名前の【あじさい屋敷】ですが

記事を読む

和歌山県田辺市【紀南観光ブドウ園】真心こめたぶどう狩り!

だんだんと暑くなり、ぶどうがおいしい季節がやってきました。 毎年、この時期になると

記事を読む

マル京果園200

愛知県岡崎市【駒立ぶどう狩り】マル京果園で食べ放題!ハイジの森で大はしゃぎ

愛知県岡崎市で【駒立ぶどう狩り】といえば、約7つのぶどう園が集合した、ぶどう狩りのメッカ!

記事を読む

ハロウィン-コスプレ20

ハロウィンに幼稚園で仮装する女の子 かわいい?カッコイイ?どっちが人気?

ハロウィンイベントは、大人のみならず子供たちの行事にも随分と定着してきています。

記事を読む

木更津・三重200

千葉県船橋市【ふなばし三番瀬海浜公園】で潮干狩り!バーベキューや渡り鳥も

潮干狩りに最適な季節がやってきましたね! 千葉県といえば、有名な潮干狩り場がたくさんあ

記事を読む

七五三と喪中

七五三が喪中と重なったらお参りはどうする?四十九日を過ぎたら大丈夫?

子供たちの健やかな成長、嬉しいですね。 11月に、初めての七五三を迎える予定のお子

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク

スポンサードリンク

336✕280から300×600に変更中

勉強
進研ゼミ小学講座「チャレンジ5年生」無料の資料請求をしてみての感想

子どもの教育・・・。言葉ではよく聞きますが、実際のところ、どん

【らっきょうの漬け方】酢の効能で血圧やダイエットにも☆

らっきょうといえば、5月~7月頃が旬。もっとも出荷量が多くなる

久津間海岸200
福岡県福岡市【雁ノ巣海岸】無料穴場スポットで潮干狩り!あさり、マテ貝

春~夏といえば、潮干狩りのシーズンです!4月になり、桜の花が散

唇の乾燥や痛みに!はちみつ効果でプルプルになる無添加コスメ☆【リップビジュー】

唇は、顔の中でも、結構印象に残りやすい場所。でも、意外と乾燥し

木更津・三重200
千葉県船橋市【ふなばし三番瀬海浜公園】で潮干狩り!バーベキューや渡り鳥も

潮干狩りに最適な季節がやってきましたね! 千葉県といえば

→もっと見る

PAGE TOP ↑