*

2017年の【土用の丑】の日はいつ?うなぎを食べる意味と理由

公開日: : 最終更新日:2017/04/27 ★季節の行事, ★生活の中のマメ知識 , , ,


土用の丑の日は今年はいつなのかを紹介する画像

毎年、土用の丑の日になると、うなぎのかば焼きが店頭に並びます。うなぎ屋さんにとっては、一年で一番忙しい時ですね。

では、なぜその日にうなぎを食べるようになったのか?その意味や理由を知っている人はあまり多くはありません。

そこで、今年の「土用の丑の日」と、うなぎを食べる意味と理由について調べてみました。

スポンサードリンク

2017年の「土用の丑の日」はいつ?

2017年は「土用の丑の日」がなんと2日間あります!

年に1日しかない日だと思っていたので、これはかなり興味深い情報でした。そこで、なぜ「土用の丑の日」が2日間あるのかということも調べてみたので、あわせてお話ししていきます。

まず、結論としては、2017年の「土用の丑の日」は7月25日8月6日です。

<2017年 土用の丑の日>
  • 7月25日(火)

  • 8月6日(日)

土用と立秋

続けて、なぜ今年は「土用の丑の日」が2日間あるのかを知るために、「土用の丑の日」と言う言葉について調べてみたので、そちらもご紹介します。うなぎを食べながら、ちょっとした豆知識を披露するのにもってこいの情報です☆

まず、土用とは、四立(立春、立夏、立秋、立冬)の前、約18日間のことを指します。詳しく見てみると以下のようになります。

  • 立春(2/3か4か5)の前約18日間:1月17日~2月3日頃

  • 立夏(5/4か5か6)の前約18日間:4月17日~5月4日頃

  • 立秋(8/6か7か8)の前約18日間:7月20日~8月6日頃

  • 立冬(11/6か7か8)の前約18日間:10月20日~11月6日頃

この中で「土用の丑の日」に当たるのは、立秋(8月6日か7日か8日)の18日間だけです。

土用と言うのは、五行で定められた暦で、木行・火行・土行・金行・水行の事で、土行は季節の変わり目となっていて、季節の象徴なのです。

丑の日と十二支

「丑の日」とは、十二支の丑のことです。十二支は年を数えるときに使われるだけではなく、方角や月、日にちを数えるのにも使われます。

18日間の土用期間のうち、12日周期で割り当てられている十二支が「丑の日」が「土用の丑の日」なのです。

十二支がかわいい写真

つまり、立秋前、夏の「土用の丑の日」は、18/12(12分の18)で、平均1.5回あるので、一年に2回「土用の丑の日」が来る年があることになります。

そんな理由があり、今年の夏の「土用の丑の日」は7月25日と8月6日の2日間となっているわけですね。

2016年は「土用の丑の日」が一回しかありませんでしたが、2017年は2回あります。2回のチャンスをいかして、おいしいうなぎをいただきましょう♪

「土用の丑の日」にうなぎを食べる意味と理由

夏にうなぎを食べるのは、一年で一番暑い時期を、バテないで乗り切ろうとの考えから食べられるようになったとされる説が、かなり信憑性が高いものとなっています。

なぜなら、このような習慣は古くからあって、万葉集にうなぎを食べる句が詠まれているからです。土用の丑の日にうなぎを食べる習慣は1700年ごろからあったようです。

土用しじみ・土用もち・土用卵などの言葉が残っています。ですから、昔から暑い時期に栄養価の高いものを食べる習慣があったのです。

うなぎ屋の悩みと丑の日

うなぎと言うと、平賀源内の話が有名です。商売がうまく行かないうなぎ屋が、源内に、夏に売れないうなぎを何とか売りたいと、相談にいったところ、「本日 土用の丑の日」と書いて店先に貼るように勧められ、うなぎ屋は早速貼り紙をしました。

すると、そのうなぎ屋は大繁盛したということです。他のうなぎ屋も真似をして店先に「土用の丑の日」の貼り紙をするようになり、「土用の丑の日」にうなぎを食べる習慣が定着していったということです。

鰻屋さんの写真

丑の日は「う」のつく食べ物の習慣

でも、どうして貼り紙をしただけで繁盛したのでしょうか?

それは、昔から丑の日に、「う」のつくものを食べると夏の暑さに負けないと言う風習があったからだと言われています。うなぎ以外にも、瓜、梅干し、うどん、うさぎ、馬、牛などを食べるとよいと言われていたようです。

丑の日に「う」のつくものを食べるとよいと言う風習があったので、今日は「丑の日」なのでうなぎを食べませんか、という意味で貼り紙をしたので繁盛したのです。

土用の丑の日 まとめ

このところ、「酷暑」「猛暑」などの言葉が当てはまるような夏が続いています。滋養がつくうなぎを食べて、息苦しいほど暑い夏を元気いっぱいで乗り切りたいですね!

少し価格が高いのが難点ですが、一年に一度の散財だと割り切って、自分への投資の一つとして、美味しくて栄養満点のうなぎを食べましょう♪

この記事を読んだ人は、コチラの記事も読んでいます。

Author Profile

あんちゃん
季節ごとのイベントを中心に記事にしています。

他にも子育てや、育児と仕事との両立に関してなどを執筆していきたいと考えています。

よろしくお願いします(^^)/

関連記事

ハロウィンの飾りつけの定番といえば?かぼちゃおばけシリーズ

ハロウィン飾りといえば、どんなものが思い浮かびますか? かぼちゃのおばけに、白いお

記事を読む

子どもの日は菖蒲湯に入ろう!菖蒲の由来、効能、意味と入り方。

5月5日の 子どもの日。 よろいかぶと・柏餅・ちまき・鯉のぼり・・・ いろんなアイテムがあり

記事を読む

潮干狩りポイント!200

愛知県西尾市 【衣崎海岸】日本一のあさりの漁獲量!おすすめの人気潮干狩りスポット

潮干狩りにピッタリの季節がやってきましたね。 大変残念なことに、2017年の愛知県

記事を読む

【お箸の持ち方】上手に使えるまでのポイントは「ペンとエジソン箸!」

お箸の持ち方がおかしな人を見ると、不思議とゲンナリしてしまいませんか? どんなに容

記事を読む

e24ba80cbf048b3

愛知県にある超穴場スポット【梶島:かじしま】無人島で潮干狩り!

本日ご紹介する潮干狩り場は、なんとも激レアなステキスポット! 愛知県西尾市にある【梶島

記事を読む

電気あんか

かわいい電気あんかのおすすめな使い方は?エアコンやこたつと合わせて使う。

(引用元:http://www.murauchi.com/MCJ-front-web/CoD

記事を読む

クリスマスの飾り

クリスマスツリーを飾るもの トップの星と飾りとポインセチアの意味と由来について

クリスマスツリーと言えば、大きなモミの木に、トップには大きなお星さま。そして、その他にも数々

記事を読む

おはぎぼたもち200

お彼岸料理の「おはぎ」と「ぼたもち」。意味の違いとあんこの違い

お彼岸といえば、頭に浮かぶのは「おはぎ」「ぼたもち」ですね。 この2つ、よく耳にしますが、なに

記事を読む

三光寺200

岐阜県山県市【あじさいの山寺 三光寺】開花状況とあじさい祭り

岐阜県山県市にある【あじさいの山寺 三光寺】は、350年以上の歴史をもつ、真言宗のお寺です。

記事を読む

手土産200..

お歳暮が年末ぎりぎりの遅くに届いた時はどうする?返す時期と表書き

年末になると、お歳暮を送ったり、届いたりしますね。 お歳暮は、基本的に12月20日

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク

スポンサードリンク

336✕280から300×600に変更中

勉強
進研ゼミ小学講座「チャレンジ5年生」無料の資料請求をしてみての感想

子どもの教育・・・。言葉ではよく聞きますが、実際のところ、どん

【らっきょうの漬け方】酢の効能で血圧やダイエットにも☆

らっきょうといえば、5月~7月頃が旬。もっとも出荷量が多くなる

久津間海岸200
福岡県福岡市【雁ノ巣海岸】無料穴場スポットで潮干狩り!あさり、マテ貝

春~夏といえば、潮干狩りのシーズンです!4月になり、桜の花が散

唇の乾燥や痛みに!はちみつ効果でプルプルになる無添加コスメ☆【リップビジュー】

唇は、顔の中でも、結構印象に残りやすい場所。でも、意外と乾燥し

木更津・三重200
千葉県船橋市【ふなばし三番瀬海浜公園】で潮干狩り!バーベキューや渡り鳥も

潮干狩りに最適な季節がやってきましたね! 千葉県といえば

→もっと見る

PAGE TOP ↑