*

みかんのおいしい保存方法。みずみずしく長持ちさせるには?


みかん5_600

冬の果物と言えば、なんといってもみかん!

「コタツでみかん」は、日本人の代名詞と言っていいほどの、冬の風物詩ですよね。

手軽に食べられる果物だからこそ、購入するときは大量に買うことが多いと思いますが、買ったままダンボール箱に入れて保存している人もいるのではないでしょうか?

それ、絶対にダメですよ~~~!!!!!

今日は、せっかくのみかんを少しでも長く、少しでもおいしい状態で保存するために気を付けるべきことと、理想の保存方法についてご紹介していきますね。

スポンサードリンク

みかんを箱で買った場合

みかんを箱で買うこと、よくありますよね。特に家族が多いお家や、まとめて買い物をするお家などは、箱で購入する場合が多いですよね。

まず、そんなときに気を付けることを確認していきます。

1.全体のチェック

箱みかんを買ったなら、まず1番にすべきことは、「箱の中のみかんの全チェック」です!

ダンボールの箱は、通気性が悪いので、下の方に入っているみかんは非常~~に傷みやすいです。見た目には普通でも、ちょっとさわってみると、ブニョッとした感覚のものがある場合もあります。

1つでも傷んだみかんが混じっていると、あっという間に他のものまで傷んでいってしまうので、まずは傷んだものがないか、傷みそうなものがないかを確認するところから始めましょう。

2.優先順位をつけて食べる

全体をチェックした後、少しでもやわらかくなっているものがあったら、とにかく急いで食べます。まず先に食べていくのです。

本格的に傷ませてしまう前に、なんとかして救済しましょう。

みかん2

3.通気性をよくする

まず、傷みそうなものを先に出したあとは、元気なみかんをいかに長持ちさせるか、ですよね。みかんを長持ちさせるため、まずは「通気性をアップ」させることを考えましょう。

もしも、引き続きダンボール箱に入れて保存する場合は、箱の下にくしゃくしゃに丸めた新聞紙を敷き詰めていきます。もくしくは、白いフワフワとした緩衝材を入れていきます。

そうすることで、重さや圧力などを緩和するのとともに、スキマができて空気の通りがよくなります。通気性がよく、クッションがあると、傷みにくくなりますね。

みかん箱・緩衝材

4.下向きに保存

さて、みかんには、「長持ちする向き」があるのをご存知でしたか?実は、どの方向を向いていても、同じというわけではないんですよ。

みかんは、「ヘタの方を下向きに」置いておくと、通常よりも少し長持ちします。

なので、箱に入れて保存をするときは、下に緩衝材をひいた上で、さらに「ヘタが下になるように」方向をそろえて入れていくといいですね。小さなことですが、少しでも長持ちするように意識をしていきましょう。

いざ食べようとした時に、少しでもみずみずしく、おいしそうな状態だと嬉しいですからね♪

みかん1

以上が、箱入りみかんを長持ちさせる方法でした。非常に簡単なことばかりですよね。ぜひ「騙された」と思って試してみてくださいね♪

スポンサードリンク

みかんをネットや袋で買った場合

「箱入りでは、少し多すぎるよ」という方は、ネットや袋に入ったみかんを購入されますよね。今度は、そんなときの保存方法です。

1.圧力をなくす

ネットや袋に入っているみかんは、どうしても圧迫される状態にあります。隣同士のみかんが押し合って、ギュウギュウになっていることが多いですよね。

ですので、買って来たら、まずはネットや袋から出して、圧力がかからないようにします。少しでもみかんがラクに自然体に近くなれるような状態を作り出してあげましょう。

みかん4_2

ネットや袋で販売されているものであれば、ビックリするほど大量に入っているなんてこともないでしょうから、そのまま食べられるようなカゴに乗せたりするのもいいですね。

そのまま、テーブルやコタツの上に置いておけば、冬場のおやつとして、みんなに喜ばれること間違いなしです♪

鮮度を保つために

さて、これまで見てきたように、みかんを長持ちさせるためには、とにかく「通気性をよく」して、そして「積まないこと(圧力をかけないこと)」が大事ということはわかりましたよね。

今度は、これと合わせて、みかんの鮮度が保たれるように、少しでもみずみずしい状態をキープするためにできることをご紹介します。

水気のあるもので包む!

みかんといえど、果物ですから、そのままの状態で置いておくと、皮を通して中の水分が飛んでしまい、だんだんとみずみずしさが失われていってしまいます。それを防ぐために有効なのが、「濡らしたキッチンペーパー」もしくは「濡らした新聞紙」です!

皮を通して乾燥をするのであれば、いっそ皮の方をみずみずしさいっぱいのもので包んでしまえばいいのです。

もしも、みかんをすぐに食べる予定がなく、しばらく手つかずになってしまいそうなときは、みかんを1粒1粒、濡れたキッチンペーパーか、濡れた新聞紙で包みます。そうすることで、それぞれの実から、中の水分が飛んでいって、乾燥してしまうことを避けることができます。

なお、濡れた状態でどうしていいかわからないときは、そのままの状態でポリ袋に入れましょう。濡れた紙で包んだ上に、袋に入れることで、なおさら乾燥しにくくなります。逆に傷むことがないよう、こまめにチェックしていくことも必要です。


まとめ

以上のようにすることで、みずみずしさをキープしたみかんにすることができます。初めのうちは、少々手間に感じることも多いかも知れませんが、慣れてくると、こうして新鮮さを保ったものを食べる方が嬉しく感じるようになっていきますよ。

どんなことも、簡単な工夫一つで楽しめます。みかん好きな人には、なおさらおススメします。長期に渡り、おいしいみかんを楽しむことができますように。


関連記事

しめ縄飾り

【しめなわ飾りの期間】いつからいつまで飾るのか?大晦日だけでも大丈夫?

年末が近づいて年越しの準備に追われる時期、大掃除や年賀状などに追われる日々の中、しめ縄飾りを

記事を読む

おにぎり

おにぎり?それともおにぎらず?あなたはどっち派?おにぎらず7選☆

「おにぎらず」ってなんだろう? あなたは、「おにぎらず」を知っていますか? 「おにぎ

記事を読む

ジューンブライドがなぜ6月なのかという画像

ジューンブライドの意味と由来「なぜ6月なの?」

あじさいが鮮やかに目に飛び込んでくる6月。 「幸せな結婚ができるよ」と言われる

記事を読む

出産祝い200

【出産祝いのプレゼント】もらって本当に嬉しいものって?経験談より

お友達の赤ちゃん誕生!嬉しいですよね。 出産の報告がくると、「わぁっ!おめでとう」

記事を読む

紅葉

永観堂から哲学の道を歩いて「銀閣寺道」のバス停まで紅葉を満喫

秋の京都は、紅葉の名所。どこもかしこも、美しい紅葉で埋め尽くされますね。 非常に多

記事を読む

イースター(復活祭)ってなに?2015年はいつ?由来と意味。

イースター(復活祭)ってなんだろう? 私が初めて「イースター」という言葉を聞いたのは

記事を読む

名古屋の早咲き桜の大寒桜と寒緋桜を紹介するイメージ画像

名古屋の早咲き桜が咲きました!種類は大寒桜と寒緋桜【2017】動画付

春ですね! 三寒四温で、気温はまた冷え込んできていますが、「開花宣言」も出され、桜

記事を読む

蓮200

【4月8日花祭り】お釈迦様のお誕生日。甘茶をかけて祝いましょう

4月8日は【花祭り】と言われています。 この時期に「花祭り」と言うと、まるでお花見

記事を読む

静岡県伊豆のみかん狩りは「体験する観光農園」の【丸鉄園】がおすすめ

秋冬の家族サービスでは、どんな場所に遊びに行くか、計画は立っていますか? 実は、冬場の

記事を読む

潮干狩り200

愛知県で人気の潮干狩りスポット【美浜・西尾・南知多・蒲郡】のおすすめは?

みなさん、こんにちは☆ 暖かい日差しが続いていますが、みなさまのお住まいの地域はいかがでし

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク

スポンサードリンク

336✕280から300×600に変更中

チサンイン諏訪インター
【チサンイン諏訪インター】で快適な宿泊!長野県諏訪湖周辺でのお泊りにはおススメ☆

みなさんは、突然の出張や、プチ旅行などする機会はありますか?

ビール
お盆で帰省するときに持って行きたいお土産は?ビールのギフトセットやフルーツなど

夏ですね!あっという間にお盆が近付いてきました。 お盆になる

サプリ
ダイエットで中性脂肪を落とし、生活習慣を変えたい人に!【マルチポリフェノール】の効果について

自分の健康管理や、生活習慣の改善は、きっと人生全体にかかるテー

大人ニキビで荒れたお肌も復活!【リプロスキン】で顔のデコボコにさようなら

大人になると、お肌の悩みは増えていきます。乾燥肌、オイリー肌、

勉強
ベネッセ「進研ゼミ高校講座」無料の資料請求をしてみた「15歳の子のママ」感想

正直、子どもの教育については、いつまでたっても悩みは尽きません

→もっと見る

PAGE TOP ↑