三寒四温てどんな意味?いつのこと?春なの冬なの?

スポンサーリンク  

立春を過ぎ、だんだんと日も長くなってきました。

ちょっとあったかい日が来たな~と思ってウキウキしてると

今度は信じられないくらい寒い日が!

 

「わぁ~、あったかい」と嬉しくなる日と(*^_^*)

「なにこれ、超寒いんだけど!」となる日。

これが交互にくるくらいの季節になると、よく耳にする言葉。

「三寒四温(さんかんしおん)」

 

でも、これって、実は「冬」の季語だって知ってましたか?

今日は、

・「三寒四温」てどんな意味?

・「三寒四温」ていつの季節をさすの?

についてお届けしたいと思います☆

 

スポンサーリンク

「三寒四温」てどんな意味?

三寒四温(さんかんしおん)とは、その字のとおり

寒い日が3日ほど続くと、そのあと4日ほど温暖な日が続き、

また寒くなるというように7日周期で寒暖が繰り返される現象

のことをいいます。

冬のシベリア高気圧からの

吹き出す寒気が7日間ぐらいの周期で

強くなったり弱くなったりすることに

由来していると言われており、

それが後に日本に伝わった、とされています。

map-spring

なので「三寒四温」とは

3日間の寒い日と、4日間の暖かい日が続き、

寒暖が繰り返される現象のことをいいます。

 

「三寒四温」ていつの季節をさすの?

梅の花 (1)
さて、意味がわかったのはいいのですが、

ポイントはここ! 「いつの季節をさすか?」です。

 

最近では、春先のだんだんと暖かくなっていく時期をさして

「三寒四温」ということが多いようですが、

実は、この言葉は 「冬」の季語!

「えぇ~~~~っ!!!冬なの!?」と思いませんか?

私は、今回調べながら、激しく度胆を抜かれましたよ。笑

なんと、三寒四温とは

晩秋~春先にかけての

寒暖を繰り返す季節のことを指していたのです!!!

 

fuyu_044

 

今は春先に使う言葉として定着していますが、

実際には、冬の寒い日でも

 

寒い日が3日ほど続き、そのあと4日ほど温暖な日が続いたら、

「三寒四温」と言ってしまいましょう☆笑

 

 

なお、季語として「冬」になっていますので

1月、2月に使うのが一番いいと考えられます。

手紙のあいさつ文も2月に手紙の結びの言葉などに使用します。

 
● 三寒四温の候、● 三寒四温とか言われる季節、● 三寒四温の時節柄、体調をくずされることなく、
春をお迎えください。● 三寒四温と申しますが、
ようやく春めいてきたように感じられる今日この頃、
お健やかにお過ごしのことと存じます。

● 三寒四温のうちに、季節は冬から春へと移りつつあるようです。

季節にまつわる言葉を

自由に使いこなせている人

きちんと理解して使っている人は

それだけで教養あふれて見えますよね。

これからも、少しずつでも

いろいろな「日本の言葉」大切にしていきたいと

改めて思う次第です。

 

よかったら、こちらと合わせて学んでみませんか?笑

 

↓   ↓



 

スポンサーリンク

関連記事

七五三のお参りに親が持って行くと便利なアイテム!子供がイヤがらず笑顔でいられるよ...

マル京果園200

愛知県岡崎市【駒立ぶどう狩り】マル京果園で食べ放題!ハイジの森で大はしゃぎ

国営昭和記念公園の桜01

【東京の桜の穴場】電車でも車でも行けるお花見スポット「国営昭和記念公園」

五主海岸200

三重県松坂市【五主海岸】穴場スポットで潮干狩り!あさり、マテ貝、バカ貝

新舞子200

愛知県知多市【新舞子】穴場の無料スポットで潮干狩り!あさり、バカ貝

神社

七五三のお参りは神社かお寺か。熨斗(のし)袋の表書きについても