【おひるねアート】相場や自分で撮影するときのポイントは?

スポンサーリンク  

おひるねアート

おひるねアートについてのページです。

おひるねアートの料金の相場と、自分で撮影するときのポイントについてご紹介していきます。

おひるねアートを撮影するときの料金の相場は?

おひるねアートの金額についてですが、1アートの相場は2,000円~4,000円といったところです。

しかし、この金額の差には4,000円で一通り衣装などがセットになっている場合や、2,000円でオプションを付ける必要がある場合など様々になっているので、気になった会場を見つけた時は「何がついていくらなのか」をチェックすると良いでしょう。

スポンサーリンク

お値打ちなのはどっち?

グッズは一通り用意できて、撮影だけ本格的に撮りたいということであれば、貸し出しのセットなどは必要ありませんし、全てお任せしたいということであれば、衣装の貸し出しやアイテムまでセットになっている会場の方がお値打ちということもあります。

希望に合った会場を選んでお得に撮影できるように工夫しましょう。

子供服

おひるねアートを自分で撮影するときのポイントは?

おひるねアートを自宅で撮影したい!

そんな時のポイントをいくつかご紹介します。とくに大きなポイントはこちら。

  • 背景の色が重要

  • 赤ちゃんの向きが重要

  • 羽をつけるとかなりかわいい♪

まず最重要ともいえるポイントは背景です。

おひるねアートにお勧めの背景とは?

背景になるのは赤ちゃんが眠っている布団やマットですね。

その布団がガチャガチャした柄物の場合、撮影した時に柄が気になってしまって、赤ちゃんの可愛さを最大限に発揮しづらい状態になってしまいます。

背景に選ぶいろはシンプルな白や、色が薄めのピンクや水色など、赤ちゃんを主役にして引き立ててくれるような色を選ぶと良いでしょう。

スポンサーリンク

おひるねアートと赤ちゃんの向きの関係は?

おひるねアートの撮影をするときのポイントとして赤ちゃんの向きも大切です。

あお向けやうつ伏せ、そして横向きで眠る赤ちゃん。

どの姿もかわいいのですが、例えばチョウチョなどの羽の生えたアートにしたい場合はあお向けと横向きがお勧めになります。

うつ伏せの場合は背中が見えてしまうので、羽の付け根をキレイに魅せることが大変になります。

そんな感じで「どんなアートにしたいのか」によって赤ちゃんの向きが重要になって来るのです。

おひるねアートを撮影したい まとめ

まずは失敗前提でお昼寝アートにチャレンジしてみましょう。

上手く撮れても失敗しても、とても素敵な思い出になりますよ。まずはお昼寝アート用に衣装を一つ手に入れることから始めましょう。

この記事を読んだ人は、コチラの記事も読んでいます。

スポンサーリンク

関連記事

桜200

東京都23区内・区外の桜、穴場の人気お花見スポット!【厳選7選】

羊山公園200

埼玉県秩父市【羊山公園】 2015年 芝桜の見頃と見どころ、アクセス方法

いちごジャム

【おいしいいちごジャムの簡単レシピ】酸っぱいいちごの救済法☆

おばけかぼちゃ200

ハロウィンにはかぼちゃ!山形県東根市【おばけかぼちゃコンテスト】

愛知県犬山市【犬山キャンプ場】の水上デッキでバーベキュー&ティピーでキャンプ

三重県桑名市【多度峡天然プール】で川遊びと多度大社参り