ヨーロッパ旅行に持って行くと助かる3つの持ち物とは?「乾燥、足の疲れ、寒さ対策」

スポンサーリンク  

ヨーロッパ旅行の画像

「行ってみたい国ランキング」で常にトップ3に入るフランス。

パリの街並みはとてもおしゃれですし、有名ブランドの本店があるため女性の憧れの街かもしれません。

パリを離れると、一転して自然が豊かな街も多く、魚介類が美味しく食べられるのも魅力の一つです。

さて、そこでフランスを訪れる際に、持って行くと便利なものをご紹介します。

スポンサーリンク

ヨーロッパ旅行の乾燥対策に持って行くと便利なものは?

フランスは湿気が少なく乾燥した地域です。ホテル内でもとても乾燥しますので「クリップ付き洗濯ハンガー」があると便利です。

なぜかというと、濡れたタオルを干しておけば加湿器がわりになりますし、部屋干しもできて荷物の削減にもなります。

夜洗濯しておけば、朝にはビッックリするくらいカラッカラに乾いています。(それだけ乾燥地帯ということです)

クリップ付きハンガーの画像

高級ホテルでもない限り加湿器はないと思いますので、ぜひ。

100均のもは大き目ですが、小さめのものでよければ300円ショップ等に売ってあるので、それがかさばらずオススメです。

スポンサーリンク

ヨーロッパ旅行で足が疲れないために持って行くと便利なものは?

パリを訪れるなら、スニーカーやヒールがないブーツが鉄則です。間違ってもヒール靴で行かないでください!

歩道が石畳のため、ガタガタしてとても歩けません。絶対足をくじきます。(現地の人は、唯一スーツを着た女性がローヒールパンプスを履いていました)

普通の歩道と違って、非常に疲れやすいです。

ホテルに戻ると足がパンパンになっているので、「圧着ソックス」「足爽快シート」をつけて寝ると、翌朝スッキリします。

むくんだ足をベッドですっきり休ませる画像

これをするのとしないのとでは、全然違います!足が動かないと行動範囲にも影響が出て、せっかくの旅行が満喫出来ません。ぜひ持参してくださいね。

ヨーロッパ旅行に持っていくと良い飲み物と薬は?

ヨーロッパ旅行で寒さ対策に持って行くと便利なものは?

フランスは北海道よりも緯度が上のため、日本から行くと結構肌寒く感じます。

私は5月中旬に行ったことがあるのですが、ジャケットとくるぶし丈のデニム、バレエシューズだけの軽装でものすごく寒い思いをしました。

念のためヒートテックとストールを持って行ったのでなんとかしのげましたが、朝は気温5度で、現地の人はコートにブーツ。相当浮きました(笑)

この経験から、季節を問わず荷物にならない「薄手の防寒グッズ」を持って行くといいと思います。

寒さ対策グッズの画像

ストッキングストールヒートテックは重宝すると思いますよ。夜洗濯すれば朝には乾いているので、一枚持っていれば大丈夫でしょう。

朝と夜の気温が低いので、ホテル内で羽織るカーディガンもあるといいかもしれません。

まとめ

いかがでしたか?普段の旅行にも役立つものをご紹介していますが、これらは「本当に持っていてよかった!!」と心底実感したものたちです。(なんとなく持って行ったものだったので)

日本に暮らしていると当たり前のものも、海外に出るとありがたみを感じます。日本の商品って素晴らしい!

下の動画はパリ旅行を計画している人のための「5つのヒント」が紹介されています。参考に見てみてくださいね。


スポンサーリンク

関連記事

彫刻の森美術館の足湯のイメージ画像

彫刻の森美術館の足湯【神奈川県足柄下郡】

築地本願寺へアクセスのイメージ画像

【築地本願寺へ地下鉄でアクセス】築地駅と新富町駅と東銀座駅から。

モンサンミッシェル全体の画像

憧れのモンサンミッシェル!昼と夜はどちらがお勧め?ホテルは対岸と島内が良いの?「...

メキシコでおすすめの空港と周辺のホテルは?空港で注意することはある?

メキシコの気候をイメージしたイラスト

メキシコの気候は過ごしやすいの?湿度はどのくらい?服装選びのポイントは?

メキシコの危険スポットと女性のイメージイラスト

メキシコの観光地で危険だと感じるスポットは?歩道橋が危険って本当!?