七五三の衣装を和装に。お宮参りと記念撮影用の違いは?

スポンサーリンク  

七五三の和装

七五三の季節をむかえましたね♪

誕生日やクリスマスなどの毎年行われるイベントと違って、七五三は限られた時にしか行えない貴重な行事です。

貴重な行事だからこそ、いったいどんな風にお祝いするとベストなのか迷ってしまいますよね。

このページでは七五三の衣装を和装にしたいと考えている人にとってのアドバイスを載せているので、和装にすると決めている人、あるいは和装にしようか洋装にしようか迷っている人に見て頂けたらと思います。

主な内容としては・・・

  • 七五三の衣装を和装にする

  • 七五三の衣装とお宮参り

  • 七五三の衣装と記念撮影用

という3つのポイントについてまとめています。

和装の活用方法の一例として参考になればと思います。

スポンサーリンク

七五三の衣装を和装にする

まずは七五三の衣装を和装にしたい時のポイントから紹介していきます。

和装と洋装で大きな違いは何かというと、お子さんにとっての負担の差ではないでしょうか。

例えば洋装であれば着る時の手間もさほどなく、さらに着た後もどちらかというと軽めの衣装で動きやすく、長時間でも着ていて疲れにくいということが言えます。

しかし和装の場合は着る時から時間もかかりがちで、しかも着てからの時間も重たく動きにくい傾向があります。

この違いから、お子さんにとっての負担という意味では洋装の方が少なく、和装の方が負担が大きくなると言えます。

それでも記念に和装を着るという選択は多くの方がしているので、その時だけお子さんには頑張ってもらって、和装を着ましょう。

とくに和装は年配の方が喜ぶので、おじいちゃんやおばあちゃんのためにも選んであげると良いでしょう。

スポンサーリンク

七五三の衣装をお宮参りは和装にする?

和装の衣装を選ぶ際、なにも和装だけでなければならないということではありません。

じつは多くの方たちが和装と洋装を七五三に着せているのです。

どういうことかというと、パパとママは洋装だけでいいと思っていても、おじいちゃんおばあちゃんのために和装は着せたいという思いと、かといって洋装なしではパパママが泣いてしまうという葛藤が生まれるんです。

そこで、お宮参りはこっちの衣装にして、記念撮影にこっちの衣装という感じで、シーンを変えて2パターンの衣装を着るという方法を選ぶということですね。

お宮参りは洋装がおすすめ♪

お宮参りで選ぶ衣装には洋装がおすすめです。

理由は先ほどの話しにあった通りで、洋装の方がお子さんへの負担が少なくすむという点からです。

和装はどうしてもお子さんがグズリがちになるので、待ち時間などを考えた時にお宮参りは洋装の方がおすすめとなります。

元気な兄弟

七五三の衣装は撮影用を和装にする

和装を着るシーンとしておすすめなのはスタジオアリスやスタジオマリオなどの写真館です。

お宮参りの時と違い、撮影館では楽しい雰囲気がいっぱいでグズリにくいですし、グズっていたとしても撮影の時はスタッフの方が楽しませてくれるので笑顔で記念写真を撮れます。

大人も子供も楽なので、どうしてもお宮参りは和装でなければならないということでなければ、和装は写真館の撮影用として、その記念写真をおじいちゃんやおばあちゃんに見てもらうという形もよく選ばれるパターンとなっています。

七五三の衣装を和装に まとめ

七五三の衣装を和装にするときのポイントをまとめると・・・

  • 洋装よりもお子さんの負担になる

  • 年配の方が喜んでくれる

  • 写真館で撮影用にするのも良い

ということがわかりましたね。

当然和装でお宮参りに行き、洋装を記念撮影用の衣装にするというパターンもありなので、お子さんや家系の方針に合わせて選ぶようにしましょう。

とくに決まりがなければ和装は記念撮影用にすることをおすすめします♪

スポンサーリンク

関連記事

愛知県岡崎市【駒立ぶどう狩り】幸果園で食べ放題!ブルーベリー狩りも

養老渓谷の紅葉は日帰りでも楽しめるの?見どころは?

ナミノコ貝の写真

【鹿児島のナミノコ貝掘り】お勧めの場所や時期は?「潮干狩り」

七五三のお参りに親が持って行くと便利なアイテム!子供がイヤがらず笑顔でいられるよ...

七五三と喪中

七五三が喪中と重なったらお参りはどうする?四十九日を過ぎたら大丈夫?

吹割の滝

吹割の滝で食事を楽しむ。温泉や紅葉、周辺観光のお勧めは?