石油ファンヒーターとは?メリットデメリット と電気代を節約できる使用法は?

スポンサーリンク  

石油ファンヒーター

冬場の暖房、どうしていますか?

エアコンやこたつ、ホットカーペット、電気ストーブやパネルヒーターなどなど、最近ではさまざまな暖房器具がありますが、一体どれがいいのか迷いますよね。

そんな中で、今日は、部屋が暖まるのが早く、強力だと言われている石油ファンヒーターについて調べてみました。

スポンサーリンク

石油ファンヒーターとは?一体どんなもの?

石油ファンヒーターとは、その名のとおり、石油を使ったストーブの一種です。「ファン(送風機)」が中についているので、石油を燃やすことで起こる暖まった熱が外に強く送り出されるため、一気に部屋が暖まります。


即熱性があるので、とにかく暖まりが早いですね。

最近では、電気で熱した熱を使った「セラミックファンヒーター」やガスを使った「ガスファンヒーター」もあります。いずれも送風ファンがついているため、温まった熱が勢いをもって外に送り出されてくるのがいいですね。

スポンサーリンク

石油ファンヒーターのメリット・デメリット

石油ファンヒーターのいいところは、なんといってもその即暖性です。電源を入れた瞬間から、ボォッ!と力強く燃え出し、一気に部屋中に暖かい空気が広がります。なので、寒い日に外から帰ってきたときや、目覚めてすぐ、冷え切った体を暖めたいときには最高です。

石油を燃やして暖めるため、電気でジリジリと電圧をかけて暖めるものと比べて熱効率がいいです。


ですが、その反面、石油を燃やして暖めることによって、燃えるにおいが激しくすること、そして勢いよく吹きだすので、そのぶん部屋のほこりをふきあげる力も強くなります。

なので、小さなお子さんがいる家庭などは、空気的に少しデメリットがあるので、意識的に空気を入れ替えたり、換気をしたり、子供が息を吸う高さの空気の汚れに意識を払ってあげるとよいですね。

あと、定期的に灯油を補給する必要があるので、その手間がかかってしまいます。石油が高騰したときなどは、ちょっと辛いかも知れませんが、パッと部屋を暖めて、その後はエアコンなどに切り替えていくのも手ですね。

石油ファンヒーターの暖かさと電気代は?節約できる使用法は?

暖かさはかなりレベルが高いです。灯油を燃やすので、電気だけで温めるタイプの暖房器具と比べて、とても効率がよく、一気に暖まるのが嬉しいです。

灯油を燃やすことで発生する熱をメインに使うので、電気代はそれほどかかりません。

ただ、暖かい空気が一気に上にがっていってしまう傾向があるので、まず石油ファンヒーターで下側から温めて、同時にエアコンもつけることで、暖かい空気をうまく部屋に循環させることも大切です。


一番いいのは、まず石油ファンヒーターで一気に暖め、数分後にはエアコンを弱で稼働させます。そして、うまく温かい空気を循環させながら、わずかな電気で稼働するコタツや、防寒具であるブランケットやカーディガンなどを羽織るという方向にシフトするとよいでしょう。

まとめ

非常に熱効率のよい石油ファンヒーターは、暖房器具の中でも優等生です!石油を入れるという手間が必要にはなりますが、スイッチを入れてすぐに部屋中が暖かくなるというのは、他の暖房器具にはない魅力です。

それだけを使用すると、換気や灯油の頻繁な補給などが必要になってしまいますが、他の暖房器具と合わせることで、効率的に部屋を暖めることができます。

ぜひ、バランスのよい使い方をして、安く心地よい気温の中で過ごしましょう。

スポンサーリンク

関連記事

新聞紙

お花見デート☆持ち物一覧。見落としやすいマストアイテム5選☆

世界一キモイフルーツと言われるツノメロン「和名ツノニガウリ」を紹介するための画像

罰ゲームに最適なフルーツ【ツノメロン】和名「ツノニガウリ」

お札

お札の向きで金運アップ!長財布に入れてお金の貯まる人の特徴

美女200

ミュゼの全身脱毛の価格が激安!激熱の3月キャンペーン開催中

ハロウィン用のかぼちゃのお菓子 手作りレシピ♪かわいくておいしい♡

マッサージ

ココナッツオイルでダイエット!肌にも髪にも料理にも!万能過ぎ!(後篇)