昭和記念公園の紅葉の見頃時期!ライトアップは?混雑状況と見どころ

スポンサーリンク  

紅葉

昭和記念公園といえば、日本を代表する国営公園。

昭和天皇の御在位50年を記念する事業の一環としてつくられた公園で、その広さといったら!なんと総面積180ヘクタールもの広さがあります。この広さは、東京ドームおよそ40個分だとか。

この壮大な広さの中に広がる紅葉・黄葉の美しさは、言葉を失ってしまうほど。イチョウ並木も日本庭園もあるので、常に見どころはいっぱいですよ。

今日は、この昭和記念公園の


・紅葉の見頃時期
・ライトアップがあるかどうか
・混雑状況・見どころ

についてまとめてみたいと思います。

スポンサーリンク

昭和記念公園の紅葉の見頃時期はいつ?

昭和記念公園の紅葉が見ごろを迎えるのは、例年11月上旬~12月上旬です。

公園内には、イチョウ、モミジ、サクラ、イイギリ、ケヤキ、メタセコイヤなど、非常に多種の樹が植えられているため、少しずつ時期をずらしながら、長期に渡って私たちの目を楽しませてくれます。

その中でも特に人気のスポットは、カナール(運河)に沿うイチョウ並木


こういった、黄色い葉のものは「黄葉(こうよう)」と呼ばれ、「紅葉(こうよう)」とは区別しているんですよ。

なお、この公園内には、イチョウ並木が何か所かにあります。

  1. うんどう広場イ­チョウ並木

  2. カナールイチョウ並木

  3. サイクリングコースのイチョウ並木

1,2は多くの人に知られていますが、3はあまり知られていません。他の2か所と比べると、ちょっと規模は小さくなりますが、その分、人も少なくゆっくりと見ることができます。ぜひ訪れてみてくださいね。

スポンサーリンク

昭和記念公園の紅葉のライトアップは?

こちらの公園では、残念ながら、ライトアップは行われていません

平日は17:00に、そして土日は18:00に閉園してしまいますので、明るい時間帯に、ゆっくりと楽しんでいただくのがいいですね。

どこを歩いても、ひたすらに美しい光景が目に入りますので、ただあてもなくブラブラと歩いていても癒されますよ。

昭和記念公園の紅葉の混雑状況は?

やっぱりここは人気のスポット!シーズンが来ると、毎年多くの人で賑わいますよ。最寄り駅である【JR西立川駅】【JR立川駅】を降りるときには、人が多く感じることがあるかも知れませんが、公園まで歩いていくうちにバラけていくので、それほど気にはなりません。

公園そのものも、かなりの広さがあるので、ギュウギュウになることはありませんが、やはり見どころであるイチョウ並木などは、人が多いですね。でも歩けないようなことはありませんので、安心してお越しください。

車で来られる方は、駐車場は土・日・祝日は満車になります。渋滞覚悟でこないと、心折れますね。

公園内の駐車場は、立川口・西立川口・砂川口の全部で3か所あります。
見どころである「いちょう並木」が近いのは【立川口駐車場】ですが、とにかくものすごく混雑します。ですので、停めやすさという点では【砂川口駐車場】の勝ちですね。

駐車場に関して、非常にわかりやすい解説をしているページを見つけましたので、参考にして頂けたら幸いです。

昭和記念公園の紅葉の見どころは?

メインの見どころは、先ほども紹介したイチョウ並木です。

ですが、あまりにも当たり前すぎてつまらないですよね。

続いての見どころは、日本庭園内の、池のほとりです。池全体を、さまざまな色の木々が埋め尽くし、さらにそれが水面に映っている姿はとにかく「美しい」の一言。


カップルで歩くのにも最適ですよ。

池の西側にある「歓楓亭」では、お抹茶とお菓子の呈茶のサービスも520円で行っています。せっかくですから、時間にゆとりのある方はゆっくりと堪能して頂けたらと思います。

まとめ

広大な敷地に、色とりどりの秋の様子。毎年楽しみにしている人も多数いますね。

見どころがたくさんあるため、飽きることはないと思いますが、とにかくたくさん歩くことになるので、歩きやすい靴で行かれることをおすすめします。

よいコンディションで、美しい紅葉をゆっくりと楽しんできてください。

スポンサーリンク

関連記事

菜の花200

見渡す限り、一面の菜の花畑!渥美半島の菜の花まつり【愛知県田原町】

芦野公園200

青森県【芦野公園】桜の開花予想と桜祭り・アクセスと駐車場情報

バーベキュー200

愛知県南知多町【魚太郎】で手ぶら浜焼きバーベキュー☆絶品魚介類を楽しもう!

手土産200..

お歳暮が年末ぎりぎりの遅くに届いた時はどうする?返す時期と表書き

静岡県伊豆のみかん狩りは「体験する観光農園」の【丸鉄園】がおすすめ

羊山公園200

埼玉県秩父市【羊山公園】 2015年 芝桜の見頃と見どころ、アクセス方法