*

母乳をやめるタイミグは?授乳中に噛みつかれたら卒乳のチャンス!?

公開日: : 育児 , ,


幸せそうに母乳をあげるママのイラスト

母乳をやめるタイミングに関するページです。

母乳は赤ちゃんに必要な栄養や、免疫力を強くするといった効果があり、生まれた直後から大活躍しますよね。

3時間おきに授乳していたあの頃。夜泣きをしても母乳をあげたら落ち着いてくれる喜び。

そんな赤ちゃんとの思い出も、卒乳のタイミングがやってくるんです。寂しいですよね。

それでも、成長と共に離乳食が始まり、卒乳は刻一刻と近づいてきます。

ここでは、そんな卒乳のタイミングの1例を紹介いたします。

スポンサードリンク

母乳をやめた私のきっかけ

母乳をやめたきっかけは「赤ちゃんの噛みつき」にありました。

赤ちゃんの歯が上下合わせて8本になったころ、授乳中に噛みつかれることが増えてきました。

はじめのころは我慢できる程度の噛みつきでしたが、次第に「噛みちぎられるんじゃないか」という恐怖を覚えるようになったんです。

そのころから、母乳をあげる喜びと同時に、卒乳も考えるようになりました。

母乳の授乳中に噛みついて離れなくなった

母乳の授乳中、噛みつく力が強くなるだけでなく、徐々に噛みつく時間が長くなることも卒乳を決意させるきっかけになりました。

「痛い!離して!!」と叫んでも、赤ちゃんがそれを喜ぶかのように、さらに強く、そして長く噛みつくようになったんです。

初めて噛みつかれた時に、何か良い対応をしておけば、こんなに噛みつくこともなかったのかもしてませんが、現状では思いっきり噛みつかれているので、過去のことをどうこう考えるよりも、「卒乳させなければ噛みちぎられてしまう」という現実と向き合うことにしました。

スポンサードリンク

母乳の卒乳におやつが大活躍!

母乳からの卒乳に向けて大活躍してくれたのがおやつです。

離乳食を作っている間や、散歩に出かける前の準備時間で赤ちゃんがぐずってしまった時に、赤ちゃん用のおやつを食べさせていたんですが、そのおやつが卒乳の手助けをしてくれたんです。

例えば、お風呂から出た後に母乳をほしがることが多かったのですが、そのタイミングでおやつをあげると母乳を欲しがらなくなりましたし、寝起きでぐずっている時もおやつで満足してくれるようになりました。

赤ちゃんがおやつを食べる画像

卒乳のために食べさせたおやつと量は?

おやつの量は沢山ではなく、ハイハインであれば4枚~6枚もあれば十分だったので、おやつのあげ過ぎになることもありませんでした。

とくにお気に入りだったのは、「やさいパン」というかぼちゃとにんじんのやさしいパンです。バランスとしてはやさいパンを先に4つあげて、足りない分はハイハインをあげるという感じです。

やさいパンの方がおいしいので、ハイハインは不満そうに食べていてかわいかったですよ☆

やさいパンだけだと、もっとくれ~ってぐずりがちでしたが、ハイハインがあると、そのぐずり方が少なく済むので、このバランスがおすすめです。

母乳の卒乳後のミルクはどうしているの?

母乳を卒乳した後も、ミルクはシーンに合わせて使っています。

例えば夜中。赤ちゃんが起きた時。

おやつを食べさせることもできますが、その場合は食べた流れで赤ちゃんが起きたままになってしまう傾向があるんです。

だから夜中はミルクをあげます。

ミルクの場合は、赤ちゃんが寝た状態で飲むことになるので、飲み終わった後にそのまま寝てくれることが多いんです。

幸せそうにミルクを飲む姿、そしてそのまま眠りにつく姿は、本当に子育ての中でも至福の時間だと感じています。

赤ちゃんがタンクトップでお昼寝中の画像

母乳からの卒乳 まとめ

母乳を飲ませる時間が幸せ。やめたくない。

そんな風に思っていた授乳タイムも、噛みつかれる恐怖心のおかげで、スムーズに卒乳させることができました。

時期としては1歳2か月で卒乳。噛まれる痛みと噛みちぎられる恐怖からも解放されて、今では平和な毎日が続いています。

そのうち母乳をあげていたあの頃が懐かしくなるかもしれませんが、そのころにはまた次の喜びを見つけているんでしょうね。

これからも、幸せな育児生活をエンジョイしていきたいと思います。

もし同じように噛まれてしまっているママさんがいましたら、赤ちゃんが食べるおやつをあげるところから始めてみてはいかがでしょうか?


関連記事

こどもちゃれんじ

ベネッセ「こどもちゃれんじ」無料の資料請求をしてみた「5歳のママ」の感想

小さな子どものいる家庭の親なら誰もが一度は悩む道。 「どんなおもちゃで遊ばせたらいいの

記事を読む

パンパースのオムツにLLはないの?Lの次はビッグサイズ?

パンパースのオムツにLLはないのか!? そんな疑問を持ったママさんは多いのではない

記事を読む

赤ちゃんの後姿

赤ちゃんが頭だけに汗をかくのはナゼ?何かの病気なの?

赤ちゃんと頭の汗に関するページです。 赤ちゃんは汗かき。そうは聞いていたけれど、頭

記事を読む

女性の画像

産後は痩せる大チャンス!1ヶ月たったら始めてみよう「楽痩せ!」

出産時に開いた骨盤は、ゆっくりと時間をかけて元の状態に戻っていきます。元に戻るのにはおよそ1

記事を読む

ベビーカー

ベビーカー選びに悩んでいるママへ。失敗しない選び方とは?

生まれた時はあんなに小さくて軽かった赤ちゃんも、気づけば腕にズッシリ・・・。少しの移動も大変

記事を読む

子供が飽きてしまったおもちゃの画像

子供が同じおもちゃで長く遊ぶためのポイントは?「1さい~2さい頃」

1さい~2さい頃の子供が同じおもちゃで長く遊ぶためのポイントについて紹介していきます。

記事を読む

入園式の子供たちの集合写真

入園式は撮影できるの?カメラとビデオはどっちを持っていくべき?

我が子の初めての儀式となる入園式。保育園や幼稚園に入って最初のセレモニーは、記念にしっかりと

記事を読む

赤ちゃんとママの画像

初産の際に買うべきもの、買わないでいいものは?「ベビー用品」

出産において揃えるべきものは、本当に沢山ありますよね。ベビー雑誌を見ていても、どれを買おうか

記事を読む

赤ちゃんのほっぺ

赤ちゃんの保湿ケアはするべき?

生まれたての赤ちゃんはお肌がプルプル?かと思いきや、実は生まれてすぐの赤ちゃんはカサカサで皮

記事を読む

赤ちゃん

【赤ちゃんの肌荒れ】顔や体に発疹ができた時の種類と治し方「乳児湿疹と言われて」

生まれたての赤ちゃんは、顔や体に赤くポツポツした発疹ができます。 病院に行けば大抵

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク

スポンサードリンク

336✕280から300×600に変更中

ビール
お盆で帰省するときに持って行きたいお土産は?ビールのギフトセットやフルーツなど

夏ですね!あっという間にお盆が近付いてきました。 お盆になる

サプリ
ダイエットで中性脂肪を落とし、生活習慣を変えたい人に!【マルチポリフェノール】の効果について

自分の健康管理や、生活習慣の改善は、きっと人生全体にかかるテー

大人ニキビで荒れたお肌も復活!【リプロスキン】で顔のデコボコにさようなら

大人になると、お肌の悩みは増えていきます。乾燥肌、オイリー肌、

勉強
ベネッセ「進研ゼミ高校講座」無料の資料請求をしてみた「15歳の子のママ」感想

正直、子どもの教育については、いつまでたっても悩みは尽きません

こどもちゃれんじ
ベネッセ「こどもちゃれんじ」無料の資料請求をしてみた「5歳のママ」の感想

小さな子どものいる家庭の親なら誰もが一度は悩む道。 「ど

→もっと見る

PAGE TOP ↑