*

母乳をやめるタイミグは?授乳中に噛みつかれたら卒乳のチャンス!?

公開日: : 育児 , ,


幸せそうに母乳をあげるママのイラスト

母乳をやめるタイミングに関するページです。

母乳は赤ちゃんに必要な栄養や、免疫力を強くするといった効果があり、生まれた直後から大活躍しますよね。

3時間おきに授乳していたあの頃。夜泣きをしても母乳をあげたら落ち着いてくれる喜び。

そんな赤ちゃんとの思い出も、卒乳のタイミングがやってくるんです。寂しいですよね。

それでも、成長と共に離乳食が始まり、卒乳は刻一刻と近づいてきます。

ここでは、そんな卒乳のタイミングの1例を紹介いたします。

スポンサードリンク

母乳をやめた私のきっかけ

母乳をやめたきっかけは「赤ちゃんの噛みつき」にありました。

赤ちゃんの歯が上下合わせて8本になったころ、授乳中に噛みつかれることが増えてきました。

はじめのころは我慢できる程度の噛みつきでしたが、次第に「噛みちぎられるんじゃないか」という恐怖を覚えるようになったんです。

そのころから、母乳をあげる喜びと同時に、卒乳も考えるようになりました。

母乳の授乳中に噛みついて離れなくなった

母乳の授乳中、噛みつく力が強くなるだけでなく、徐々に噛みつく時間が長くなることも卒乳を決意させるきっかけになりました。

「痛い!離して!!」と叫んでも、赤ちゃんがそれを喜ぶかのように、さらに強く、そして長く噛みつくようになったんです。

初めて噛みつかれた時に、何か良い対応をしておけば、こんなに噛みつくこともなかったのかもしてませんが、現状では思いっきり噛みつかれているので、過去のことをどうこう考えるよりも、「卒乳させなければ噛みちぎられてしまう」という現実と向き合うことにしました。

スポンサードリンク

母乳の卒乳におやつが大活躍!

母乳からの卒乳に向けて大活躍してくれたのがおやつです。

離乳食を作っている間や、散歩に出かける前の準備時間で赤ちゃんがぐずってしまった時に、赤ちゃん用のおやつを食べさせていたんですが、そのおやつが卒乳の手助けをしてくれたんです。

例えば、お風呂から出た後に母乳をほしがることが多かったのですが、そのタイミングでおやつをあげると母乳を欲しがらなくなりましたし、寝起きでぐずっている時もおやつで満足してくれるようになりました。

赤ちゃんがおやつを食べる画像

卒乳のために食べさせたおやつと量は?

おやつの量は沢山ではなく、ハイハインであれば4枚~6枚もあれば十分だったので、おやつのあげ過ぎになることもありませんでした。

とくにお気に入りだったのは、「やさいパン」というかぼちゃとにんじんのやさしいパンです。バランスとしてはやさいパンを先に4つあげて、足りない分はハイハインをあげるという感じです。

やさいパンの方がおいしいので、ハイハインは不満そうに食べていてかわいかったですよ☆

やさいパンだけだと、もっとくれ~ってぐずりがちでしたが、ハイハインがあると、そのぐずり方が少なく済むので、このバランスがおすすめです。

母乳の卒乳後のミルクはどうしているの?

母乳を卒乳した後も、ミルクはシーンに合わせて使っています。

例えば夜中。赤ちゃんが起きた時。

おやつを食べさせることもできますが、その場合は食べた流れで赤ちゃんが起きたままになってしまう傾向があるんです。

だから夜中はミルクをあげます。

ミルクの場合は、赤ちゃんが寝た状態で飲むことになるので、飲み終わった後にそのまま寝てくれることが多いんです。

幸せそうにミルクを飲む姿、そしてそのまま眠りにつく姿は、本当に子育ての中でも至福の時間だと感じています。

赤ちゃんがタンクトップでお昼寝中の画像

母乳からの卒乳 まとめ

母乳を飲ませる時間が幸せ。やめたくない。

そんな風に思っていた授乳タイムも、噛みつかれる恐怖心のおかげで、スムーズに卒乳させることができました。

時期としては1歳2か月で卒乳。噛まれる痛みと噛みちぎられる恐怖からも解放されて、今では平和な毎日が続いています。

そのうち母乳をあげていたあの頃が懐かしくなるかもしれませんが、そのころにはまた次の喜びを見つけているんでしょうね。

これからも、幸せな育児生活をエンジョイしていきたいと思います。

もし同じように噛まれてしまっているママさんがいましたら、赤ちゃんが食べるおやつをあげるところから始めてみてはいかがでしょうか?

Author Profile

あんちゃん
季節ごとのイベントを中心に記事にしています。

他にも子育てや、育児と仕事との両立に関してなどを執筆していきたいと考えています。

よろしくお願いします(^^)/

関連記事

ベビーカー

ベビーカー選びに悩んでいるママへ。失敗しない選び方とは?

生まれた時はあんなに小さくて軽かった赤ちゃんも、気づけば腕にズッシリ・・・。少しの移動も大変

記事を読む

女の子が買い物を楽しむ画像

子供とストレスフリーで買い物をする方法。「嫌がって大変!」

小さい子供を連れての買い物は、とにかく大変。店内を走り回ったり、商品を触ったりして、目が離せ

記事を読む

赤ちゃんが抱っこひもで寝ている画像

赤ちゃんの夏の暑さ対策。抱っこひもとベビーカの冷まし方と、ペットボトルの活用方法

赤ちゃんは大人より体温が高めで、汗かきです。そのためすぐにあせもができてしまいます。

記事を読む

赤ちゃんがお風呂から出てタオルに包まれている画像

大分で赤ちゃんと貸切風呂。おすすめのホテルや旅館は?

今年は連休が多く、家族で出かける機会も多いかと思います。 連休となれば、少し足を伸

記事を読む

赤ちゃんとママが手をつなぐ画像

【子育ての昔と今】発熱時の厚着は間違い?ベビーパウダーは使うべき?抱き癖等の考え方。

医学がどんどん進歩していくなか、子育ての仕方も見直されています。 そこで問題になる

記事を読む

赤ちゃんの後姿

赤ちゃんが頭だけに汗をかくのはナゼ?何かの病気なの?

赤ちゃんと頭の汗に関するページです。 赤ちゃんは汗かき。そうは聞いていたけれど、頭

記事を読む

チャイルドシートで赤ちゃんが寝ている画像

【チャイルドシートと日よけ】日焼けや汗、目が心配!「対策をする理由は?」

チャイルドシートと日よけに関するページです。 これからの暑い季節、子供にとっては太

記事を読む

ドキドキの断乳!いつからやめさせるの?上手なやめ方と失敗した時の対応について

自然に卒乳できれば一番いいけれど、どうしても強制的に断乳しないといけない場合もありますよね。

記事を読む

子供が飽きてしまったおもちゃの画像

子供が同じおもちゃで長く遊ぶためのポイントは?「1さい~2さい頃」

1さい~2さい頃の子供が同じおもちゃで長く遊ぶためのポイントについて紹介していきます。

記事を読む

赤ちゃんの便秘を解消するためには?生後別の特徴「対策紹介」

便秘は大人がなるものだと思っていませんか?実際、乳幼児でも便秘になってしまいます。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク

スポンサードリンク

336✕280から300×600に変更中

勉強
進研ゼミ小学講座「チャレンジ5年生」無料の資料請求をしてみての感想

子どもの教育・・・。言葉ではよく聞きますが、実際のところ、どん

【らっきょうの漬け方】酢の効能で血圧やダイエットにも☆

らっきょうといえば、5月~7月頃が旬。もっとも出荷量が多くなる

久津間海岸200
福岡県福岡市【雁ノ巣海岸】無料穴場スポットで潮干狩り!あさり、マテ貝

春~夏といえば、潮干狩りのシーズンです!4月になり、桜の花が散

唇の乾燥や痛みに!はちみつ効果でプルプルになる無添加コスメ☆【リップビジュー】

唇は、顔の中でも、結構印象に残りやすい場所。でも、意外と乾燥し

木更津・三重200
千葉県船橋市【ふなばし三番瀬海浜公園】で潮干狩り!バーベキューや渡り鳥も

潮干狩りに最適な季節がやってきましたね! 千葉県といえば

→もっと見る

PAGE TOP ↑