*

【読書感想文】シャーロット・ブロンテ『ジェーン・エア』あらすじと感想

公開日: : 最終更新日:2015/06/21 ★年間を通して, 読書


ジェーン・エア

今回ご紹介するジェーン・エアという作品は、作者であるブロンテ三姉妹が、父親の看病をしている合間を縫って書かれたと言われています。

イギリス文学界に、燦然と輝く名著を残したブロンテ三姉妹は、素晴らしい才能に恵まれながら、若くしてこの世を去りました。もっとも長く生きたとされるシャーロットでさえ、38歳という若さでこの世を去りました。他の2人は29歳、30歳で亡くなっています。

1847年に出版された、この作品は大ベストセラーとなりました。当時女性がものを書くことが抑圧されていたため、彼女たちは男性名でこの本を出版しました。今なお色あせない名作ジェーン・エアを紐解いてみたいと思います。

スポンサードリンク

シャーロット・ブロンテ『ジェーン・エア』あらすじ

この本は、ジェーン・エアという名の女性を主人公とした物語です。

ジェーン・エア、寄宿学校へ

幼くして両親を亡くしたジェーン・エアは、伯父であるリード家に引き取られます。しかし、リード氏が亡くなってしまうと、その夫人や従兄弟たちに邪魔者扱いされ、10歳のときローウッド寄宿学校へ預けられます。

彼女はここで、心を許せる友、ヘレン・バーズンや愛情豊かなテンプル先生に出会います。

その寄宿学校の環境は劣悪で、チフスが流行ります。多くの生徒が命を落としました。ジェーンの友人のヘレンもその一人でした。愛する人の死に大きな衝撃を受けたジェーンを慰めてくれたのは、心優しきテンプル先生でした。

この学校で、ジェーンは6年間を生徒として過ごし、その後2年間を教師として過ごしました。成長した彼女は、テンプル先生の結婚を機に自立することを決意します。

家庭教師となるジェーン・エア

新聞に出した広告が元で、家庭教師としてソーンフィールド屋敷へ行くことになります。彼女は18歳になっていました。

シャーロット・ブロンテ

館の主人である、ロチェスターは留守でしたが、家政婦のフェアファックス夫人が出迎えてくれました。二人はすぐ打ち解けて親しくなりました。

ジェーンが教えるのは、ロチェスターの養女の愛らしいアデルです。何もかもうまくいっていましたが、ジェーンが一抹の不安を覚えたのは、館の一室から聞こえてくる奇妙な笑い声でした。フェアファックス夫人に聞くと、狂った老女グレイス・プールの声だと知らされます。

アデルの家庭教師として過ごし始めて3か月が経過したとき、初めて館の主であるロチェスターと会います。彼は気まぐれで、きつい口調で物を言う、いかつい顔をした男性でした。

しかし、一緒に暮らし始めてみると、彼のそんな容貌の中に、暖かな心が眠っていることにジェーンは気付きます。一方、ロチェスターも、虚飾にまみれた貴婦人たちにはない、ジェーンの聡明さと豊かな教養に新鮮な驚きを感じます。

信じられない、衝撃の真実が

グレイス・プールがロチェスターの部屋に放火し、ジェーンがそれを発見してロチェスターの命を救ったのを機に、二人は親密になってゆきます。そして、ジェーンはロチェスターからのプロポーズを承諾して二人は結婚しようとするのですが、結婚式のその場で驚くべき事実が判明します。

ロチェスターには妻がいて、発狂したので館の一室に幽閉され、グレイス・プールがその面倒をみていたことがわかります。夜ごと聞こえた奇妙な笑い声や放火は、狂った妻バーサの仕業だったのです。

潰れそうな心を押し隠し、ジェーンは身一つで館を去ります。

ジェーン・エア、女学校へ

力尽きて倒れそうになったジェーンを救ったのは、牧師のセント・ジョン・リヴァーゼンと妹たちでした。

深く傷ついたジェーンを、姉妹は優しく接し癒してくれました。彼女たちは、ジェーンにモートン女学校の教師の職を見つけてくれました。その学校で働くうちに、傷ついたジェーンの心も和らぎます。

修道院

ジェーン・エアに訪れた、幸せな日々

ある日、ジェーンの元に、父方の叔父ジョン・エアが亡くなり、2万ポンドの遺産を彼女が相続することになったという手紙が届きます。

調べると、セント・ジョンと彼の妹たちが、ジェーンの父方の従兄弟であることがわかります。ジェーンは遺産を4等分にして、3人にそれぞれ分け与えます。

このようにして財産を持ったジェーンは、3人の従兄弟たちと暮らし、幸せな日々を送り始めます。

純粋な愛か、否か

セント・ジョンは、インドへの伝導に旅立つことになり、ジェーンに妻として一緒に行ってほしいと言います。

ジェーンは彼に感謝と親愛の情を抱いていましたが、セント・ジョンが自分に望んでいるのは、純粋な愛ではなく、ジェーンの知性と献身的な性格だと悟った彼女は申し出を拒否します。

ロチェスターとの日々を再び

その時、ジェーンの耳に助けを求める声が聞こえます。

不安を覚えたジェーンはソーンフィールドへ向かいます。着いてみると、ソーンフィールド屋敷は廃墟となっていました。

近くの住人から話を聞くと、バーサの放火で屋敷は崩れ落ち、バーサはその火事で亡くなり、ロチェスターは失明し左腕を失っていました。

自らの意志で彼の元へやってきたジェーンは、ロチェスターと一生を共にすることを決意し、ジェーンの出現で生きる希望を取り戻したロチェスターは結婚を申し込みます。その後二人は子供をもうけ幸せに暮らします。


ジェーン・エアを読んで思う事

この小説が発表されたのは、1847年ヴィクトリア朝時代です。

架空の小説にもかかわらず、当時の社会が色濃く反映され、一人の女性の目を通して見えてくる、当時のイギリス社会が抱える問題も見え隠れしていたので、ヴィクトリア女王など多くの人々に読まれ、第一級の名作となりました。

男社会の中で貫いた、筆者の思い

この作品が生まれた時代は、完全な男社会で、女性が小説を書くことなどありえないことでした。自己主張もままならなかった時代に、男性名で書かれていながら、小説は私という一人称を用いて、明らかに女性の視線で見た事柄が書かれています。

そこに作者の意図を感じます。女性が自らの意思を男性に伝える、その断固たる精神が、世の読者を釘付けにしたのだと思います。

イギリス文学の特徴

孤児になったジェーンが預けられたのは伯父さんの家でした。そこでジエーンは伯母とその子供たちから酷い扱いを受けます。しかし、彼女は健気に耐えて自己を見失うことはありませんでした。

このようなストーリーは、イギリス文学には多くみられます。新しいところでは、ハリーポッターがそうです。主人公は邪魔者扱いされていた家から、魔法を使って出てゆきます。壁に通路ができて、主人公は別世界へと旅立ちます。

このような展開は、「小公子」「小公女」と言った小説にも見受けられます。

最低の生活をしていた者が、やがて救われ大きな幸せを手に入れる、そしてどの主人公も、健気で信心深く思いやりのある人物としてえがかれています。

多くの経験を経て、自分自身の受け止め方が変わった

この手の作品を、未熟な頃に読んだときは、「貧しさに耐えて真面目に生きていれば、必ず神様はお救いくださる」という具合に、妙に教訓めいていてあまり好きなれませんでした。

しかし、社会人になって、いくつもの不合理や矛盾を潜り抜けてから読んだときは、何故か清々しさを味わいました。多くの時間と経験が、自分自身に意識の変化をもたらしたのでしょうね。

ジェーンの在り方について考える

苦難の連続だったジェーンは、思ってもいなかった財産を手にします。それを彼女は一人占めせずに、孤児として過ごしてきた自分にも親族がいたことを知って、彼らにも財産を分け与えます。その下りを読んだとき、こういう状況下で、果たして自分も同じ行動がとれるだろうか、と自問自答しました。

   
さらに、ジェーンは二人の男性からプロポーズを受けます。一人は神に仕える牧師であり、もう一人は火事で何もかも失い、身体が不自由になった男性です。

彼女はこれに対しても、自分の生き方を貫く強固な意志と深い道徳心から結論を導き出します。こういう姿勢が読者の共感を呼んだことは間違いないと思われます。

男性の従属でしかなかった女性への、新しいメッセージとして、この小説は時代を取り込んで、更にその先への憧れを与えたのではないでしょうか。

シャーロット・ブロンテ『ジェーン・エア』まとめ

決して美人ではないジェーンが、自己の意思を貫き通して、最後に暖かな家庭を手に入れる、このサクセスストーリーは、現在の若者が読んでも、違和感がないと信じます。

「自分の信じるところを、志を高く掲げて突き進めば、必ず最良の場にたどりつける」という、この本の主題を読み取りました。

決して諦めることなく、人生最後の瞬間まで「最良の未来」をイメージしつつ、自分の中の軸を育てていきたいと思いますね。

この記事を読んだ人は、コチラの記事も読んでいます。

【読書感想文】森鴎外『最後の一句』あらすじと感想、いちの健気な思い

【読書感想文】ゲーテ『若きウエルテルの悩み』あらすじと感想、見えてくる主人公の心

【読書感想文】高橋治の『名もなき道を』あらすじと主人公の気持ちに対する所感

Author Profile

あんちゃん
季節ごとのイベントを中心に記事にしています。

他にも子育てや、育児と仕事との両立に関してなどを執筆していきたいと考えています。

よろしくお願いします(^^)/

関連記事

ひろみちゃんのりんご園200

静岡県島田市【ひろみちゃんのりんご園】でりんご狩り!東海地方の貴重なりんご

夏も終わりに近づき、少しずつ、りんごが実り始める季節がやってきました。 りんごの旬

記事を読む

天白公園200

愛知県知多市【新舞子マリンパーク】で手ぶらバーベキュー!アクセス情報も

愛知県知多市にある【新舞子マリンパーク】は、平成9年(1997年)4月29日にオープンした、

記事を読む

三重県津市【山口観光ぶどう梨園】でぶどう&梨狩り!欲張りさん大喜び

秋の味覚といえば、ぶどうと梨!どちらも人気のフルーツですね。 各地でぶどう狩りや梨

記事を読む

愛知県岡崎市【駒立ぶどう狩り】幸果園で食べ放題!ブルーベリー狩りも

愛知県岡崎市で【駒立ぶどう狩り】といえば、約7つのぶどう園が集合した、ぶどう狩りのメッカ!

記事を読む

ハロウィン衣装でディズニーリゾートへ。女の子におすすめコスチューム

ハロウィンといえば、かわいい衣装を着て、みんなで大はしゃぎ。いつしか日本でも定着していました

記事を読む

三重県桑名市【多度峡天然プール】で川遊びと多度大社参り

三重県桑名市にある【多度峡天然プール】をご存知ですか? ここは、全国の中でも珍しく

記事を読む

【遊覧農場 ヤマナカ果園】200

愛知県岡崎市【駒立ぶどう狩り】ヤマサ園で食べ放題!モリモリ山で遊ぼう

愛知県岡崎市で【駒立ぶどう狩り】といえば、約7つのぶどう園が集合した、ぶどう狩りのメッカ!

記事を読む

【読書感想文】ゲーテ『若きウエルテルの悩み』あらすじと感想、見えてくる主人公の心

詩神と言われた文豪ゲーテの名著である、『若きウエルテルの悩み』を初めて読んだのは中学生の時で

記事を読む

かわいい【おしゃれマタニティパジャマ(春夏用)】授乳もOK☆

出産前後で着るパジャマって、ちょっと迷ってしまいますよね。 ワンピースのように、上

記事を読む

りんご(たて)200

長野県小諸市【松井農園】でりんご狩り!つりぼり&バーベキューも

りんごといえば、季節は冬! ・・・と思いきや、実は、夏の終わり頃から、りんごの季節

記事を読む

Comment

  1. かなえ より:

    どのジェーン・エアの本ですか?

  2. Wunderlust より:

    現在私は英語の授業でジェーンエアを学んでいるのですが、あらすじ、感想どちらも参考になりました。やはり、男女不平等だった19世紀のイギリスではカラ・ベルと男性のペンネームまで使い出版したこの作品はとても革命的ですよね。男女不平等だけでなく他の社会的問題にも小説で反映しているので名作だと思います。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク

スポンサードリンク

336✕280から300×600に変更中

高級和菓子の梅菓匠を20粒1万円越えのスイーツとして紹介している画像
高級和菓子【梅菓匠】20粒1万円越えのスイーツ

梅干し生まれの高級和風スイーツ「梅菓匠」。 大粒の豊

世界一キモイフルーツと言われるツノメロン「和名ツノニガウリ」を紹介するための画像
罰ゲームに最適なフルーツ【ツノメロン】和名「ツノニガウリ」

これは罰ゲームに最適! そんなフルーツ「ツノメロン」

養老渓谷の紅葉は日帰りでも楽しめるの?見どころは?

養老渓谷の紅葉に関するページです。 日帰りでも行けるもの

子供が喜ぶお菓子の詰め合わせのプレゼントの画像
子供が喜ぶプレゼント【お菓子の詰め合わせ編】

子供が喜ぶプレゼント。 今回はお菓子の詰め合わせで大

マツダのリコールのイメージイラスト
マツダがリコールした車種の型式は?理由はなに?【2017年2月9日 発表】

2月9日、マツダが4車種のリコールを発表しました。 計24万

→もっと見る

  • 【広告】
PAGE TOP ↑