ハロウィンメイクを子供にしても大丈夫?化粧品の注意点は?動画も参考に☆

スポンサーリンク  

ハロウィン

最近のハロウィンでは、小さな子供たちも本格的な仮装をしていますよね。

衣装もたくさんあるし、かぶりものや小物も充実しているので、なかなかに本格的!

ですが、衣装が充実していればしているほど、浮いてしまうのが、顔。せっかくなので、衣装に見合ったメイクもしたいし、全体的に本格的な仕上がりにしたいですよね。

今日は、かわいい子供のハロウィン仮装を盛り上げようと張り切っているパパママのために、小さな子供に人気のメイクとメイク道具、メイクをするときの注意点などなどをまとめてみました。

スポンサーリンク

ハロウィンメイクを子供にも。化粧品は大丈夫?

昔は大人の人しかしていなかったメイクですが、いつしか大学生、高校生・・・と年齢が下がっていて、最近ではついに幼稚園や小学校くらいの子たちも、メイク(もどき)をするようになってきましたね。

そんな風潮を察してか、有名なおもちゃメーカーであるトイザらスや、ネットショップの楽天でも、キッズ用の化粧品を大々的に取り扱っています。

このように、リップやアイシャドウ、ネイルカラー、チークカラーなどが入ったメイク用品のセットだけでも、こんなにいっぱい!

メイク用品だけでなく、ネイルチップやリップグロスなども入っているというから驚きです!今ではもう、小さな子供たちもメイクをするのが珍しくない状態になりつつあるんですね。

さて、こんなに気楽に手に入るメイクグッズですが、大人以上に敏感な肌をもつ子供たち、果たして化粧をして大丈夫なのでしょうか?

スポンサーリンク

ハロウィンメイクを子供にも。注意点は?

化粧をして大丈夫かどうかという点については、結論としては「人それぞれ」ということになってしまいます。

肌が強い子や弱い子、タイプが分かれていると思うので、一概に言えないのですが、もしもハロウィンに向けて、メイクをしたいと思っているのなら、誰もに共通していえる注意点があります。

それは、「下地をしっかりと作っておくこと」です。


下地と言うのは、「化粧下地」ももちろんですが、その前に、まずはお肌そのものを整える、化粧水やベビーローションなどのことをいいます。メイクをする前に、しっかりとお肌を潤わせてあげることによって、まずお肌の調子を整えてあげます。

その後、化粧下地(ベースメイク)を塗ります。こうすることで、メイクが落としやすくなるのです。ハロウィン用のメイクは、特に濃いめにやる場合が多いので、ここでしっかりとカバーしておくことで、メイクを落とすときにゴシゴシとこすってしまうのを回避できます。

デビル系の黒い口紅や、ゾンビやガイコツのような白塗りの肌、黒いラインは特に落ちにくいので、そもそも滑りやすいように、しっかりと下地の部分で保護しておきましょう。


ハロウィンメイクを子供にも。動画も参考に☆

さて、下地の部分をしっかりとすることを確認しました。

その上で、どんなメイクをしたらいいかということで、子供たちに大人気の『アナと雪の女王』のエルサメイクを見つけました。ハロウィン用の衣装としても大注目のエルサ。

使用するのは100均のメイクグッズがメインだそう。安い化粧品は何が入っているかわかりませんから、だからこそ下地の部分で十分に保護しておきましょう。


リーズナブルな化粧品でも十分な仕上がりですね!わざわざ買いに行くほどのこともなければ、お母さんのお手持ちの化粧品でできることをしてあげましょう。

コツをつかんで、かわいく仕上げてあげたら、子供たちも大喜びですね。

まとめ

どんどんと低年齢化しているメイクの壁。小さい子ほど、肌からの経皮吸収の力は強いので、安全かどうかわからないものを肌にのせるのは、ちょっと危険な気もします。

ですので、メイク用品を肌にのせる前に、しっかりと下地をつくって保護をしましょう。それさえできれば、どんなメイクも怖くない!落としやすいので、思い切ったメイクもできちゃいますよ。

守るべきお肌はしっかりと守りながら、思い切ってメイクを楽しんじゃいましょう!親子そろって、ステキなハロウィンの思い出になりますように。

この記事を読んだ人は、コチラの記事も読んでいます。

スポンサーリンク

関連記事

紅葉

【京都紅葉の見頃時期】高台寺と清水寺のライトアップに行く楽しみ方は?

潮干狩り 中止200

2017年【愛知県内で中止になってしまった人気潮干狩り場】一覧

しめ縄飾り

【しめなわ飾りの期間】いつからいつまで飾るのか?大晦日だけでも大丈夫?

紅葉

京都の紅葉の見ごろ時期は?おすすめスポットは嵐山!ライトアップも人気!

女の子200

七五三の衣装で写真撮影!スタジオアリスでお得に撮影する方法

しめなわ

【関西のしめ縄】いつからいつまで飾るものなのか?外した後はどうするの?