子どもの写真は一眼レフとスマホではどっちが撮りやすいの?

スポンサーリンク  

一眼レフを持つ女性の手の写真

普段の子どもの様子や、お出かけ先で、かわいい子どもの笑顔をたくさん写真に残したいですよね!

だけど、子どもは動き回っているし、なかなかいい写真と思えるものが撮れないという声をよく聞きます。写真が苦手というお母さんもたくさんいらっしゃるようですね。

一眼レフカメラを使うときれいな写真が撮れるということは知っているけど、スマホのカメラで十分という意見もあります。

写りを気にするのなら、一眼レフを購入すべきか、スマホで十分なのか?

それぞれのメリットデメリットをまとめてみます。

スポンサーリンク

子どもの写真を一眼レフで撮るメリットとデメリットは?

きれいな写真と言えば、もちろん一眼レフカメラが一番、メリットも大きいでしょう。

一眼レフとは、レンズを通して見たものを、ファインダーで確認して撮影できるということ、交換レンズがあることが大きな特徴です。

さらに、シャッターボタンを押してから、実際に撮影されるまでのタイムラグが一番短いので、ファインダーで確認したままのショットを写真に収めることができます。

ママにしか撮れないベストショットを量産できるかもしれませんね。

たいていの一眼レフカメラには、難しい操作や知識がなくても、お任せで撮影できるモードが搭載されていますので、カメラを普段使いしないママにも取り扱いは簡単です。モードを切り替えるだけで、子どもの肌や髪の毛の質感まできれいに残せますよ!

緑の山と青い空が美し写真

子どもの写真を一眼レフで撮るデメリット

デメリットとしては、一眼レフカメラは構造が複雑なために、本体が大きく重いので、手が小さいママには持ち歩きが大変ということがあげられるでしょう。

一眼レフを持つ女性の手の写真

子どもを連れていると、荷物もあるし、子どもから目を離せなくて、なかなか撮影というわけにもいかないことがありますよね。

また、普段から手に取れる場所においておけるか、いざ使おうとした時にレンズ交換やレンズキャップを外して…という作業が起こることも、敷居が高く感じる原因になっているかもしれません。

今はミラーレス一眼という小型で軽量、一眼レフのデメリットをすべてクリアしたと言える機種があります。一眼レフに匹敵する性能の上、おしゃれで扱いやすいので、子連れのママには特におすすめです。

スポンサーリンク

子供の写真をスマホで撮るメリットとデメリットは?

スマホのカメラ機能も、その性能の高さはカメラそのものに負けるとも劣らない秀逸なものです。

スマホのカメラのメリットと言えば、常に携帯して、撮ってすぐ我が子のかわいい姿をパパに送ったり、SNSで共有することも簡単にできることですよね。

さらに写真撮影用のアプリも豊富なので、一眼レフカメラのようにレンズを交換したかのような写真を撮れたり、ピンボケ写真を後からピント補正できるものや、色調補正が簡単にできたりします。

スマホのおまけ機能であるカメラとはいえ、いまや有効画素数が2000万を超えている機種もザラです。A4サイズ以上の紙に出力することにこだわらなければ、スマホに搭載されている画素数でたいていの方は十分満足できるはずです。

女性とカメラの画像

子供の写真をスマホで撮るデメリットは?

では、スマホのカメラで撮るデメリットとはなんでしょう?

先ほど有効画素数に触れさせていただきましたが、実はきれいな写真が撮れるかどうかは、単純に画素数の数字を見るだけでははかれません。

最も重要なのがイメージセンサーサイズというもので、それがカメラとスマホとは段違いに違ってきます。スマホの画面で見るだけなら、スマホのカメラで十分と思われるでしょうが、もしそれをプリントすることになったら、その差は歴然。

また暗所や遠景(風景撮影)など細部の写りにこだわる場合や、夕暮れ時の撮影、夜景、動きのあるものを写しとめようと思った時、背景のボケを聞かせてポートレートを撮りたい時には、その出来栄えに物足りなさを感じるかもしれません。

デジカメの写真データをスマホへ飛ばす方法。

子供の写真は一眼レフとスマホではどっちが撮りやすいの?

かわいい子どもの姿は、今しか撮れません。ですから、一枚でも多く残しておきたい…写真好きの筆者はそう思って、一眼レフもミラーレスもスマホも駆使して記録ばかりの残しています。

では、どれがお勧めかというと、実は全部お勧めで、どれも手放せないものとなっています。

一眼レフの表現力はどれにも代えがたいですし、ミラーレスの手軽さと写りの良さは子連れママにイチオシともいえます。

ただ、普段持ち歩く荷物は少ないのが一番なので、普段は持ち歩きしません。スマホでささっと記念写真を残しておきます。

船に乗る家族の写真

運動会や発表会、誕生日などの行事があった時には一眼レフ遠出をした時、めずらしいイベントや普段行かない公園に行く時、親戚や友だちなどと出かける時にはミラーレスを持っていきます。そして帰宅後に、撮った写真をプリントして配ったりします。

普段使うのはスマホのカメラで、SNSで家族や友人と共有したり、スマホの中に置いておく記録やアルバムのような使い方をしています。

子供の写真と一眼レフとスマホ まとめ

いかがでしたでしょうか?

どのカメラもおすすめですが、状況に合わせて活用することで、その能力を最大限に発揮できると思います。

当日は持ち物は多いのか?撮影に集中できるのか?ドタバタするのか?

そんな背景を想像しながらカメラ選びを楽しんでみてくださいね。

どなたかのご参考になったら幸いです♪

この記事を読んだ人は、コチラの記事も読んでいます。

スポンサーリンク

関連記事

クリスマスのケンタッキーフライドチキンを家でおいしく温め直す方法について

ジンギスカン200

北海道のソウルフード【ジンギスカン】お花見にも登場!

とうもろこし200

【とうもろこしの究極においしいゆで方】レンジはダメ。水から?

暑中見舞い200

夏の【暑中見舞いと返信】出す時期と書き方、基本の文例テンプレート

野菜類

肌荒れは食事で治る!プルプル美肌をつくる3大栄養素とは?

【夏の簡単おもてなし料理】お盆も法事もこれでおまかせ☆