彫刻の森美術館の足湯【神奈川県足柄下郡】


彫刻の森美術館の足湯のイメージ画像

彫刻の森美術館の足湯に関するページです。

基本情報から足湯のおすすめポイント。さらには美術館などの足湯以外の魅力についても紹介していきます。

「彫刻の森美術館の足湯ってどんなの?」と気になっている方におすすめの内容となっています。

彫刻の森美術館の基本情報

彫刻の森美術館は、箱根の山を登ったところにあります。広大な敷地に、見て触れられる現代彫刻がたくさん展示されています。足湯は美術館のちょっと奥、カフェの近くにあります。

<入場料金>
  • 大人 1600円

  • 大学生・高校生 1200円

  • 中学生・小学生 800円

※足湯自体は無料です。タオルの自動販売機(100円/枚)があります。

<開館時間>
9:00~17:00

<住所>
〒250-0493
神奈川県足柄市下群箱根二ノ平1121
TEL:0460-82-1161
スポンサードリンク

彫刻の森美術館の足湯のおすすめポイント!


100%源泉かけ流し!

彫刻の森美術館の足湯は、美術館敷地内から湧き出る100%源泉かけ流しなのが魅力ですね。彫刻の森美術館を見て回って、「一休みしようかなぁ」と思うポイントに造られているのがにくいです。源泉かけ流しで敷地内から湧き出しているという事は、温泉の成分が逃げることなく入っているということですね。

泉質は塩化物泉で、足湯から出た後もぽかぽか温かさが続くのが特徴です。箱根は雪も積もるちょっと寒い地域です。真冬に訪れても、足湯に浸かれば、また元気に作品を見てまわれますね。


オシャレにリラックス

屋外に展示してある様々な彫刻もオシャレなものが多く、それにマッチする足湯もまたとってもオシャレです。全長30mの細長い足湯に、木目調の白いパラソルが並べられ、時々オレンジやレモンなどが浮かべられています。

現代美術のオシャレな雰囲気に、日本古来の温泉が違和感なくマッチしているなんて、流石は美術館ですね。お湯の底にはデコボコの石が埋められていて、足の裏をマッサージできます。痛いほど細かいデコボコではないので、安心して下さい。ちょうど気持ちいい位なんですよ。

足湯から見える大きな塔が「幸せをよぶシンフォニー彫刻」です。こちらは素通りしないで是非中を見て下さいね。現代彫刻なんてわかんない!という人も、きっとその美しさにため息が出てしまいますよ。

神奈川県の日帰り温泉はこちら

彫刻の森美術館の魅力!


子供も楽しめる美術館

彫刻の森美術館は、子供が遊びながら美術に触れられる作品がたくさんあります。

「しゃぼん玉のお城」や「ネットの森」など、美術作品というよりは、アスレチックのようです。子供だからこその視点で、美術を見るのもいいですね。このような作品を作る芸術家は、子供の目線を忘れていない大人なんでしょうね。

作品は時々改装や展示替えで変わっているようです。彫刻と同じポーズをとったり、彫刻の一部になって写真を撮っれみるものいいですね。普通の旅行写真とはちょっと違った写真になりますよ。

スポンサードリンク

ショッピングモールでお買い物

彫刻の森美術館では、ショッピングモールが併設されています。美術館のお土産は、お菓子1つにしてもパッケージが凝っているので、選ぶのに本当に悩んでしまいますね。

オシャレな雑貨もたくさんあるので、つい「これを飾ったら、素敵な部屋になるかも…!」と思って買ってしまいがちですが、自宅のお部屋はそれを飾ることが出来る、オシャレな部屋でしょうか…?私はいつも「素敵!…でも、自宅では浮いてしまうなぁ。」と思って買わないことが多いです。折角行ったのに、思い出になるものが無いのもまた残念です。

そんな時に私が買うのは、子供とお揃いで身に付けられるものです。彫刻の森美術館では、親子でおそろいの服を着るリンクコーデが楽しめるTシャツがおすすめです。箱根旅行の続きは、同じTシャツを着こなして楽しんでもいいですね。

神奈川県のおすすめプールはこちら

彫刻の森美術館のアクセス情報

彫刻の森美術館へは、電車で行くのが便利です。駐車場も完備されていますが、連休などの行楽シーズンはいっぱいになってしまう事もあるのでご注意下さい。

<車>
  • 東名厚木ICから約1時間40分

  • 東名御殿場ICから約40分
<電車>
箱根登山鉄道「彫刻の森」駅下車 徒歩約2分
<バス>
  • 箱根登山バス、伊豆箱根バス「二の平入口」下車 徒歩約5分

  • 箱根登山観光施設めぐりバス「彫刻の森美術館」下車

まとめ

彫刻の森美術館の足湯は、美術館を最後まで楽しむ為に立ち寄りたいポイントです。源泉かけ流しの最高のお湯に浸かって、心は美術で、体は足湯でリフレッシュしましょう!

神奈川県のバーベキューはこちら


 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

父の日プレゼント!人気ランキング!オススメのギフト【ニッチ編】

夜桜200

桜の名所「五条川」岩倉桜まつり2017年【愛知県岩倉市】夜桜ライトアップ

ハロウィンの飾りつけの定番といえば?かぼちゃおばけシリーズ

東北5か所200

東北地方の桜の名所【厳選5選】開花予想と見ごろチェック!

クリスマスのイルミネーションを北海道札幌市で楽しもう!人気スポット紹介

ふきのとう200

「ふき」と「ふきのとう」の違い。レシピと食べ方、天ぷらの作り方紹介