*

【半夏生(はんげしょう)】にタコ・うどん・鯖を食べる意味と由来

公開日: : 最終更新日:2015/05/30 ★季節の行事, ★生活の中のマメ知識


タコとうどんと鯖のイラスト

半夏生はんげしょう)」という言葉をご存知ですか?

ご存知ない方は、まずこちらの記事をご確認ください。
【半夏生(はんげしょう)】とは?その意味と歴史・由来について

「半夏生(はんげしょう)」とは、雑節の一つで、毎年だいたい7月上旬の5日間のことを指します。

本日は、その「半夏生」に、食べるものとして代表的な「タコ・うどん・鯖」がなぜ食べられるようになったのか、それぞれに食べる理由があるのではないかと思い、調べてみることにしました。

そして、これもまたいい日本の風習だという事がわかりましたので、よかったらお付き合いくださいね。

スポンサードリンク

半夏生に「タコ」を食べる意味と由来

まずは半夏生にタコを食べる意味と由来についてご紹介していきます。

半夏生にタコを食べる風習があるのは関西地方です。田植えを終えた時期にタコを食べるという事には、次のような願いが込められていました。

稲の根が、タコの足のように四方八方にしっかり根付きますようにとの願いと、稲穂がタコの足(吸盤)のように豊かに実りますようにとの願いが込められていたのです。

半夏生の時期は、特に雨が多く降る時期に当たります。ですから、稲だけではなく、全ての農作物の豊作を祈る意味もあったのかもしれません。

そして、タコから稲穂をイメージするという頭の柔軟性には感心してしまいますね。色々な先入観からか、大人になるとこれはこうであるという決めつけが強くなってしまいますよね。

でも、昔の人は、色々な顔を見せてくる自然と向き合っていたからこそ、頭も行動も柔軟だったのかも知れませんね。

美味しそうなタコの写真

半夏生に「うどん」を食べる意味と由来

さて、うどんといえばどこでしょう?

そうです、全国的に有名なのは香川県です。半夏生にうどんを食べると言う風習が根付いているのは香川県です。

普段からうどんを食べている地域で、なぜ半夏生の日にうどんを食べるようになったのでしょうか。それにはこんないわれがありました。

むかし、香川県の農村では、麦の刈り入れや田植えが終わる半夏生のころ、その年に収穫された麦をつかってうどんを打って、農作業を手伝ってくれた人々に振る舞っていました。

この風習が受け継がれ、今に至っているというのが通説です。

いつ頃からこの風習があるのか定かではありませんが、農耕が盛んだった日本では、神様へその年に取れた農産物を供えて祝う、収穫祭が起源だったのかもしれません。

この、うどんを振る舞う風習から、1980年香川県の「本場さぬきうどん協同組合」が、7月2日を「うどんの日」に制定しました。それ以来、香川県内各地で様々なイベントが催されるようになりました。

うどんの無料サービスなどもありますので、一度出かけられてみてはいかがでしょうか。

うどんは消化吸収がよく、エネルギー源としての即効性が高く、風邪をひいたときなど、身体が弱っているときの食べ物として最適です。

美味しそうなうどんの写真

半夏生に「鯖(さば)」を食べる意味と由来

半夏生に鯖を食べるのは、福井県大野市を中心とした地域です。

その時期に食べる鯖を、はんげっしょさばと呼んで、一匹丸ごと焼いた「焼鯖」を、一人一本ずつ家族全員が食べると言う風習です。

鯖と言えば秋を連想しますが、旬の時期には早い、半夏生に焼鯖を食べるようになったのには、このような由来があります。

むかしむかし・・
江戸時代、この地域は大野藩と呼ばれていました。この藩は海沿いの四ケ浦に飛び地の領地を持っていました。その飛び地では鯖の水揚げが多く、年貢として納められていました。

大野藩の殿様は、漁村の年貢軽減と田植えで疲れた農民の栄養補給として、鯖を食べることを推奨する御触書を発布しました。それを見た町内の魚屋さんが、半夏生の日に焼いた鯖を売りに出したのです。当時、魚は高価なものでしたが、半夏生の日だけは家族分を買って食べたのです。

このことが受け継がれ、現在も地域の風習として根付いているのです。

鯖は身体にいい栄養素をたくさん含んでいます。特に、疲労回復や、細胞の再生に効果を発揮するビタミンB群を多く含んでいます。このことから、田植えが終わった時期に「焼鯖」を食べるのは理に適っていると言うわけです。

鯖の塩焼きの写真

半夏生のタコ・うどん・鯖 まとめ

半夏生にタコ・うどん・鯖を食べることが、とても身体に良いことがわかりました。

どの食品も栄養価が高く、農作業で疲労した身体の回復にはもってこいの食べ物です。今のように学問が発達していなかった時代ですが、当時の人たちは、これを食べると身体の調子がいい、と実感していたのではないでしょうか。

この良き風習が、いつまでも受け継がれますようにと願わずにはおられません。

この記事を読んだ人は、コチラの記事も読んでいます。

【半夏生(はんげしょう)】とは?その意味と歴史・由来について

お盆【盆提灯を飾る意味と由来】飾り方とその期間「いつからいつまで飾るのか」

【初盆・新盆】の意味と準備・まつり方「お供えやお布施、精霊馬について」

【盆踊り】その起源と由来について、また盆踊りに込められた意味とはなにか

京都の【地蔵盆】の由来と意味、お盆との違いはなに?お供えの仕方について

Author Profile

あんちゃん
季節ごとのイベントを中心に記事にしています。

他にも子育てや、育児と仕事との両立に関してなどを執筆していきたいと考えています。

よろしくお願いします(^^)/

関連記事

月200

【ブルームーン】とは?意味とどんな願い事が叶いやすいの?

2015年7月31日(金)、世間ではブルームーンだと大騒ぎになっていましたね。 さ

記事を読む

ハロウィンでプレゼント交換のタイミング!?友達や彼氏に何をあげる?

いつしか日本でも定着していたハロウィン☆ 最近は若い世代を中心に、まるでクリスマス

記事を読む

なぜ?母の日にカーネーションを贈るの?色にも意味が。母の日の由来。

5月の第2日曜日は「母の日」として知られています。 この「母の日」という概念は 日本

記事を読む

バーベキュー200

愛知県南知多町【魚太郎】で手ぶら浜焼きバーベキュー☆絶品魚介類を楽しもう!

夏と言えば、バーベキュー! 家族と、お友達と、みんなでワイワイ大はしゃぎしながら楽

記事を読む

ハロウィン

ハロウィンメイクを子供にしても大丈夫?化粧品の注意点は?動画も参考に☆

最近のハロウィンでは、小さな子供たちも本格的な仮装をしていますよね。 衣装もたくさ

記事を読む

フェス

春フェスの準備【女性編】どんな格好で何を持って行けばいいの?初めてで注意するべきことは?

野外フェスといえば夏フェス!というイメージが強いですが、ここ2~3年では春に行う春フェスも急

記事を読む

お茶とサザンカ

新入社員向け。おいしいお茶の入れ方、出し方などのマナー【接客時】

お茶はおもてなしの心 新社会人の方は、入社おめでとうございます! そして、既に働いて

記事を読む

弘前公園200

青森県【弘前公園】桜の開花予想と桜まつり・アクセスと駐車場情報★

青森県の【弘前公園】といえば、「日本さくら名所100選」に選ばれている、東北地方でも有数の桜

記事を読む

森林公園200

愛知県尾張旭市【森林公園】で手ぶらバーベキュー&乗馬を楽しもう!

空気がキレイな森林の中で、おいしいバーベキューをお腹いっぱい食べたーい!そんなあなたに、一押

記事を読む

グリーンバレーのみかん狩りのイメージ画像

愛知県知多半島のみかん狩りは【南知多グリーンバレイ】がおすすめ

南知多グリーンバレイのみかん狩りに関するページです。 みかん狩りのおすすめポイントだけ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク

スポンサードリンク

336✕280から300×600に変更中

勉強
進研ゼミ小学講座「チャレンジ5年生」無料の資料請求をしてみての感想

子どもの教育・・・。言葉ではよく聞きますが、実際のところ、どん

【らっきょうの漬け方】酢の効能で血圧やダイエットにも☆

らっきょうといえば、5月~7月頃が旬。もっとも出荷量が多くなる

久津間海岸200
福岡県福岡市【雁ノ巣海岸】無料穴場スポットで潮干狩り!あさり、マテ貝

春~夏といえば、潮干狩りのシーズンです!4月になり、桜の花が散

唇の乾燥や痛みに!はちみつ効果でプルプルになる無添加コスメ☆【リップビジュー】

唇は、顔の中でも、結構印象に残りやすい場所。でも、意外と乾燥し

木更津・三重200
千葉県船橋市【ふなばし三番瀬海浜公園】で潮干狩り!バーベキューや渡り鳥も

潮干狩りに最適な季節がやってきましたね! 千葉県といえば

→もっと見る

PAGE TOP ↑