【桜の名所五条川】岩倉桜まつり2017年「のんぼり洗いで鯉のぼりが川を泳ぐ!?」愛知県岩倉市

スポンサーリンク  

のんぼり1

5月5日は子どもの日!
子どもの日といえば鯉のぼり!!!

ここ愛知県岩倉市の「岩倉桜まつり」では、岩倉市内に存在する400年以上も続いてきた、由緒ある「のんぼり屋さん(旗屋さん)」が、昔ながらの手作業で作った「鯉のぼり」が、なんだか優雅に、五条川の中を泳いでいますね。

これは一体なんなのでしょうか?
本日は、この「鯉のぼりが川を泳ぐ」=「のんぼり洗い」について、ゆっくりとお伝えしていきたいと思います(*^_^*)

スポンサーリンク

鯉のぼりが川を泳ぐ!「のんぼり洗い」ってなに?

みなさんは、「鯉のぼり」は知ってますよね?「鯉のぼり」というと、どんな素材で作られたものを思い浮かべますか?「のんぼり洗い」を知るためには、まず、みなさんの頭の中にある「鯉のぼり」の素材から書き換えないといけないかも知れません。

400年以上続く、のんぼり屋さん(旗屋さん)

現在見かける「鯉のぼり」の多くは、丈夫で安価で取扱いのしやすい、ナイロンやポリエステルなどで大量生産になってしまっていますよね。【鯉のぼりセット】一式で1~2万円程度のものの多くは、恐らくそういうものだと思います。

ですが、本来の「鯉のぼり」は一つ一つ職人さんによる手作業で作られていました。そして、この岩倉市には、未だに一つ一つを手作業で作ってくれる、本物の職人さんによる「のんぼり屋さん(旗屋さん)」が残っているんですね。

のんぼり2

鯉のぼりができるまで

本格的な「鯉のぼり」を作るのには、どんな製造過程があるのでしょうか?

<本格鯉のぼりができるまで>

1)下絵つけ・・・・・白い生地に、鯉のぼりの絵柄を描きます。
2)糊(のり)おき・・・色がにじまないように、防染をします。
3)染めつけ・・・・・絵柄に合わせて、色を挿していきます。
4)のんぼり洗い・・・2でつけた糊(のり)を落とします。
5)縫製・・・・・・・糊(のり)を落とした布を縫い合わせ、鯉のぼりの形にします。

ですので、「のんぼり洗い」というのは、鯉のぼりの製造過程の一つだということです。

のんぼり洗いを見てみよう!

「のんぼり洗い」って、鯉のぼりの、糊(のり)落とし作業のこと!その様子を見てみましょう☆

のんぼり洗いの手順

「のんぼり洗い」の開始時間がくるまで、鯉のぼりは五条川の中にひたしてあります。

のんぼり3

時間がくると、職人さんがやってきて・・・

のんぼり4

のんぼり洗い = 糊(のり)落とし作業 が始まりますよ~♪

のんぼり5

まずは、上にのっている、桜の花びらをよけて・・・

のんぼり6

ハケのようなもので、こすります! 糊(のり)を落とします!

のんぼり7

こうしていくうちに、表面の糊(のり)が落ちていき、下から「鯉のぼりの鮮やかな色」が浮き出てくるのです!

片面をやり終えたら、今度はひっくり返して・・・

のんぼり8

ふたたびこすります。

のんぼり9

しっかりと糊(のり)が落ちたら、岸に上げ・・・

のんぼり9
のんぼり11

のんぼり12

太陽の下で乾かしていくんですね。

のんぼり13

のんぼり洗いの日程

【岩倉桜まつり】では、全日程で最低1回は、この一連の作業が見られるようになっています。

2017年の日程は、以下のとおりです。

<岩倉桜まつり 2017 詳細>

【期間】 2017年3月31日 ~ 4月9日

【会場】 愛知県岩倉市 下本町(しもほんまち)
    (五条川 豊国橋(とよくにばし)周辺)

【夜桜ライトアップ】 18:00 ~ 21:00

【交通】 名鉄犬山線「岩倉駅」下車
     東口より徒歩5分

———————————————

【のんぼり洗い実演】

のんぼり地図

<場所> 中本町 豊国橋北

4月1日(土)
4月2日(日)

10:30~ 
12:30~
14:30~

———————————————

3月31日(金)・4月3日(月)~9日(日)
11:30~

※ 天候等により中止になる場合もあります。


※ なお、環境等に配慮して、この「のんぼり洗い」で使用している糊(のり)は、原料が「もち米、米ぬか、塩」で出来ているそうです。ですので、川の中で落としても、それらの糊(のり)は、本物の鯉のエサとなるそうです。すべてが細やかに考えられていますね。

この、のんぼり屋さんのプロモーションビデオもありました。
ご興味のある方、本格的な格式ある鯉のぼりをつくりたい方は、是非チェックしてみてください!

のんぼり洗い まとめ

桜は、他のところでも見ることができますが、この「のんぼり洗い」が見られるところは非常に珍しいと思います。毎年この時期になると、このためだけに全国からたくさんの方が訪れる、というのも納得できますね。

今年は是非、美しいとともに、「のんぼり洗い」を見るために愛知県岩倉市まで足を運んでみてはいかがですか?

この記事を読んだ人は、コチラの記事も読んでいます。


スポンサーリンク

関連記事

お墓詣り200

彼岸入りとは?2015年はいつ?意味と由来と期間。春と秋のお彼岸。

香良洲海岸200

三重県津市【香良洲海岸】無料の穴場スポットで潮干狩り!あさり、マテ貝、バカ貝

200

愛知県の離島【佐久島】アートな穴場スポットで潮干狩りと海水浴

関東の紅葉でおすすめ名所は?見頃時期と1泊2日で行くならココ!

あじさい200

愛知県蒲郡市【形原温泉 あじさいの里】開花状況と天然温泉

e24ba80cbf048b3

愛知県にある超穴場スポット【梶島:かじしま】無人島で潮干狩り!