【おいしいいちごジャムの簡単レシピ】酸っぱいいちごの救済法☆

スポンサーリンク  

いちご

「いちご」と言えば、真っ赤で、甘~くておいしいですよね♡
ツヤツヤしてて、大きな粒。ちょっとかじると「ジュワ~」とおいしい果汁が出てくるいちごは、とにかく手が止まらないですよね。

でも、季節を外れてしまったり、どうしても傷んできてしまったり、絶対量が多すぎてしまったとき・・。そのまま食べるよりも、いちごジャムにしていただくのもおいしくておススメです。

今日は【おいしいいちごジャムの簡単レシピ】酸っぱいいちごの救済法☆と題しまして、簡単にいちごジャムがつくれる方法をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

簡単!いちごジャムの作り方

まずは、基本のいちごジャムの作り方をご紹介します。

簡単!いちごジャムの材料

まず、「いちごジャム」を作る際の基本の材料です。

いちご・砂糖・レモン果汁

シンプルにもほどがありますね。笑

簡単!いちごジャムの作り方

では、材料がそろったところで、作り方の説明です。

<簡単!いちごジャムの作り方>


  1. まず、いちごをしっかり洗って、ヘタをとります。水気はしっかりと、きっておきましょう。


  2. お鍋に、いちご・砂糖・レモン果汁を入れ、全体を少し混ぜて、1時間程度放っておきます。


  3. 1時間ほどすると、いちごから水分が出てくるので、それが確認できたら火にかけ始めます。(中火でじっくりコトコトと煮込んでいきます)


  4. 少し煮ると、いちごから「あく」が出てくるので、それをすくって取りのぞきます。


  5. 30分ほど煮詰めると、鮮やかな赤色になってくるので、とろみがついてきたら完成☆保存用のビンに入れて完成です。

材料を全部まとめて鍋に入れて、じっくりと火を通すだけ!とにかくシンプルな行程であっという間に完成です。

いちごジャム

詳細なレシピはコチラです。

使う「いちご」の甘さや量に合わせて、砂糖の量を調節します。ですが、砂糖が少なすぎると、今度は傷みやすくなってしまいますので、いちごと砂糖の割合は「1:1」お砂糖は必ず50%以上になるようにしてください。


ポイント!


お砂糖の量は、いちごと同量・もしくはそれ以上!


甘さを控えめにしようと、お砂糖を少なくすればするほど、どうしても保存できる期間が短くなってしまうのです。ご注意くださいね。

酸っぱいいちごをジャムにするなら

上記では、基本の「いちごジャム」の作り方を説明しましたが、もしも、使用するいちごがとっても酸っぱい場合は・・・。

酸っぱいいちごをジャムにするポイント

基本の「いちごジャム」は、いちごをまるまる使用します。粒の形が残るような感じで煮込むんですね。

ですが、もともと使用するいちごが酸っぱい場合は、いちごを小さく切ってから使用することをおススメします。

小さく切ってあれば、お砂糖もまぶしやすくなりますし、中までしっかりと浸透するようになりますので、酸味よりも甘味の方が際立つようになると思われます。


ポイント!


酸っぱいいちごは、細かく切って使用すること!

なお、使用する「レモン果汁」の量を減らすのもOKです。

【おいしいいちごジャムの簡単レシピ】まとめ

今日は、「いちごジャム」の作り方をお届けしました。ちょっとの工夫で「酸っぱいいちご」もおいしく変身!無理してそのまま食べず、よりおいしくいただけるように。ほんの一手間で全然違うおいしさを楽しめます。

「少しの手間」を楽しみながら、生活を少しでも豊かにしていきましょう。

この記事を読んだ人は、コチラの記事も読んでいます。

【おいしい梅ジュースの簡単な作り方】1日でできちゃう魔法のレシピ

【とうもろこしの究極においしいゆで方】レンジはダメ。水から?

【冷製パスタのゆで方のコツ】人気レシピはトマト・アボガド・明太子

【インスタントラーメンのアレンジレシピ】ひと手間でおいしく(醤油・味噌・塩)

スポンサーリンク

関連記事

整備士200

スタッドレスタイヤはホイール付きで。保管も工賃も寿命の面でも考える

暑中見舞い200

【暑中見舞い】上司、親戚、先生などへ出す際の理想的な文例集

冬用マタニティパジャマ200

かわいい【おしゃれマタニティパジャマ(冬用)】授乳も寒さ対策もOK☆

焼きリンゴ200

フライパンで焼きリンゴ!まるごとじゃなくていい!?ヘルシー調理法♪

八重洲さくら通りの桜の開花予想とアクセス方法を紹介するイメージ画像

東京都【日本橋・八重洲さくら通り】桜の開花予想とアクセス方法

戸田川緑地200

名古屋市港区【戸田川緑地】で手ぶらバーベキュー!アクセスと駐車場情報