【おいしい梅ジュースの簡単な作り方】1日でできちゃう魔法のレシピ

スポンサーリンク  

梅ジュース

梅酒のおいしい季節がやってきました。

新緑がまぶしく、青梅がキレイな緑に輝く時期は、「青梅をどんな風に調理しようか」とワクワクしたりしてしまいますね。

梅酒・梅ジャム・梅味噌・梅シロップ……。なんにでも合う「梅」は最高の果実です。

今日は、そんな中で、「梅酒は飲めない(お酒は飲めない)、でも、あの梅の風味を楽しみたい!」そんな方に向けて【おいしい梅ジュースの簡単な作り方】をお伝えしたいと思います。

何日も漬け込むことなく、たった1日で出来てしまうので、きっと驚きますよ~。

スポンサーリンク

【おいしい梅ジュースの簡単な作り方】レシピ

まずは、必要になる材料の確認です。

おいしい梅ジュースの材料

材料は、実に、驚くほどシンプル。

青梅  500g
砂糖  500g(種類は問いません)
水   1リットル

これだけです(笑)実にシンプル極まりないですよね。

おいしい青梅の選び方

青梅

梅雨入り間近になると、だんだんと梅の実が熟してくる頃です。

青梅は、5~7月の、梅雨時期を逃してしまうと、翌年まで手に入らなくなってしまうので、必要な分はこの時期に買っておかないと、今年一年を逃してしまいますので要注意!

<よい青梅の選び方>

  • 傷がなく、粒の大きさがそろっているもの。

  • 色が緑で、硬いもの。
  • (出始めで、鮮度のよいものは、実がしまっていて硬いのです)

※梅が黄色くなり始めていて、斑点などが出ているものは、鮮度が落ちている証拠ですから、避けてください。

スポンサーリンク

おいしい梅ジュースの作り方

手順1

まず、手に入れた青梅を冷凍します!

<青梅を冷凍する理由>

なぜ冷凍するかというと、冷凍することで、梅の繊維が破壊され、梅のエキスが出やすくなるからです。

通常のように1か月以上漬けておくような場合は、冷凍しなくても大丈夫ですが、少しでも早く梅のエキスを抽出し、梅ジュースを完成させるためには、必須の手順です。

できれば、一晩、もしくはそれ以上凍らせることをおすすめします。

手順2

お鍋に、材料の「水・砂糖・凍った青梅」全部を入れて、火にかけます。

(お砂糖の種類はなんでも大丈夫です。白砂糖・黒砂糖・きび砂糖・三温糖・・・などなど、お好みでいろんなタイプのお砂糖を試してみるのもいいですね♪)

沸騰しそうになったら、弱火にして10分煮ます。

梅ジュース・鍋説明

手順3

10分経ったら、完成!あとはビンなどの保存容器に入れれば完成です!

梅ジュース

詳細なレシピはコチラ

あまりの手軽さに、この作り方で作った方が多数いらっしゃいます。時短!カンタン!ラクチン!これなら、作ったことがない、やり方もさっぱりわからない、そんな人でも気楽に挑戦できてしまいますね♪

【おいしい梅ジュースの簡単な作り方】まとめ

本日は、「おいしい梅ジュースの簡単な作り方」をお届けしましたが、いかがでしたでしょうか?

本当に驚くほどに簡単でしたよね!基本的に梅酒も梅ジュースも、ビンに入れて「1か月以上寝かせて(待って)から」しか飲めないものだと思っていましたが、青梅を冷凍するという手段をとることで、完成までのスピードを一気にアップ!とても素晴らしいアイディアですね!

これをきっかけにして、たくさんの方が、既製品ではなくご自身の手で「おいしい梅レシピ」に挑戦できるように祈っています。

青梅の入手法を迷ってらした方はコチラで購入できます。

既に冷凍されているものもあるので、これでしたら、届いた途端にすぐ調理できますね。

よろしかったら、ご利用いただけると便利かと思います。

この記事を読んだ人は、コチラの記事も読んでいます。

梅酒を作ろう。梅酒の作り方、レシピ紹介と、まとめ動画。

梅酒のおいしい飲み方☆人気カクテル風味の作り方・割り方【5選】

主婦必見!ひき肉料理でレシピを増やそ♡おいしくて人気♪

低カロリーで激ウマ!豆腐クリームレシピとチーズケーキの作り方

スポンサーリンク

関連記事

スナックワールド

妖怪ウォッチに続くヒットメーカーなるか!?スナックワールドとはどんなゲームなの?

クリスマスチキン

クリスマスチキンの温め方。中はジューシー外はパリッと!にするには?

さんま200

【さんまの旬】おいしいさんまの選び方・効果と効能。調理方法について

八重洲さくら通りの桜の開花予想とアクセス方法を紹介するイメージ画像

東京都【日本橋・八重洲さくら通り】桜の開花予想とアクセス方法

あじさい(岡山)

岡山県美作市【あじさい寺 大聖寺】あじさい七夕まつりとアクセス

恵比寿海岸200

三重県鳥羽市【千鳥ヶ浜海水浴場】海水浴と地引網体験