2015年立春はいつ?立春大吉の札を貼る意味は?

スポンサーリンク  

梅の花

まだまだ寒い日が続いていますが
今日は2月4日、まさに立春(りっしゅん)ですね。

さて、普段あたりまえのように耳にしている
「立春」ですが、元々どんな意味なのでしょうか?

そして、この時期に合わせて貼る お札に書かれている
「立春大吉」という言葉。
果たしてどんな意味があるのでしょうか?

なんとなくご近所が出しているから、という理由で
札を飾る方はみえますが

いつまで貼るの?どんな意味があるの?

意外と知らないその事実。

今日は

・2015年の「立春」はいつ? そしてどんな意味?

・「立春大吉」の札はどんな意味があるの?いつまで貼るの?

について、お届けします。

スポンサーリンク

2015年の「立春」はいつ?どんな意味?

立春」って、よく聞く言葉の割に、
意外と意味を知らないんですよね。笑

まずは「立春」の意味から確認していきましょう。

立春とは?

「立春」とは、二十四節気の第1に当たり、春の始めといわれています。

旧暦でみるところの「お正月」。
年の初め。1月1日に当たるんですね。

季節の節目は、この日が起点となっています。

ですので、
歌にもある、
「♪~夏も近づく八十八夜~♪」の
「八十八夜」(大体5月2日あたり)とか

台風などが来るので、厄日として気を付けよう、と言われる
二百十日(大体9月1日あたり)などは

「立春」から数えて
「それだけの日数が経ったよ」という日付となります。

「八十八夜」関連記事はコチラ ➡ 新茶の話 )

梅の花

この日が寒さの頂点となり、
翌日からの寒さを「残寒」または「余寒」といい、
手紙や文書等の時候の挨拶などで用いられたりもしますね。

<2月の手紙で利用する事項の挨拶、例文>

■ 余寒(晩寒、残寒、残冬、晩冬、向春)の候
■ 余寒のみぎり
■ 残寒厳しい折
■ まだ春浅き折
■ 余寒いまだ去りやらぬ今日このごろ
■ 余寒なお骨身にしみる毎日が続いております
■ 立春を迎え、寒さも一息ついております
■ 朝夕にはまだ寒さが残っております
■ 暦の上では春とはいえ、余寒の続く毎日です
■ 立春とは名ばかりの寒さが続いております
■ 春の訪れを待ちわびるころとなりました
■ 寒さの中にもどことなく春の訪れを感じるころとなりました
■ 早咲きの梅もほころびはじめるこのごろ
■ 春の兆しを感じるころとなりました
■ うぐいすの初音に春の訪れを感じる日を迎えました

「春」という字が入っているだけに
つい暖かくなることを想像してしまいますが
まさかの!最も寒い日だったとは!笑

でも、こんな寒い日々もあと少しの辛抱ですよ。

暦の上では、春が始まったのですから
だんだんと日差しがあたたかくなり
梅の花がほころび始めるのも、もうすぐです(*^_^*)

2015年の「立春」はいつ?

2015年の立春は、2月4日 となっています。

立春は、節分の翌日と覚えている方も多いと思いますが、
実は節分は必ずしも2月3日とは決まっていません。

っえぇぇぇぇぇーーーーーー!!!????

setsubun_akaoni_mame

というのも、「節分」というのは
2月3日のことを指すのではなく、むしろ逆で

節分は、もともと各季節の始まりの日
(立春・立夏・立秋・立冬)の前日のことをいい、
「季節を分ける」ことを意味しています。

いわゆる「季節の変わり目」ということになります

1984年までは、
4年に1度の閏年は2月4日が節分であったが、

2025年から(2021年からになる可能性あり)は
閏年の翌年に2月2日が節分になります

ということで、
今は2月3日だと思い込んでいる「節分」
もしかしたら、2025年以降は
2月2日になるかも知れないみたいです。

私たちが、当たり前のように思っている
イベントの日付が、こうして変更になるなんて
なんだかとっても神秘的ですね!

こういった、季節の節目や、
年中行事の由来・歴史などについて
詳しく知りたい方には、こちらの書籍もおススメ☆

二十四節気、七十二候ごとに、
見開き単位で季節の言葉や風物詩を解説している一冊です。


総頁224ページと、結構ボリュームがあって、読み応えも充分。

季節の日本画や和菓子、句や歌なども紹介されていて、
日本人としての教養が深まりそうです。

全ページに入るカラーイラストが、
とても丁寧に描かれていて美しいのもポイント。
デザイン面でもクオリティが高いので、
プレゼントにも喜ばれそうですよ(≧▽≦)

スポンサーリンク

「立春大吉」の札はどんな意味があるの?いつまで貼るの?

「立春大吉」の札とは?

huda

立春の日に、禅寺の門前に張り出される文字、
またはそのお札(おふだ)のことですね。

先ほども言いましたように
旧暦では「立春」がお正月に当たりますから
まさに立春は、新年の始まりの日なのですね。

新しい1年が始まるにあたって
その1年がいい1年になるようにという
願いをこめてお札を貼るのだそうです。

さらに、この札をよく見てください。

このお札、なんと!

左右対称なんですね~(≧▽≦)

表から見ても、裏から見ても
【立春大吉】と読めるということですね♪

実は、この「左右対称である」ということこそがポイントなんです!

なにがそのポイントかというと、
それが伝わりやすい面白い逸話を以下に紹介しますね♪

 

その昔、立春大吉と書かれた御札が貼ってあった家に
鬼が入った事がありました。

ふと鬼が振り返ると、さっき入る時に見えた
立春大吉の文字が見え(鬼から見て裏側から見ている)

「まだ入ってなかったのだ」と思い、
逆戻りして出て行ってしまった、というものです。

これにより、立春大吉のお札を貼っていると
厄除けになると言われているのです。

 

現代では、節分がメイン行事となりつつありますが、
それはあくまでも、新年を迎えるための邪気払いなので、
節分は、今でいうところの「大晦日」。

大晦日が明けて、新しい年をお迎えするという「立春」こそ
華やかなお祝いするべき日なのかも知れませんね☆

立春大吉の札、いつまで貼るの?

「立春大吉」の札は、一年中貼っておいて
来年の立春に、また張り替えましょう(*^_^*)

立春大吉 まとめ

鬼が入っても、左右対称の文字を見ることで
「まだこの家には入っていない」と思い込み、出て行く。

   ↓
   ↓

「その年1年を平穏無事に過ごすことができる」

という意味の【立春大吉】

1年間、無事に貼れるよう、袋などに入れて
貼っておいた方がよさそうですね。

スポンサーリンク

関連記事

梅雨入り

「梅雨入り」その定義と「梅雨」の語源・由来について

有田巨峰村-森園(梨200)

和歌山県有田川町【有田巨峰村 森園】でぶどう&梨狩り!

ハロウィンのお菓子

ハロウィンお菓子は手作りで。かぼちゃのプリンとマフィンとスコーン☆

【らっきょうの漬け方】酢の効能で血圧やダイエットにも☆

【夏の簡単おもてなし料理】お盆も法事もこれでおまかせ☆

ふうせん

【ハロウィンにピッタリのBGM】かわいい曲をディズニーパレードから