クリスマスディナーはケンタッキー!予約は必要?有名な理由とネット注文について。

スポンサーリンク  

チキン

クリスマスの夜はどのようにお過ごしですか?

まだ独身の方たちは、カップルでゆっくりと過ごしたり、クリスマスデートを楽しんだりするかも知れませんが、家族もちの方たちは、最近の景気の影響もあり、お家でのんびり過ごすパターンが増えていますね。

ファミリーで過ごすクリスマスの強い味方が、ケンタッキーです!いつしか「クリスマスはケンタッキー」という文化が根付いていて、その予約数、販売数は相当なものになっているようです。

このページでは、クリスマスのディナーでケンタッキーを選ぶ際に予約が必要なのかという点と、ケンタッキーはいつから有名になったのかという疑問について紹介していきます。ケンタッキーを食べながら、豆知識も披露したい方におすすめの内容となっています。

スポンサーリンク

クリスマスディナーはケンタッキー!?予約は必要?

毎年購入している人は知っているかも知れませんが、クリスマスのケンタッキーは大変混雑します。それはそれは想像を越えた数の人でいっぱいになるのです。

なので、クリスマスにケンタッキーを購入しようと思っている人は、絶対に予約は必須です!

お店によっては、クリスマス当日は予約分しか販売していない店舗もあります。そうでなくても、ふと思い立って買いに行くと1時間以上待ったという話しもあります。ですので、事前に「クリスマスはケンタッキーにする!」という意識があるのであれば、予約しておくことをオススメします。

フライドチキン

これは、働く側の目線ですが、何時頃に、およそ何本くらい出るのかを事前に把握できているというのは、それだけでも重要な情報です。少し情報があるだけでも、余裕をもって対応できますね。

ちょうど12月24日の17~19時頃に、混雑のピークを迎えます。この時間の予約分をさばくために、昼間お店を閉めている店舗もあるそうなので、このあたりは各店舗への確認が必要そうです。

予約そのものも、ある一定の予約枠を超えると受け付けてもらえないこともありますので、できる限り早めに連絡することが大切です。23日などは、既に受付終了している可能性があります。

スポンサーリンク

クリスマスディナーはケンタッキー!?いつから有名に?

今でこそ「クリスマスはケンタッキーで」というのは、いわゆる常識になりつつありますよね。でも、よく考えてみれば、ケンタッキーは日本のものでもないし、クリスマスも日本のイベントではないんです。一体いつからこんなに有名になったのでしょうか?

そこには、日本在住の外国人の存在がありました。

もともと、ケンタッキーフライドチキンの日本第1号店がオープンしたのは1970年11月21日のこと。当時の日本には、骨付き肉を手で食べると言う文化もありませんでした。

しかし、その頃はちょうど時代は「高度経済成長」の真っ只中!欧米文化を積極的に取り入れて、アメリカ式のライフスタイルを目指そうというところだったのです。

道路

時はクリスマス、東京のケンタッキーフライドチキンに、日本在住の外国人がやってきました。来店理由は「日本ではターキー(七面鳥)が手に入らないので、 KFCのチキンでクリスマスを祝おうと思った。」とのこと。

確かに、日本では七面鳥を食べる習慣などありませんでした。ですので、ほとんどのお店で販売していなかったのですね。その代わりとして求められたのが、ケンタッキーのチキンだったのです。

これは、またとないビジネスチャンスです!「クリスマスには、ケンタッキーのチキンを」というコンセプトは、この出来事をきっかけにひらめいたと言われています。

そして、このコンセプト通り、テレビのCMや街頭販売などのキャンペーンを打ち出していった結果、いつしか人々の頭の中には、クリスマスになるとケンタッキーのチキンを食べるという図式が完成し、今のような流れができているのです。

素晴らしいコンセプト&マーケティングの成果ですよね。見事に、ケンタッキーの戦略は大成功を収めたのでした。


クリスマスディナーはケンタッキー!?ネットでラクラク予約

さて、そのマーケティングが成功した結果、今では、クリスマスは予約がいっぱいのケンタッキーですが、仕事が忙し過ぎて、なかなか予約に行けない人もいるのではないでしょうか?

そんな方におススメなのが、楽天が行っている「楽天デリバリー」です。

ネットでラクに注文できて、さらに宅配までしてくれるという優れもの!注文金額の1%分は楽天ポイントもたまるのだそうです。

あなたが今お住まいの住所を入れると、そこから宅配をしてくれる最寄りのお店が検索できます。宅配まで対応しているのは、まだそれほど多くはないようですが、いずれ全国各地で対応できるようになったら、ますます大忙しになってしまいますね。

よかったら、一度試しに調べてみてはいかがでしょうか?あなたの元に、ケンタッキーがチキンをお届けしてくれるかもしれませんよ♪


まとめ

今では当たり前のようになっている、クリスマスのケンタッキーですが、やはり企業としての確固たる戦略があった上で完成しているんですね。

もともとが、ターキー(七面鳥)の代わりとして流行し出したとは驚きです。本当に、さまざまな歴史がありますね。

大変混雑すると知りながら、今年はあえてのケンタッキー、いかがでしょうか?楽しいクリスマスをお過ごしください♪

この記事を読んだ人は、コチラの記事も読んでいます。

スポンサーリンク

関連記事

博多祇園山笠200

【博多祇園山笠】追い山笠や集団山見せ、流舁きについて。

コーヒー牛乳

カフェオレとカフェラテとコーヒー牛乳は何が違う?「生まれた国と歴史」

マリンパーク200

静岡県【マリンパーク御前崎】で海水浴&タートルスライダー・アクセス情報も

武蔵野公園の桜の開花予想とアクセス方法を紹介するイメージ画像

東京都立【武蔵野公園】 2017年 桜の開花予想とアクセス方法

イルミネーション

クリスマスのイルミネーションを楽しめる北海道函館市の穴場スポットベスト3

五稜郭200

北海道【五稜郭公園】2017年桜の開花時期とお花見ジンギスカン