*

古館伊知郎さんは報道ステーションを何年やっていたの?

公開日: : 最終更新日:2017/02/11 ★生活の中のマメ知識, 芸能ニュース


ペンとメガネとニュース

報道ステーションで夜の顔となっていた古館伊知郎さんが番組の降板を表明しました。

まだテレビ朝日からの発表はありませんが、既に後任のキャスターは誰になるのかという話題がネット上で流れています。

そんな古館さんですが、いったいいつから報道ステーションのキャスターを務めていたのでしょうか?

スポンサードリンク

古館伊知郎さんは報道ステーションを何年やっていたの?

古館さんは報道ステーションのメインキャスターを2004年から務めていました。

年数にして12年間もの間、夜の顔として活躍してきたのです。

第一回目はいつ?

ちなみに第一回は2004年の4月5日からスタートしています。

スポンサードリンク

いつまで報道ステーションに出てくれるの?

発表の中では2016年の3月いっぱいまでは古館さんの姿を報道ステーションで見ることができるという話しです。

「新しいジャンルに挑戦したい」という古館さんの気持ちを尊重されての降板ということです。

古館さんにどんなジャンルに挑戦してほしい?

古館さんが報道ステーションを降板することにより、今後はどんなことで活躍してほしいかという点にも注目が集まっています。

プロレスなどの格闘技の実況を待ち望んでいるという声はすでに上がっているので、今後どのようなジャンルで活躍するのか目がはなせませんね。

この記事を読んだ人は、コチラの記事も読んでいます。


関連記事

ジンギスカン200

北海道のソウルフード【ジンギスカン】お花見にも登場!

日本全国、どの都市にも必ずある「ソウルフード」 その土地に住む人たちが、愛してやま

記事を読む

【夏の簡単おもてなし料理】お盆も法事もこれでおまかせ☆

夏と言えば、お盆。どこの家庭も、実家に帰省したりする季節。親戚一同が会することも増え、大人数

記事を読む

悩む

職場の人間関係。心がラクになる対処法5選。

職場で最も大切なのは「人間関係」 春、4月。 どこの職場も新入社員が入ってきて 新しい空気

記事を読む

お札

お札の向きで金運アップ!長財布に入れてお金の貯まる人の特徴

日常を生きていく上で欠かせないもの・・・。お金・・・。 お金は本当に不思議ですよね

記事を読む

【半夏生(はんげしょう)】にタコ・うどん・鯖を食べる意味と由来

「半夏生(はんげしょう)」という言葉をご存知ですか? ご存知ない方は、まずこち

記事を読む

たけのこあく抜き200

【あく抜きには重曹!】たけのこ、わらび、山菜類すべてにOK♪

春先になってくると、たけのこや山菜など、季節のおいしいものが顔を出し始めますね。最近では、便利に

記事を読む

鍋

冬場に石油ストーブでコトコト煮込むおいしいオススメ料理!牛すじ・ホルモン・大根と鶏肉

冬場に出てくる暖房器具といえば、昔ながらの石油ストーブ☆ 灯油を燃やして、穏やかな

記事を読む

top200

秋の味覚【スイートポテト】簡単、おいしい、絶品な作り方とアレンジ料理

秋といえば、食欲の秋。サンマにクリに、サツマイモ。おいしい食べ物がいっぱいありますね。

記事を読む

クリスマスチキン

クリスマスチキンの温め方。中はジューシー外はパリッと!にするには?

クリスマスといえば、チキンですね~☆ ケンタッキーのチキンを買ったり、モスのチキン

記事を読む

赤ちゃん200

【赤ちゃんを泣きやませたい】お父さんのためのアドバイス

待ちに待った赤ちゃんの誕生! 一緒に喜ぶお母さんとお父さん! 赤ちゃんが

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク

スポンサードリンク

336✕280から300×600に変更中

チサンイン諏訪インター
【チサンイン諏訪インター】で快適な宿泊!長野県諏訪湖周辺でのお泊りにはおススメ☆

みなさんは、突然の出張や、プチ旅行などする機会はありますか?

ビール
お盆で帰省するときに持って行きたいお土産は?ビールのギフトセットやフルーツなど

夏ですね!あっという間にお盆が近付いてきました。 お盆になる

サプリ
ダイエットで中性脂肪を落とし、生活習慣を変えたい人に!【マルチポリフェノール】の効果について

自分の健康管理や、生活習慣の改善は、きっと人生全体にかかるテー

大人ニキビで荒れたお肌も復活!【リプロスキン】で顔のデコボコにさようなら

大人になると、お肌の悩みは増えていきます。乾燥肌、オイリー肌、

勉強
ベネッセ「進研ゼミ高校講座」無料の資料請求をしてみた「15歳の子のママ」感想

正直、子どもの教育については、いつまでたっても悩みは尽きません

→もっと見る

PAGE TOP ↑