神奈川県【箱根ガラスの森美術館】あじさいの開花状況と割引クーポン

スポンサーリンク  

あじさい(ガラス)

神奈川県箱根ガラスの森美術館のあじさい庭園は、1999年に、神奈川県立平塚農業高等学校の農業クラブの生徒によるボランティア活動の一環で植栽されました。

1350平方メートルに渡る広大な敷地の中に、70品種ものあじさいが、ところ狭しと咲き誇っている姿がとても美しいです。

種類が豊富なため、例年6月中旬から7月下旬という長期に渡り、見頃を迎えるので、時期を問わず多くの人でにぎわっています。

スポンサーリンク

【箱根ガラスの森美術館】あじさい庭園

こちらのあじさいは、とにかく種類が豊富です。どんな品種があるのでしょうか?

【箱根ガラスの森美術館】のあじさいの品種

<早川をみおろす庭園>では、山岳に咲いている「ヤマアジサイ」の仲間や、「ガクアジサイ」の仲間をメインとして咲いています。(柏葉あじさい、クロヒメ、クレナイ、伊予の薄墨・・など)

その中でも、特に見ていただきたいのは、幻のあじさいと言われている「七段花」です。全国的にも希少なあじさいで、一見すると、あじさいには見えないような形なのが特徴です。

<水車小屋の付近>では、長野県北部、新潟県、北海道南部など寒い地方に自生する「エゾアジサイ」の仲間や、西洋あじさいがたくさん咲いています。エリアごとに違ったあじさいを楽しめるのも、またいいですね。


【箱根ガラスの森美術館】あじさいの滝

園内には『あじさいの滝』と名付けられた場所があり、その場所には、純白のあじさい「アナベル」が一面に咲き誇ります。

「アナベル」は通常のあじさいよりも開花時期が遅いので、見頃は6月下旬~7月下旬になります。

他のスポットであじさいが終わったくらいの時期から楽しめるのも嬉しいですね。

【箱根ガラスの森美術館】クリスタル・ガラスのあじさい

なんとっ!
さすが「ガラスの森美術館」だけあって、クリスタル・ガラスのあじさいがあるのです!その名も「オルテンシア」。ここでしか見られない、非常に貴重なガラスのあじさいです。

直径1.4cmのクリスタル・ガラスが約14,000粒ついていて、太陽の光をあびると、キラキラと輝きます。1株あたり、約2,000粒ついているようです。


なんともいえないガラスのきらめきが、まぶしいですね。

【箱根ガラスの森美術館】見どころ

せっかく行かれるですから、あじさい以外にもある、たくさんの見どころをチェック!

ヴェネチアン・グラス美術館

この「ヴェネチアン・グラス美術館」には、中世ヨーロッパ貴族が熱狂したという「ヴェネチアン・グラス」の名品約100点が展示されているという美術館です。

「ヴェネチアン・グラス」とは、その起源をさかのぼると、古代ローマ時代の「ローマン・グラス」にまで行きつくのだとか。

歴史ある、美しいガラスを楽しみたい方は是非足を運んでみてください。想像以上に美しい作品たちに出会えることと思います。


バラの回廊

ちょうど、あじさいと時期を同じくして美しい花を咲かせるのが、バラ。2013年に誕生したという「バラの回廊」には、約200種、300株のバラが美しく咲き誇ります。

品種が多いので、色味も多く、赤、ピンク、白、黄色、さまざまな形で色とりどりのバラが園内を鮮やかに彩っています。

あじさいと合わせて、しっかりと堪能してきていただきたいですね。


【箱根ガラスの森美術館】割引チケット

花もガラスも美しい、見どころいっぱいの【箱根ガラスの森美術館】ですが、なんと!入場料の割引もあります。

割引チケット

<割引後価格>

大人  1500円 → 1400円
大高生 1100円 → 1000円
小中生  600円 →  500円

こちらのページをプリントアウトして持って行くと、1枚で5名様まで割引になります。

トクトククーポン

なんとっ!こちらのクーポンですと、上記価格より、さらに100円引きとなります。(小中生は同額)

<割引後価格>

大人  1500円 → 1300円
大高生 1100円 →  900円
小中生  600円 →  500円

こちらのページをプリントアウトして持って行くと、有効です。

スポンサーリンク

【箱根ガラスの森美術館】へのアクセス

【所在地】神奈川県足柄下郡箱根町仙石原940-48


自動車で行く場合

東名高速【御殿場インター】から国道138号沿い 約20分

【駐車場】
隣接有料駐車場 150台(普通車 1日 300円)
第二駐車場 徒歩5分 100台(無料) 

電車で行く場合

さまざまなルートがありますので、ご都合のよいルートをお探しくださいね。

【東海道新幹線】を利用する

東京駅から【東海道新幹線】40分 →【小田原駅】下車
箱根登山バス(湖尻桃源台行)40分 →俵石・箱根ガラスの森前

【小田急ロマンスカー】を利用する

新宿駅から【小田急ロマンスカー】 90分 → 【箱根湯本駅】下車
箱根登山バス(湖尻桃源台行)25分 →俵石・箱根ガラスの森前

【小田急高速直結バス】を利用する

新宿駅西口小田急ハルク前35番バスのりば
【小田急高速直結バス】 120分→箱根ガラスの森(施設内)

まとめ

花もガラスも、どちらも楽しめる【箱根ガラスの森美術館】。あじさいだけでなく、園内の自然も美しく、多種のバラも楽しめます。

ガラスの美術館も堪能していただき、なんだか高貴な気持ちでエンジョイできると最高ですね。よい時間をお過ごしくださいませ。

この記事を読んだ人は、コチラの記事も読んでいます。

東京都府中市【郷土の森】あじさいまつりと見どころ、プラネタリウム

2015【としまえん あじさい祭り】開花状況と料金・あじさいナイト

2015【東京サマーランド】あじさい園で「アナベルの雪山」を見よう

スポンサーリンク

関連記事

京都の紅葉 日帰り短時間でも満足なコースは東福寺&泉湧寺

鏡餅

【鏡餅の扱い方】飾った後は食べるの?捨てても良いの?捨てる方法は?

母の日ギフトに面白いママ用のプレゼント☆花以外のおすすめ☆

手土産200..

お歳暮が年末ぎりぎりの遅くに届いた時はどうする?返す時期と表書き

カッコいい浮き輪を持つプールの男の子

3歳児と行ける!兵庫県のおすすめプール3選

2015年ゴールデンウィーク! 国内・海外旅行に行きませんか?